残りものゴハンでつくる「クリスピーなサラダ」

子どものいたずらみたいに、手をごはん粒でいっぱいにして。なんだか楽しそうでしょ?これサラダ作りの最中なんです。

アーティストやミュージシャン、小説家、クリエイティブな日常を送っている人たちの住まいを訪れて、彼らにとっておきのサラダを作ってもらう企画「SALAD for President」。

レシピだけでなく、彼らの生活ぶりにも着目してみてください。どんな空間で、どんなものを大切に暮らしているのかを。

4748734416027648

Kenny Osehan(ホテル経営者、デザイナー)
Elena Stonaker(画家、彫刻家)

緻密なビーズワーク、夢の中に登場するような絵画、手縫いのぬいぐるみなどで彩られるElenaのヒミツの世界。それも、Kennyの手にかかれば、ホテルやバー、それにレストランも美しくデザインされます。

このふたりが、いつでもお互いのことを尊重しあっているのは、この室内を見てもわかります。Elenaのアート作品がいたるところに飾られているKennyの部屋で、ふたりの友情を祝福するサラダができました。

お米のクリスピーサラダ

5314783456788480

このレシピ、余ったごはんやハーブの使いかたを知りたい人は特におすすめ。ゲストが自分でハーブを選べるという、楽しいDIY料理です。ココナッツオイルの味が苦手な人は、ごま油や、風味の少ないグレープシードオイルを代用してもOK。

55481949308846084691520619806720617783324416409652950972057518084523528074297344467129991377715257737071548170245039310025785344

RECIPE

〈準備〉

ライスクリスピーを作る
お米を炊いて、みりんで味付けをする。約2センチの厚さでクッキングシートに広げ、ラップをかけて冷ます。ヘラや手を使って、まんべんなく広げていく。お米が室温くらいになったら冷蔵庫に入れ、3時間から一晩寝かせる。

 

ドレッシングを作る
唐辛子、ニンニク、パームシュガーを、すり鉢でペースト状になるまですりつぶす。魚醤と絞ったライムを入れてよくかき混ぜ、小さなボウルに移しておく。

 

ハーブを摘んできて、サラダ菜、細切りのネギ、スライスしたきゅうりと合わせて、お皿に盛る。

 

スプーンでアボカドをくり抜き、小さなボウルに入れる。ライムを1個絞り入れ、塩で味付け。フォークの背でアボカドをつぶしたら、ボウルを横に置いておく。

 

〈作り方〉

【1】
料理を出す直前に、用意しておいたライスケーキを冷蔵庫から取り出し、8つの三角形に切り分ける。キッチンカウンターに、新聞紙または紙袋を数枚敷いておく。

 

【2】
フライパンにココナッツオイルを大さじ3杯注いで熱する。そこに準備しておいたライスケーキを投入。黄金色になるまで3、4分焼いて、ひっくり返す。裏面も黄金色になるまで、1、2分焼く。

 

【3】
できあがったライスケーキを新聞紙に移し、余分な油を吸い取り、塩で軽く味付けする。残りのライスケーキでも同じ手順を繰り返す。そのたびに、ココナッツオイルを大さじ3杯フライパンに敷くこと。

 

【4】
ハーブ、アボカド、ドレッシング、サンバルソースを添えて、ライスケーキを盛り付ける。アボカドをたっぷり塗ったら、パリパリ割る。ハーブで巻いて、ドレッシングを注いで、召し上がれ。

Licensed material used with permission by Julia Sherman
アーティストやミュージシャン、作家など、クリエイティブな生活を送る人たちのもとを訪れて、サラダのレシピを紹介。
ヨーグルトドレッシングがかかった赤玉ねぎとビーツは、太陽の光が当たると宝石のようにキラキラ光るから、公園でのピクニックにぴったり。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...