残りものゴハンでつくる「クリスピーなサラダ」

子どものいたずらみたいに、手をごはん粒でいっぱいにして。なんだか楽しそうでしょ?これサラダ作りの最中なんです。

アーティストやミュージシャン、小説家、クリエイティブな日常を送っている人たちの住まいを訪れて、彼らにとっておきのサラダを作ってもらう企画「SALAD for President」。

レシピだけでなく、彼らの生活ぶりにも着目してみてください。どんな空間で、どんなものを大切に暮らしているのかを。

Kenny Osehan(ホテル経営者、デザイナー)
Elena Stonaker(画家、彫刻家)

緻密なビーズワーク、夢の中に登場するような絵画、手縫いのぬいぐるみなどで彩られるElenaのヒミツの世界。それも、Kennyの手にかかれば、ホテルやバー、それにレストランも美しくデザインされます。

このふたりが、いつでもお互いのことを尊重しあっているのは、この室内を見てもわかります。Elenaのアート作品がいたるところに飾られているKennyの部屋で、ふたりの友情を祝福するサラダができました。

お米のクリスピーサラダ

このレシピ、余ったごはんやハーブの使いかたを知りたい人は特におすすめ。ゲストが自分でハーブを選べるという、楽しいDIY料理です。ココナッツオイルの味が苦手な人は、ごま油や、風味の少ないグレープシードオイルを代用してもOK。

RECIPE

〈準備〉

ライスクリスピーを作る
お米を炊いて、みりんで味付けをする。約2センチの厚さでクッキングシートに広げ、ラップをかけて冷ます。ヘラや手を使って、まんべんなく広げていく。お米が室温くらいになったら冷蔵庫に入れ、3時間から一晩寝かせる。

 

ドレッシングを作る
唐辛子、ニンニク、パームシュガーを、すり鉢でペースト状になるまですりつぶす。魚醤と絞ったライムを入れてよくかき混ぜ、小さなボウルに移しておく。

 

ハーブを摘んできて、サラダ菜、細切りのネギ、スライスしたきゅうりと合わせて、お皿に盛る。

 

スプーンでアボカドをくり抜き、小さなボウルに入れる。ライムを1個絞り入れ、塩で味付け。フォークの背でアボカドをつぶしたら、ボウルを横に置いておく。

 

〈作り方〉

【1】
料理を出す直前に、用意しておいたライスケーキを冷蔵庫から取り出し、8つの三角形に切り分ける。キッチンカウンターに、新聞紙または紙袋を数枚敷いておく。

 

【2】
フライパンにココナッツオイルを大さじ3杯注いで熱する。そこに準備しておいたライスケーキを投入。黄金色になるまで3、4分焼いて、ひっくり返す。裏面も黄金色になるまで、1、2分焼く。

 

【3】
できあがったライスケーキを新聞紙に移し、余分な油を吸い取り、塩で軽く味付けする。残りのライスケーキでも同じ手順を繰り返す。そのたびに、ココナッツオイルを大さじ3杯フライパンに敷くこと。

 

【4】
ハーブ、アボカド、ドレッシング、サンバルソースを添えて、ライスケーキを盛り付ける。アボカドをたっぷり塗ったら、パリパリ割る。ハーブで巻いて、ドレッシングを注いで、召し上がれ。

Licensed material used with permission by Julia Sherman
ヨーグルトドレッシングがかかった赤玉ねぎとビーツは、太陽の光が当たると宝石のようにキラキラ光るから、公園でのピクニックにぴったり。
アーティストやミュージシャン、作家など、クリエイティブな生活を送る人たちのもとを訪れて、サラダのレシピを紹介。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
真冬の北海道十勝地方の大自然をパノラマに、極上のサウナ体験を。移動式サウナ「サウナトレーナー」でマイナス20度の世界を独り占めできる新サービス「地球で“と...