マヨに頼らずとも「卵サラダ」

サンドイッチの具材などに用いる「卵サラダ」、あれ結構マヨネーズをバシバシ使ってつくりますよね。ゆえに、おいしい!というのもありますが。

ところが、Katie McDonaldさんが紹介するこの卵サラダには、なんとマヨをまったく使わずにつくるんだそう。それで本当においしくなるの?もありますが、もっとビックリしちゃうのが、その代用品でした。「Food52」よりどうぞ。

大量の卵、どう食べきる?

私が育ったマクドナルド家において、イースター・エッグづくりはビッグイベントのひとつでした。

まず、土曜日の夕方に、母が大量に卵を茹でるところから始まります。茹でたてアツアツの殻に、私と姉が誕生日ケーキに立てるあのロウソクでデザイン。できあがった最高傑作たちを今度はお酢と染料を混ぜたグラスに漬け込むんです。

作業の終わりごろ、指先はもう緑や紫、だいだい色に染まりマジカルバニーに隠される準備も万端

マヨの代表品は「バター」

ところが、肝心のイースターが済んでしまうと、これら大量の卵は用なし。いつまでも冷蔵庫棚に収納しておいても邪魔になるばかり。ということで、母は一週間かけて(ときにはそれ以上)、朝食やランチ、あるいはおやつ用に彩り鮮やかな卵たちをなんとか使い切ろうと必死に頑張ってくれていました。

でも、もしもその頃「Kukla」の元コミュニティメンバーが紹介してくれた「クリーミーでスパイスなジョージアン・エッグ・サラダ」の存在を知っていればよかったのになぁ…なんて思うのです。

これ、マヨネーズの代わりにバターを使うサラダ。トッピングには、ウォールナッツやセージ、それからレリッシュ(ピクルスに近い薬味)を使います。定番のマヨネーズベースのエッグサラダと比較してもこちらのほうがフレッシュですし、色合いも鮮やか。使い道に迷うイースターエッグたちも、このサラダなら簡単に消化できますよ。

5913885357899776

luvcookbooks」において、コミュニティメンバーがこのサラダを以下のように表現しています。

“エッグサラダ革命”と呼んでもおかしくないでしょう。自分はミラクルホイップでつくる卵サラダを食べて育ったひとり。ここ数年はもっぱら『Mark Peel & Nancy Silverton at Home』に掲載のファミリーレシピを愛用していましたが、これもマヨベース。

ところがこちらは、バターにライム、唐辛子などを巧みに取り入れたアヴァンギャルドな味わいですよ。

さて、肝心のレシピを最後に。

まずは、茹でた卵とバターを一緒につぶします。それからウォールナッツやにんにく、セージにライムの果汁、それから“アジカ”という唐辛子のレリッシュを混ぜます。アジカが見つからなければ、アドボソースに漬けたチポトレでも代用可能ですよ。

Top photo: © Ty Mecham
Written byKatie Macdonald
Licensed material used with permission by Food52
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
『キャドバリー』の「デイリーミルク」!
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
アーティストやミュージシャン、作家など、クリエイティブな生活を送る人たちのもとを訪れて、サラダのレシピを紹介。
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...