トマトと4種類ハーブの「スイカサラダ」

夏は、海でスイカをパカーンと割りたい。
縁側に座って、種を飛ばしたい。
食欲はわかないけど、ジューシーなスイカは食べたい。
ついでにスイカ型のアイスバーにもかぶりつきたい。
スイカ、スイカ、スイカ……!

Food52」のEmilyCさんが夏先どりレシピとして提案するのは、ごろっとしたスイカが主役のサラダ。

普段なら単体で食べるばかりで、サラダに入れようなんて思いもしなかった。けれど、シャキッと噛むとジュワッと果汁が出るのは、ほかの野菜にはなかなかない最高の食感(しあわせ〜)。

だって、その果汁ときたら、軽くドレッシングにもなってくれそうな勢い。だからサラダにピッタリなのだそう。あまり甘くなくて「失敗したー」なんてスイカも、サラダにすれば極上素材になりますよ。

スイカとトマトのハーブサラダ

© 2013/James Ransom

夏の炎天下、私がつくりたい&食べたいサラダはぜったいにコレ!

ライトなディナーでもいいし、グリルしたお肉の付け合わせにもバッチリ。これは私が過去数年でつくってきた、さまざまなスイカ&フェタチーズサラダにインスパイアされた逸品です。

このレシピでふんだんに使うハーブは、Yotam OttolenghiとSami Tamimiによる共著『エルサレム』に登場するレシピへのオマージュを込めています。

葉っぱをやぶいたバジル、ミントとタラゴンを同じ分量使うこのレシピ。私はいままででいちばん気に入っています。ハーブを入れるとサラダにひとひねり加わるのでいい感じ。

レモンローズマリーヴィネグレット(これはマリネでもあり、ドレッシングでもある)が材料を全部つないでくれて、そこにアレッポトウガラシを加えると、効く〜ぅ!私はペコリーノチーズを削って入れましたが、フェタチーズとも相性は抜群ですよ。

材料:2〜4人分

<サラダ>

ベビールッコラ:1と1/2カップ

ミントの葉:1/4カップ

タラゴンの葉:1/4カップ

バジルの葉:1/4カップ

スイカ(種を取り2.5cm大に角切り):3カップ

ミニトマト(半分に切る):3/4カップ

クルミ(焼いて細かく砕く):1/2カップ

熟成ペコリーノチーズ(薄く削る):28g

 

<ヴィネグレット>

レモンの皮の果汁:1個分

レモン汁:大さじ2

ローズマリー(細かく切る):小さじ1

アレッポトウガラシ(普通のトウガラシでOK):小さじ1

クルミオイル:大さじ1

エキストラヴァージンオリーブオイル:大さじ2

海塩と挽きたての黒こしょう:適量

作り方

【1】最初にレモン汁とレモンの皮からとった果汁に、ローズマリーとアレッポトウガラシを小さなボウルに入れて、ヴィネグレットをつくる。乳化するまで、少しずつオイル類を足していく。海塩と挽きたての黒こしょうで味を整える。

【2】角切りしたスイカをミニトマトと一緒にボウルに入れ、大さじ2杯分のヴィネグレットを入れて、材料がほどよくコーティングされるまで混ぜる。10分ほど横に置いておいてマリネ。

【3】ルッコラ、ハーブ類、クルミ、ペコリーノを大きなボウルに入れて、かき混ぜる。海塩をひとつまみ入れ、最後にスイカとミニトマトを追加。ボウルの下に溜まった液はしっかり切る。ここでヴィネグレットを追加でかける。

ただし、ルッコラとハーブ類が軽くコーティングされる程度で十分なので、かけすぎには要注意。軽く混ぜたら、海塩と挽きたての黒こしょうで味付けする。辛めがお好みなら、アレッポトウガラシも追加して。

【Food52編集部Katherine談】

いっぺんで気に入っちゃいました。ジューシーで、斬新で、しかもおいしい!暑い夏のピクニックなんかに合いそうですね。ただし、レシピどおりドレッシングのかけすぎには気をつけて。食感にバラエティをつけるためにも、クルミはカリカリのほうがおすすめ。

Written byEmily C
Licensed material used with permission by Food52
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
スイカを使った前菜。サラダじゃないんです。もうスイカそのものが主役なんです。
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
スーパーに行ったら、買う買わないに関わらず、一度はスイカの棚をチェックしてしまう、そんな季節がやってきました。日本の梅雨や夏のように湿気が高く、ジメジメと...
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
新鮮なトマトを使って、ひと手間かけてでも試してもらいたいのが「焼きトマト」。これをトマト缶の代わりに用いれば、料理がプロ並みにレベルアップするんです。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
マツコ・デラックスも唸った革命スイカ!開発に16年の歳月を掛け、タネが従来のスイカの約1/4と小さく、そのまま食べても気にならないというマイクロシード小玉...
たった500gでダウンの暖かさを実現した、今年の冬にぴったりのジャケット「エアーライトジャケット」が、今月から応援購入サービス「Makuake」にてリリース。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
甘さも酸味も物足りない、そんな「ハズレトマト」ほどおいしく化ける。
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
世界的な人気を誇るキース・ヘリングと「セブン-イレブン」がコラボしたキュートなビニール傘が登場。
「良品計画」が、新店舗「無印良品 直江津」のオープンに伴って、未稼働の観光バスを使って商品の移動販売を今秋より開始する。
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。