トマトと4種類ハーブの「スイカサラダ」

夏は、海でスイカをパカーンと割りたい。
縁側に座って、種を飛ばしたい。
食欲はわかないけど、ジューシーなスイカは食べたい。
ついでにスイカ型のアイスバーにもかぶりつきたい。
スイカ、スイカ、スイカ……!

Food52」のEmilyCさんが夏先どりレシピとして提案するのは、ごろっとしたスイカが主役のサラダ。

普段なら単体で食べるばかりで、サラダに入れようなんて思いもしなかった。けれど、シャキッと噛むとジュワッと果汁が出るのは、ほかの野菜にはなかなかない最高の食感(しあわせ〜)。

だって、その果汁ときたら、軽くドレッシングにもなってくれそうな勢い。だからサラダにピッタリなのだそう。あまり甘くなくて「失敗したー」なんてスイカも、サラダにすれば極上素材になりますよ。

スイカとトマトのハーブサラダ

4843817710649344
© 2013/James Ransom

夏の炎天下、私がつくりたい&食べたいサラダはぜったいにコレ!

ライトなディナーでもいいし、グリルしたお肉の付け合わせにもバッチリ。これは私が過去数年でつくってきた、さまざまなスイカ&フェタチーズサラダにインスパイアされた逸品です。

このレシピでふんだんに使うハーブは、Yotam OttolenghiとSami Tamimiによる共著『エルサレム』に登場するレシピへのオマージュを込めています。

葉っぱをやぶいたバジル、ミントとタラゴンを同じ分量使うこのレシピ。私はいままででいちばん気に入っています。ハーブを入れるとサラダにひとひねり加わるのでいい感じ。

レモンローズマリーヴィネグレット(これはマリネでもあり、ドレッシングでもある)が材料を全部つないでくれて、そこにアレッポトウガラシを加えると、効く〜ぅ!私はペコリーノチーズを削って入れましたが、フェタチーズとも相性は抜群ですよ。

材料:2〜4人分

<サラダ>

ベビールッコラ:1と1/2カップ

ミントの葉:1/4カップ

タラゴンの葉:1/4カップ

バジルの葉:1/4カップ

スイカ(種を取り2.5cm大に角切り):3カップ

ミニトマト(半分に切る):3/4カップ

クルミ(焼いて細かく砕く):1/2カップ

熟成ペコリーノチーズ(薄く削る):28g

 

<ヴィネグレット>

レモンの皮の果汁:1個分

レモン汁:大さじ2

ローズマリー(細かく切る):小さじ1

アレッポトウガラシ(普通のトウガラシでOK):小さじ1

クルミオイル:大さじ1

エキストラヴァージンオリーブオイル:大さじ2

海塩と挽きたての黒こしょう:適量

作り方

【1】最初にレモン汁とレモンの皮からとった果汁に、ローズマリーとアレッポトウガラシを小さなボウルに入れて、ヴィネグレットをつくる。乳化するまで、少しずつオイル類を足していく。海塩と挽きたての黒こしょうで味を整える。

【2】角切りしたスイカをミニトマトと一緒にボウルに入れ、大さじ2杯分のヴィネグレットを入れて、材料がほどよくコーティングされるまで混ぜる。10分ほど横に置いておいてマリネ。

【3】ルッコラ、ハーブ類、クルミ、ペコリーノを大きなボウルに入れて、かき混ぜる。海塩をひとつまみ入れ、最後にスイカとミニトマトを追加。ボウルの下に溜まった液はしっかり切る。ここでヴィネグレットを追加でかける。

ただし、ルッコラとハーブ類が軽くコーティングされる程度で十分なので、かけすぎには要注意。軽く混ぜたら、海塩と挽きたての黒こしょうで味付けする。辛めがお好みなら、アレッポトウガラシも追加して。

【Food52編集部Katherine談】

いっぺんで気に入っちゃいました。ジューシーで、斬新で、しかもおいしい!暑い夏のピクニックなんかに合いそうですね。ただし、レシピどおりドレッシングのかけすぎには気をつけて。食感にバラエティをつけるためにも、クルミはカリカリのほうがおすすめ。

Written byEmily C
Licensed material used with permission by Food52
スイカを使った前菜。サラダじゃないんです。もうスイカそのものが主役なんです。
新鮮なトマトを使って、ひと手間かけてでも試してもらいたいのが「焼きトマト」。これをトマト缶の代わりに用いれば、料理がプロ並みにレベルアップするんです。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
もうじき春ですね。桜が満開になると、爽やかな飲み物をタンブラーに注いで、お出掛けしたいもの。コーヒーやビールもいいけど、今回焦点を当てるのは「自家製ハーブ...
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
アーティストやミュージシャン、作家など、クリエイティブな生活を送る人たちのもとを訪れて、サラダのレシピを紹介。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
噂の「スイカドレス」現象。インスタで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人たちを見る...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。