おかずになるサラダ「カブと焼きねぎのサラダ」

生野菜をドレッシングと和えれば、もうそれで出来上がるのがサラダ。野菜のチョイスにもよりけりですが、Elizabeth Starkさんが提案するのは、ネギやカブをグリルした“おかず感”のある一品。

ちなみに、記事内に登場する「ファッロ」とは古代麦のこと、「ルタバガ」はスウェーデンカブです。「Food52」より紹介します。

5988831195037696

グリルしたファッロ(古代麦)を黄金色に焼けてしんなりしたネギ、ローストしたカブとスウェーデンカブ、レモン風味がするファーマーズチーズ、そしてたくさんのハーブで和えたこのサラダ。

これだけで軽いディナー、もちろんランチにだってOK。温かくいただくのがベストですが、栄養たっぷりの具材は冷蔵庫でもよく保つので、作り置きしておくのがおすすめです。

具材(4人分)

長ネギ:2本
カブ:中サイズ2つ(皮を剥き、1センチほどの厚みを持たせた半月型にスライス)
スウェーデンカブ:大サイズ1つ(皮を剥き、1センチほどの厚みを持たせた半月型にスライス)
エキストラバージンオリーブオイル:1/4カップ
海塩:適量
挽いた黒こしょう:適量
乾燥したファッロ:3/4カップ
レモン果汁:1個分とテーブルスプーン2杯分
細かく刻んだパセリ:1/4カップ
細かく刻んだディル:テーブルスプーン2杯分
カッテージチーズ:1/4カップ

【1】
最初にオーブンを200度まで温めておきます。オーブンの棚を上から3番目のラックにセットしましょう。片付けを楽チンにするためにも、大きなパーチメントベーキングシートと小さなパーチメントベーキングシートを設置します。

【2】
ネギの濃い緑の部分を切り取り、半分に切ります。水に浸けて、砂や余分な水を叩き出します。茎を切り取り、今度は半分に切ったネギを7センチほどの長さに刻んでいきます。中位のボウルにテーブルスプーン2杯分のオリーブオイル、海塩、こしょうを入れて混ぜ合わせたら、ネギを小さいベーキングシートに並べていきます。

【3】
同じボウルを使って、今度は半月型のカブとスウェーデンカブをオリーブオイル1杯分、海塩、そして黒こしょうで味付け。こちらは大きなベーキングシートに並べます。

【4】
両方のベーキングシートをオーブンに入れて、20分間ローストします。へらを使って両方のカブを裏返しましょう。ねぎは20〜25分ほどでオーブンで温め、角が黄金色になり、しんなりしてくるまで焼きます。端が黄金色になるまで、30分ほどじっくり焼きます。

【5】
オーブンで焼いている間に、ファッロを調理しましょう。まず、大きめの鍋に海塩とお水を入れて、強火で沸かします。それから中火で大きめのフライパンを温め、乾燥したファッロを投入。フライパンをこまめに動かしながら、若干ファッロが黄金色に代わり、風味がしてくるまで2分ほど焼きます。それからファッロを塩水に入れて、20分ほど煮込みます。水を切って、テーブルスプーン2杯分のレモン果汁と、テーブルスプーン3杯分の細かく刻んだパセリとトスし、横に置いておきます。

【6】
今度はカッテージチーズを、テーブルスプーン2杯分のオリーブオイルとレモン果汁、海塩、こしょう、そして細かく刻んだパセリとディル(共にテーブルスプーン1杯分)と混ぜます。

【7】
サラダを盛り付ける際には、あぶり焼きしたカブとスゥエーデンカブとファッロを混ぜ、焼き目をつけたネギと砕いたチーズ、残りのディル、パセリをやさしく混ぜて盛りつけたら完成。

Written byElizabeth Stark
Licensed material used with permission by Food52
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
スパゲッティに限らず、いろんなパスタをおおよそ1分で茹で上げるテクニックを紹介します。
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
アーティストやミュージシャン、作家など、クリエイティブな生活を送る人たちのもとを訪れて、サラダのレシピを紹介。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!