このサラダ、どんなカップルが作ったでしょう?

そもそも僕らの人生にどれほどサラダが必要なのか。
例えるならば、スマホと同じレベルだと思うんですよね。
ないと生きていけない。言いすぎ?

けれど、それが毎回レタスをしいて、トマトとキュウリとっていうんじゃ味気ない。要は創造力のモンダイ。季節ごとの野菜を使って、あえるドレッシングを変えて、365日オリジナルのサラダだって、決してむずかしい話じゃないはずなんです。

さて、ここに紹介するのは世に言うクリエイターがつくるサラダです。アーティストやミュージシャン、作家などなど、日々クリエイティブな生活を送っている人たちの住まいを訪れて、彼らにとっておきのサラダを作ってもらおうという企画「SALAD for President」。

レシピだけでなく、彼らの生活ぶりにも着目してみてください。どんな空間で、どんなものを大切に暮らしているのかを。

5807683835789312

Hayley Magnus(女優)
David Kramer(本屋オーナー)

おもしろくて、才能に溢れていて、人生を豊かにする時間の使いかたを熟知しているHayley Magnusは、女優でありアーティスト。オーディションがない日は、読書にふけったり、奇想天外(?)な陶器をつくったり、独学で絵を描くこともある。

恋人のDavid Jacob Kramerherは、日々彼女がつくるサラダを真っ先に口にするうらやましい恋人。LAにある最高のアートブックストア「Family Bookstore」のオーナーでありながら、クリエイティブディレクターって肩書きも。

二人ともオーストラリア生まれ。ケールをたくさん食べながら、自身のクリエイティブを発揮して、商業的にも成功を手に入れられるって証明してくれている。

「ウチキクリとケールのサラダ」

5346502192922624

“ウチキクリ”を探すのは簡単じゃないけど、バターナッツやスクワッシュ(かぼちゃの一種)にちょっと飽きてきた冬には最適。もしも代わりにバターナッツを使うときは、メープルシロップを小さじ1杯ほど加えるといいかもしれない。

ヴィーガンのレシピにしたい場合は、ギーをオリーブオイルに替えれば、同じくらい絶品に仕上げられるはず。

651662831753625656565433997721605214423358636032539609255641088053428944203939845950114078130176535157548882329651738779278376965020714562224128

〈RECIPE〉

 

【1】 オーブンを200度に温めておく。オーブンの上部1/3エリアにラックを置く。

 

【2】 ウチキクリを半分に切って種をとり、2センチほどの厚さにスライスする。

 

【3】 ボウルにオリーブオイル、ギー、メープルシロップ、レモンジュースを各大さじ2ずつ入れて、混ぜ合わせる。そこにウチキクリを入れてソースを絡めたら、塩コショウで味付け。クッキングシートに広げて、約20分ローストする。一度オーブンを開けてウチキクリのスライスを裏返しにしたら、黄金色に焦げ目がついて柔らかくなるまで約15分ローストする。仕上がったら、横に置いておく。

 

【4】 オーブン対応の平鍋にヘーゼルナッツを入れて、オリーブオイルを小さじ1杯垂らす。今度はそれをオーブンの低いラックに設置して、こんがり薄茶色になって、香り高くなるまで約10分焼く。完成したら冷まして、適当な大きさに切る。

 

【5】 ウチキクリとナッツがオーブンに入っているうちに、ケールから中心の茎を取り除く。一口サイズに裂いて、大さじ1杯のオリーブオイル、小さじ1杯の塩、シェリー酒酢をかけて、やさしく揉む。

 

【6】 お皿に手一杯のケールを乗せて、その上にウチキクリ、ヘーゼルナッツ、パクチー、タマネギのピクルスを盛り付けたら完成。

Licensed material used with permission by Julia Sherman
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
ヨーグルトドレッシングがかかった赤玉ねぎとビーツは、太陽の光が当たると宝石のようにキラキラ光るから、公園でのピクニックにぴったり。
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
タイ料理おなじみのナンプラー(魚醤)やパクチーをつかった鶏ひき肉サラダ!真夏のムシムシした暑さをスカッとさせてくれますよ。ムシ暑い真夏に食べたい!タイ風ひ...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
スパイスや乾燥食材をミルなどで粉砕して、サラダなどにかけて使う粉末タイプの「粉ドレッシング」を紹介します。好きなものを入れられるという自家製ならではのメリ...
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!