「家サラダ」が生まれ変わるグラノーラ

Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。

第2回は、FORU GRANOLA「サラダにかけるグラノーラのご紹介。

もう牛乳やヨーグルトをかける
だけじゃ満足できない人へ

©2020 NEW STANDARD

家で作るサラダにマンネリ感があるのなら、いつものドレッシングを少し減らして、この「サラダにかけるグラノーラ」をかけてみてほしいです。

普通のグラノーラと何が違うのかというと、塩気がプラスされているぶん、少しだけ甘じょっぱい。オートミールやたっぷり入ったナッツの食感はサクッ、ザクッと楽しいし、それに加えてシロップの旨味がじゅわっと広がるので、いつものサラダがお店で出てくるような仕上がりになちゃいます。もちろん、そのままおやつ感覚でもいけちゃう。

FORU GRANOLAが作るグラノーラの一番の特徴は、じつはこのサクッ、じゅわっの新食感。100%純粋のメープルシロップと、イタリア産のグレープシードオイルを贅沢に使用したシロップに、独特の軽やかさと食感を引き立てる上質なオートミールやナッツを絡めて、低温でじっくり丹念に焼き上げているんだとか。

保存料などは使わず、東京早稲田の工房で、職人が一つ一つ丁寧に手作りしているんだそうです。

そしてこの「サラダにかけるグラノーラ」、ポン酢と一緒に「豆腐」にかけても美味しいとのことなので、これは試さない手はありません。牛乳や豆乳をかけて食べるグラノーラも大好きなんですが、なんだか、新しい扉を開いてしまうような気がしますよね。楽しみ!

©2020 NEW STANDARD
Top image: © 2020 NEW STANDARD
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
「ユニクロ」の柳井正財団のサポートを受け「スタンフォード国際異文化教育プログラム(SPICE)」が毎年開講している「スタンフォードe-Japan」。毎年春...
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
フェミニズムを、フェミニストとして、歌やコメディを通してわかりやすく社会に提起している女性がたくさんいます。そんな女性達から「フェミニズム」を学べるエピソ...
大阪・心斎橋に都市型リゾートの一棟貸し宿「今昔荘 心斎橋 空庭檜風呂邸」が開業。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。