「家サラダ」が生まれ変わるグラノーラ

Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。

第2回は、FORU GRANOLA「サラダにかけるグラノーラのご紹介。

もう牛乳やヨーグルトをかける
だけじゃ満足できない人へ

©2020 NEW STANDARD

家で作るサラダにマンネリ感があるのなら、いつものドレッシングを少し減らして、この「サラダにかけるグラノーラ」をかけてみてほしいです。

普通のグラノーラと何が違うのかというと、塩気がプラスされているぶん、少しだけ甘じょっぱい。オートミールやたっぷり入ったナッツの食感はサクッ、ザクッと楽しいし、それに加えてシロップの旨味がじゅわっと広がるので、いつものサラダがお店で出てくるような仕上がりになちゃいます。もちろん、そのままおやつ感覚でもいけちゃう。

FORU GRANOLAが作るグラノーラの一番の特徴は、じつはこのサクッ、じゅわっの新食感。100%純粋のメープルシロップと、イタリア産のグレープシードオイルを贅沢に使用したシロップに、独特の軽やかさと食感を引き立てる上質なオートミールやナッツを絡めて、低温でじっくり丹念に焼き上げているんだとか。

保存料などは使わず、東京早稲田の工房で、職人が一つ一つ丁寧に手作りしているんだそうです。

そしてこの「サラダにかけるグラノーラ」、ポン酢と一緒に「豆腐」にかけても美味しいとのことなので、これは試さない手はありません。牛乳や豆乳をかけて食べるグラノーラも大好きなんですが、なんだか、新しい扉を開いてしまうような気がしますよね。楽しみ!

©2020 NEW STANDARD
Top image: © 2020 NEW STANDARD