ステーキとサラダ、よりも今は「ステーキサラダ」

ダイエット中のステーキが悪いわけじゃありません。脂肪分解酵素「リパーゼ」のはららきも期待できるし。けれど付け合せにポテトを選んだり、ハイカロなソースをかけていただくのは、やっぱりネガティブ。

ということで、Ali Sagleさんが「Food52」で紹介している、このステーキサラダにチャレンジしてみましょう。

ステーキ肉を主役にしないサラダ

4593059434070016
Photo by Bobbi Lin

このステーキサラダはいろんな具材で飾り付けしてありますが、ペアリングにはブラッディ・マリーがおすすめ。もちろんお酒だけでなく、食べ方に合わせて具材を足したり引いたりもできます。

飾り付けというよりも、ステーキにパンチを効かせる具材をセレクトするとベター。例えば、ピクルスやオリーブ、わさび、ピリ辛ソースなんかがGOOD。加えて、インサイドスカート(ウチハラミ)肉をそのままグリルし、30分ほどマリネしてから味付けをする、なんてのもオススメです。

結果として、できあがりはとっても大胆なサラダに。ブランチにステーキというときにもぴったりですよ。

【具材(4人分)】

ハラミのステーキ:680グラム

シェリー酒酢:テーブルスプーン1杯分
バルサミコ酢:テーブルスプーン1杯分
レモン果汁:レモン1個分
わさび:テーブルスプーン2杯分
ウスターソース:テーブルスプーン1杯分
ピリ辛ソース:ティースプーン1と1/2杯分
グリーンオリーブ:1/4カップ
オリーブの塩水:テーブルスプーン2杯分

薄くスライスした赤タマネギ:1/2個
半月型に切ったセロリ:1/2カップ(お好みで葉っぱも)
ハラペーニョのピクルス:テーブルスプーン2杯分
半分に切ったチェリートマト:1パイント

挽いた黒こしょう:適量
砕いたブルーチーズ:1/4カップ
パセリの葉:1/2カップ

【1】
強火にかけたフライパンの上で、味付けをしないままステーキの両面を黄金色に焼いていきます。ミディアムレアを目安に、もしくはお好みの温度で片面3〜4分ずつ焼いていきます。その間にほかの具材を用意しましょう。

【2】
大きなボウルにお酢、レモン果汁、わさび、ウスターソース、ピリ辛ソースとオリーブの塩水を投入し混ぜます。あとから赤タマネギとセロリ、ハラペーニョ、オリーブ、トマトも入れていきます。上から黒胡椒を十分に挽いて、最後にざっくりと混ぜます。

【3】
お肉は1センチの厚さにスライスしてからサラダに。もう一度混ぜて、十分に味が交わるよう30分ほどマリネします。

【4】
味が整ってきたら、ブルーチーズとパセリ、捨てていなければセロリの葉っぱをトッピングして、出来上がり。

Written byAli Slagle
Licensed material used with permission by Food52
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
外サク、中ふわに仕上げたジャガイモクルトン。定番のシーザーサラダだけでなく、どんなサラダとも相性◎。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。