漬け込むだけでお肉がエイジングしてしまう「魔法のソース」が登場

昔から「肉は腐りかけがうまい」なんて言葉があるように、牛肉には“寝かせる”ことで生まれる価値があります。いわゆる熟成肉がそれ。あの味を自宅でしかも長期保存もなしに再現しようというのがこのソース。この手軽さを知れば、きっとトライしてみたくなるはず。

時間をかけずに
お肉が熟成できるんです

いわゆる熟成肉は、一定の温度、湿度、風を保ちながら長時間ゆっくりと寝かせることで、肉が本来持っている酵素によってタンパク質を分解し、アミノ酸へと変化させる。ゆえにおいしく感じという仕組みです。

水分が多い欧米の赤身肉をいかにおいしく食べるか。そのノウハウの一つにドライエイジング(乾燥熟成)があります。平たく言えば「干物」と同じような感覚で、肉の中にある余計な水分を飛ばしてタンパク質やミネラルを凝縮させていく方法。

それだけに時間も手間もそれなりの設備もかかるのですが、これに近い状態を手っ取り早くつくってしまおう、という画期的な商品がアメリカで発売されました。「時間」をすっ飛ばしてしまう訳ですから、ちょっとズルいっちゃズルいんですけどね。

漬け込むことで熟成をうながす
ドライエイジング・ソース

250ml入りで24.99ドル(約3,000円)という価格を高いと思うかどうかは人それぞれとして、わずか大さじ1をお肉(450g)にもみ込むようにして、あとは焼くだけ。これでエイジングされたあの熟成肉の味が再現できるとしたら、試してみる価値は多分にありそう。 

開発メーカーによるとこの魔法のソースのカラクリは、独自にブレンドした魚醤、黒みつに近い糖蜜、ナッツ糖などが主成分。これがグルタミン酸を生み出し、ドライエイジングをする際にうまみ成分となるアミノ酸を引き立たせつつ熟成に似た状態を作り出すんだとか。

言ってみれば、肉を柔らかくするのに塩麹やヨーグルトに漬け込むとの同じ要領で、外的要因を使ってエイジングを図るという訳です。漬け込む時間も1日とかからないそう。すると、こんなふうにいい感じのステーキ肉に仕上がるというんだから。

ちなみにメーカー「SANSAIRE」は、日本のレストランでも取り入れだした真空調理(Sous Vide)による調理法を家庭に持ち込むキットを開発した業者です。なので、このドライエイジングソースによる熟成も、密封パックで真空状態にし、湯せんしてから焼く方法を推奨しています。

日本での発売はまだないものの、Amazonを通じて購入も可能。自宅で手軽にエイジングビーフを楽しみたい人は、チェックしておいて損はないでしょ。

Licensed material used with permission by Jebiga Design & Lifestyle
あえて日数を置くことでお肉の熟成を促す、エイジングビーフ(熟成肉)の美味さに注目が集まっています。高級店や専門店でなくても“あの味”を自宅で堪能したい!そ...
ミートソースのおいしさを引き出すカギは「ひき肉」。ほんの一手間で格段においしくなります。
「アメリケーヌ・ソース」とは、フレンチで使われる魚介の風味たっぷりのソースのこと。
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
市販のトマトソースだって少しアレンジを加えただけで、もっと魅力的に、フレッシュにいただけるのです。
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
人も食べ物も、見た目だけの情報で思い込んで決めつけてしまいがちな私たち。けれど、ファーストインプレッションだけでは得られない一面やストーリーが、そこにはあ...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
ヤンニョムチキンの変化系がコレ。アメリカンな味のランチソースを投入すれば、こりゃもう、東洋と西洋のジャンクフードコラボです!
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
食欲が落ちる夏でも、サッパリ気分に変えてくれるサルサです。
30℃を超えるような暑さでも、やっぱり太陽の下で思いっきりBBQを楽しみたい。そこで、いつもとひと味違う串焼き料理「スブラキ」なんていかがでしょう。
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
デミグラスソース、トマトソース、和風ソース…ハンバーグの定番ソースといえばこんなところでしょうか。でもね、肉汁あふれるハンバーグと一緒に食べるソースは、あ...
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
お肉がどんどん美味しくなる調理方法です。
濃い味付けの多いインドネシア料理において、とにかく胃にやさしいバリ島の「ガドガド」について。