「夏負け」しない、お肉もペロリの柑橘ソース

梅雨が明けたとはいえ、湿度も高くジメジメの毎日。まとわりつく暑さを跳ね返すようなサッパリ系の味が恋しくなりませんか?

清涼感バッチリのサルサが「Food52」に登場しました。食欲が落ちる夏の肉料理にもベストマッチで、ペロリと行けそうな予感。しかも、紹介者Alexandra Stafford曰く、「冷蔵庫にあるものを使ってアレンジを楽しむ」こともできるみたい。覚えておいて損はないはず!

柑橘とパクチーのダブル芳香
オレンジサルサソース

©Alexandra Stafford

このレシピは参考程度に呼んでください。なんせ冷蔵庫の余りものを使ってつくるっていうレベルのものですから。

例えば、エシャロットがなければ赤玉ねぎでもいいですし、メキシコではポピュラーなセラノペッパー(トウガラシの一種)がなければ、ハラペーニョでもOK。パクチーがなければ他のハーブだっていいわけだし。ちなみに、かぼちゃの種をまぶした鶏むね肉に、このサルサをかけて食べるスタイルは、私の大のお気に入り。

材料:2人分

オレンジ:2〜3個
エシャロット(薄くスライス):小サイズを1個
セラノペッパー(種をとり、さいの目状に切る):1本
パクチー(みじん切り):少量
塩:適量
オリーブオイル:大さじ1〜2

作り方

オレンジを中くらいのボウルに入れ、できるだけ果汁を絞り出せるよう、皮も搾る。ボウルにエシャロット、トウガラシ、パクチー、塩、大さじ1のオリーブオイルを入れます。味が足りなければ塩かオイルを追加。酸味がほしい場合は、お酢を入れるかレモンまたはライム果汁を加えましょう。

©Alexandra Stafford
Top image: © Alexandra Stafford
Licensed material used with permission by Food52
ミートソースのおいしさを引き出すカギは「ひき肉」。ほんの一手間で格段においしくなります。
「アメリケーヌ・ソース」とは、フレンチで使われる魚介の風味たっぷりのソースのこと。
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
市販のトマトソースだって少しアレンジを加えただけで、もっと魅力的に、フレッシュにいただけるのです。
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
かつて、フランス料理において泡=タブーな時代がありました。漉しが足りなかったり、温度が高すぎたり…料理人はスープやソースから泡をなくすべく格闘していたので...
ヤンニョムチキンの変化系がコレ。アメリカンな味のランチソースを投入すれば、こりゃもう、東洋と西洋のジャンクフードコラボです!
人も食べ物も、見た目だけの情報で思い込んで決めつけてしまいがちな私たち。けれど、ファーストインプレッションだけでは得られない一面やストーリーが、そこにはあ...
爽快感あるトマトベースの定番サルサもいいけれど、オトナ向けの甘じょっぱいバルサミコ酢漬けのレーズンソースもクセになります!
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
デミグラスソース、トマトソース、和風ソース…ハンバーグの定番ソースといえばこんなところでしょうか。でもね、肉汁あふれるハンバーグと一緒に食べるソースは、あ...
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
昔から「肉は腐りかけがうまい」なんて言葉があるように、牛肉には“寝かせる”ことで生まれる価値があります。いわゆる熟成肉がそれ。あの味を自宅でしかも長期保存...
真夏の今こそ、このオイルだけは試してもらいたい!
玉ねぎ、セロリ、人にんじんを、それぞれ2:1:1の割合で、にんにくとたっぷりのオリーブオイルで炒め煮にしていくだけ。プロはこの材料で1時間〜1時間半ほど弱...
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
最高の発明とは、往々にして「なんで思いつかなかったんだろう?」と思うものばかり。このサルサこそが、まさにそれにあたるもの。
パセリが主役を張れるレベルの食材であることを実感できます。
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。