これでもう、フライドポテトを「サイドメニュー」とは呼べなくなる

17世紀ベルギー南部(ナミュール地方)で誕生したフリッツは世界中へと広がり、ハンバーガーのサイドを彩るフライドポテトとして、私たちの知るところ。今ではポテトをメインとした専門店ができるまでに。

ここでは、カナダ発フライドポテトのおいしすぎるアレンジ「プーティン」を紹介します。

 カナダ発フライドポテトを
おいしく食べる裏ワザ

23b4f909bf3d68fb7e569babbd5d15dc9dab0abf

調理された肉から出る肉汁を使ってつくる代表的なソースにグレイビーソースがあります。これにチーズを絡めてフライドポテトにかけるのが、カナダのジャンクなソウルフード。

じつを言うとこの料理、テイクアウト用のバッグの中でポテトとチーズがうっかり混ざって、ぐちゃぐちゃになってしまったのが始まりだって話も。家庭でステーキを焼いた時などに試してみませんか?

 肉汁とチーズでうま味倍増
プーティンをマスターしよう

(材料:作りやすい分量)

冷凍ポテト:200g
シュレッドチーズ:40g

A ステーキを焼いて残った肉汁:適量
A 小麦粉:小さじ1
A 水:大さじ3
A 赤ワイン:大さじ2
A ウスターソース:大さじ1と1/2
A しょう油:小さじ1
A 塩コショウ:適量

 (作り方)

1.冷凍ポテトを揚げる。

 2.フライパンにAを入れて小麦粉が溶けるまで混ぜたら中火で熱し、少しとろみがつくまで煮たら塩コショウで味を調え、シュレッドチーズを加えて余熱で溶かす。 

3.器にポテトを盛り、2をかける。

肉のうま味と濃厚なチーズの風味がクセになるフライドポテトの新しい食べ方、プーティン。お肉を焼いた後のおいしい肉汁は、ムダなく使いましょう!

揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
オーストリアのフォトグラファーStefanと自転車のポートレイト。もうそれ以外よくわからないっ(笑)
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
B.R.Fは、「Brooklyn Ribbon Fries(ブルックリン・リボン・フライ)」という店名のこと。このお店のモットーは「ポテトとジンジャーで世...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
まったくと言っていいほど、揚げものの印象がない大根。でも、そんなイメージを覆す「フライド大根」の美味しさに、多くの人が魅了されている模様。外はサクサク、中...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
「アメリケーヌ・ソース」とは、フレンチで使われる魚介の風味たっぷりのソースのこと。
ヤンニョムチキンの変化系がコレ。アメリカンな味のランチソースを投入すれば、こりゃもう、東洋と西洋のジャンクフードコラボです!
グラタンの味を左右するのは、ひとえにホワイトソースづくりです。ゆるすぎたり、焦がしてしまったりをいかに防ぐか、そこにこの料理の奥深さがあるわけです。が、フ...
手軽で人気のファーストフード。ぱぱっと食べられるのが魅力ですが、栄養バランスも気になりますよね。「FAST Food AID」はファーストフードを食べた際...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
Airbnbが新たに始めた取り組み「Airbnb Kitchens of Asia」。旅先で、ローカルの食材や料理法を楽しみながらステイしてほしいと、アジ...
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
なんでジャンキーな食べ物っておいしそうに感じてしまうのだろう。けれど、涙が出るほどおいしい「ヘルシーな料理」だってあるのです。たとえば、キヌアとケールを使...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
人も食べ物も、見た目だけの情報で思い込んで決めつけてしまいがちな私たち。けれど、ファーストインプレッションだけでは得られない一面やストーリーが、そこにはあ...
移民の国アメリカには、バラエティに富んだ多様な料理が、独自にアレンジされて誕生した歴史があります。たとえばよく知るジャンバラヤも、フランス系カナダ人の食文...