誰かとシェアしたい「映えるフライドポテト」の専門店

脇役から主役へ──。

ハンバーガーやステーキのサイドメニューの定番といえば、やっぱりフライドポテト。これをメインメニューに据えた、クラフトポテト専門店「POTALU」が1月18日(土)オープンする。

場所は、大阪でいま話題のリバーサイド複合施設「TUGBOAT TAISHO」(大阪府・大正区)だ。

フライドポテト発祥の地ベルギーから取り寄せたベルギーポテトを使用し、食感を追求した“二度揚げ”で仕上げる。さらにこれを、ケチャップやチーズといったディップ類だけでなく、見た目も楽しめる数種類の「こだわりソース」で提供。

なるほど、さすがに脇役扱いとはいかなそうだ。

味はもちろん、“映え”への意識も旺盛なのが昨今のフード事情。揚げたてポテトにソースのコンビネーションに期待大だ。

©株式会社FUNPANY
©株式会社FUNPANY

『POTALU(ポタル)』

【住所】大阪市大正区三軒家西1-1-14 TUGBOAT TAISHO A-5
【営業時間】平日 / 16:00〜23:00(ライブ開催時は12:00オープン)、土日祝 / 11:00〜23:00
【定休日】なし

Top image: © 株式会社FUNPANY
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
フライドポテトに関する総合的な知識を測る、日本で唯一の検定がスタート。誰でも受験することができ、合格者には、各級に応じた認定名刺を発行。フライドポテトの魅...
大阪の寝屋川に、たこ焼き粉専門店「としのぶさん家の粉」がオープン。「食卓をテーマパークに」をモットーに独自開発した「たこ焼き粉」は、あらゆる具材でおいしく...
フライドポテトにチーズとグレイビーソースがかかったカナダ・ケベック州のソウルフード「プーティン」。都内でも気軽に足を運んで食べられる店はいくつかあります!...
17世紀ベルギー南部(ナミュール地方)で誕生したフリッツは世界中へと広がり、ハンバーガーのサイドを彩るフライドポテトとして、私たちの知るところ。今ではポテ...
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
アメリカで注目を集める、ハンバーガーのバンズを卵で代用した新たなバーガー「エッグウィッチ」の専門店が、11月24日、大阪・本町エリアにオープン。「Don'...
フレンチフライ専門店「AND THE FRIET」が開発に数年かけた実力派ポテトチップス。
B.R.Fは、「Brooklyn Ribbon Fries(ブルックリン・リボン・フライ)」という店名のこと。このお店のモットーは「ポテトとジンジャーで世...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
オーストラリアのファストフード店「Oliver's Real Food」のサイドメニューは、蒸したサヤインゲンや枝豆、トウモロコシなど健康的なものばかり。...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
カリフォルニア発スムージー・ジュース専門店「Jamba(ジャンバ)」が、渋谷に8月4日開業の複合施設「MIYASHITA PARK」にオープン。「塩こうじ...
スペシャルティコーヒー専門店の味が自宅で楽しめる「エスプレッソキューブ」。店舗で抽出・冷凍したエスプレッソは、カップに入れてお湯を注ぐだけで簡単に専門店の...
バレンタインデーやホワイトデー、友人の誕生日、引っ越し祝い、飲み会でご馳走してもらったお礼——。ちょっとしたプレゼントを贈りたいシーンって結構ある。
1月13日、Netflixが同社の取り組んできた多様性と包括性の推進に関するレポートを公開した。
12月10日、有給休暇をテーマとしたイベント「有給浄化」が大阪の複合施設「なんばスカイオ」にて開催。使われなかった有給を供養することによって、日本人の有給...
本日1月14日から紅茶を使ったスイーツ専門店「Tea Sweets Lab. CONTENART(ティースイーツラボ・コンテナート)」が東京・代々木にオープン。
300年以上の歴史をもつ老舗「中川政七商店」が、2020年秋、初となる複合商業施設を奈良市元林院町、通称「ならまちエリア」に開業する。
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
渋谷区神南1丁目に1月18日ソフトオープンをしたのは、食事やアートを楽しみながらゆっくりとお茶の魅力を堪能できるミニマル複合施設「JINNAN HOUSE...
今回は、大阪で今一番ホットなお店谷町六丁目にある「台風飯店」。安い、おいしい、かわいい三拍子が揃ったお店に行ってきたで!SNSで人気のお店って実際はどーな...