サク、ふわっにハマる人が続出。フライドポテトとジンジャーエールの専門店「B.R.F」

B.R.Fは、「Brooklyn Ribbon Fries(ブルックリン・リボン・フライ)」という店名のこと。

このお店のモットーは「ポテトとジンジャーで世界を平和にする」ということで、フライドポテトとジンジャーエールを専門に扱っているそうです。

え、なんでその2つを? という疑問は、「確かに最高の組み合わせだよな…」と、すぐに納得できちゃうから不思議なものです。

サクサク、ふわっ。
新食感の「リボンフライ」

A38fe7efc41a57859303836074b24e44cede9b99

ではさっそく、おいしさの秘密を。看板メニューは、専用のポテトカッターで螺旋状にカットした揚げたての「リボンフライ」。使っているのは北海道産のメークインポテトです。

サクサクとフワッがMIXした独特の食感は、ポテト本来の風味も引き立たせてくれるんだとか。

C3c4bdafbe78a651fcfe70a27e14f64a31332191

カットするのはオーダーが入ってからで、 熱々のポテトに好みのフレーバーをかけます。さっぱり派のあなたには、「シーソルト&ブラックペッパー」がオススメ。そのほかにも「オニオンスープ・パウダー」や「オールスパイス」などもあり(各¥600)。

かつてないパンチの
手作り「ジンジャーエール」

2214b302cd9f47e7cc6096b5ea614cfccb9b7807

リボンフライと相性抜群なのが、B.R.Fオリジナルのドライなジンジャーエール。そのパンチのある味わいにきっと驚くはずです。

プロデューサーのKiyo Shinokiさんが世界中のジンジャーエールを飲み歩き、独自のレシピで配合しているそう。熊本産の生ショウガと数種類のスパイスをブレンドしたシロップは、辛さと旨みを絶妙にバランス。自宅で楽しみたい人向けにオンラインショップでの購入も可能です。

Abf01786d54014cb06429a431f659e9a0bc77c1f

ソーダで割ればジンジャエール、紅茶で割ればジンジャーティー、牛乳にスプーン1杯加えればジンジャーミルク、さらにスピリッツやワインなどのお酒と組み合わせてオリジナルカクテルを楽しむのもあり。もちろん、料理やお菓子作りにも!

待望のチョコレート
コーティングが原宿に

D4c555b270e8b53d74be84f170553ac7ada0b0d7

そんなB.R.Fは、ブランド誕生から4年経った今年7月、原宿に新店舗をオープン。テーマは、気軽さ溢れる「POTATO KIOSK」です。

これで、ブルックリンスタイルのアメリカンダイナー「駒沢」と、モバイルキッチンの「表参道」に続いて、3店舗目。

しかも、原宿の限定メニューが魅力的なんです。ほんのり塩味のリボンフライに、こだわりのチョコレートをコーティング。「チョコレート・リボンフライ(¥780)」なら、甘さとしょっぱさの絶妙なコラボが味わえます。

5ce3967e59919cdab824d2ede934119358dfa689

こちらも原宿限定の「B.R.F Shaved ICE」。なめらかにシェーブされたアイスに、ハニージンジャーミルクやソルティキャラメルなど、スペシャルフレーバーを組み合わせています(各¥680)。

そんな、B.R.FをプロデュースするKiyo Shinokiさんは、NYブルックリン在住のレストランプロデューサー。クラフトマンシップ溢れる「ポテト&ジンジャー」を堪能してみては?

Licensed material used with permission by BROOKLYN RIBBON FRIES
注目フードから、まるで秘境のようなビーチまで、この夏に行ってみたい「東京都内のおでかけスポット」をまとめてみました。うまく連休がとれないときや、ぽっかり休...
クリスマスへのカウントダウンが始まっている。日本ではクリスマスといえば、お馴染みのチキンとケーキ。欧米では、家庭でジンジャークッキーを作ることが多いみたい...
ヨーグルトにかけたり、紅茶に入れたり、あるいはサイダーで割ったりと、いろんな楽しみ方ができるジンジャーシロップを自宅でつくっちゃいましょう!
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
17世紀ベルギー南部(ナミュール地方)で誕生したフリッツは世界中へと広がり、ハンバーガーのサイドを彩るフライドポテトとして、私たちの知るところ。今ではポテ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
2016年の横浜オクトーバーフェストで販売された、幻のエールを知っていますか? それは、17日間限定で登場した「サンクトガーレン甘熟桃のエール」。これを飲...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
頬をとおる風が冷たく感じるたび、冬の訪れを実感するこの季節。カラダの芯からあったまりたいときには、コーヒーよりも「ジンジャーレモネード」でしょう。お店で飲...
まったくと言っていいほど、揚げものの印象がない大根。でも、そんなイメージを覆す「フライド大根」の美味しさに、多くの人が魅了されている模様。外はサクサク、中...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
オール・タイム・フェイバリットなものを紹介していただく週替わり連載企画。今週は、東京・赤羽にある R&B 喫茶店のオーナーにお話を伺いました!最終回となる...
その濃厚な食感は、「まるでクリームチーズのよう」と近ごろ話題の水切りヨーグルト。その名の通り、ヨーグルトの水分を切ったものですが、これを揚げるとどうなるか...
寒い季節になると、無性に食べたくなるのがお茶漬け。東京の専門店では、心も体も温まりながら堪能することができる。日本食の美味しさにうっとりする、おすすめのお...
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
宅飲みとかだとテーブルのスペースが限られているし、こんなグラスがあれば便利そう。まあ、普通に小さいグラスにそれぞれ注いだのでは駄目だったの……?って思って...
7月30日(土)にオープンしたばかりの「GRAIN BREAD AND BREW」は、世界中で食べ歩きをしてきた“サンドウィッチギーク”が開いた「クラフト...
3Bとは、彼氏にすると女性が幸せになれないよ、という職業のこと。実際にこの3Bの男性と付き合った人は、ことごとく幸せになっていません。でもどこか憎めない、...
“大人がハマる”とめっぽう評判の、ニューヨーク生まれの知育玩具「littleBits」。そのリトルビッツに新たに「DROID INVENTOR KIT」な...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...