スペシャルなフライドポテト「プーティン」を食べるならココ!

カナダのソウルフードとも言える、「プーティン」。

美味しさは噂に聞いていたけれど、フライドポテトにグレービーソースとチーズをかけただけでしょ、な〜んて内心思っていたのが正直なところ。でも、カナダで本物に出会った時、その思いはいとも簡単に変わってしまったのです。

写真のものは実際に食べたものですが、想像していたよりずっとトッピングがのっていて食べごたえがありました。

©2018 TABI LABO

帰国後――。

肩肘張らないB級グルメ感がありつつも、そんじょそこらのジャンクフードより何倍も満足度が高いプーティンが恋しくて……。都内で食べられる場所を探しちゃいました!いくつかありますが、今すぐ行きたいと思った3ヵ所をピックして紹介します。

初級者は気軽にトライできるココ!

「Becker's」は、都内であれば赤羽や飯田橋にあるチェーン店。どこも駅の改札付近にあって、アクセスのしやすさは抜群。時間を潰したい時、ひとりでも入れるところがプーティン初心者にはちょうど良いでしょう。

メニューには、グレイビーソースがかかったオリジナルと明太ソースがかかったものの2種類があります。明太っておにぎりでもパスタでも大抵外さないですよね。このプーティン✕明太も、確実にストライクゾーンをついています。

とろとろのチーズとカリカリのフライドポテトに明太ソースを投入!想像するだけで食指が動くコラボレーションです。

中級者はスタンディングでさくっと

京王井の頭線下北沢駅の北口から徒歩1分の場所にある「Robson Fries」。ここは、フライドポテトの専門店。看板メニューはプーティンです!

ソーセージやプルドポーク、ハラペーニョがトッピングされたものまで、メニューのバラエティーが豊富なんです。オリジナルから一歩進んだ“進化系”の味に興味がある人には、ぜひおすすめしたい場所。

店内はスタンディング形式だから、周辺で買い物中、小腹が空いたときにふらっと立ち寄るのが理想。誰かと行く機会があれば、せっかくなのでいろいろな味を試してみるといいでしょう。

上級者はとことん本場感を味わって

神保町駅から徒歩2分のところにある「WHISTLER Café」。ここではカナダの名物料理やお酒が提供されています。

オススメ料理は、もちろんプーティン!オリジナルに加えてBBQプルドポークやメキシカンチリがトッピングされているものもあり、カナダで近年よく食べられる創作プーティンがいただけます。店内ではスポーツ観戦ができ、カナダの情報誌も。現地のパブさながらの雰囲気を楽しめますよ。

カナダのクラフトビールやアイスワインなども飲めるので、カナダ好きやいつか行ってみたい!という人はマストチェックです。

「プーティン」「プティン」結局どっち!?

ここまで「プーティン」と表記してきましたが、「プティン」と記されるケースもあります。一体どちらが正しいのでしょう?

調べてみると、どうやら前者は英語発音で、後者はフランス語発音のよう。確かに、カナダの英語圏では皆「プーティン」と発音していました。フランス人のTABI LABOメンバーに確認したところ、彼女は後者の「プティン」と発音。ちなみに、発祥地であるケベックで話されるフランス語だと、「プーツィーヌ」に近い発音なのだそう。

結果、話す言語によって違いが出るということですね。つまり、プーティンへの愛があれば何だっていい!(でも、表記はやっぱりプーティンに統一させてください!)

Top image: © iStock.com/LauriPatterson
17世紀ベルギー南部(ナミュール地方)で誕生したフリッツは世界中へと広がり、ハンバーガーのサイドを彩るフライドポテトとして、私たちの知るところ。今ではポテ...
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地AT&Tパークで食べるべきグルメです。
甘みがあり、ご飯に乗せて食べるとおいしい「佃煮」ですが、だいたいメインのおかずは他にあります。佃煮は、あくまで引き立て役。とはいえ、東京の家庭の食卓には欠...
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
TasteAtlasでは“旅先で何を食べるべきか”を調べられます。さらに、似たような食材を使った料理や、それが食べられる他の国や地域まで教えてくれるんです。
ロサンゼルス・ドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムで食べるべきグルメです(番外編)。
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
コロラド・ロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドで食べるべきグルメです。
ヒューストン・アストロズの本拠地ミニッツメイド・パークで食べるべきグルメです。
ひとりの旅行でも、誰かと一緒の旅行でも。片手でパッと食べられる食べ物を紹介します。
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
シンガポール在住メリッサさんのインスタアカウントでは、各国のグルメと観光スポットを掛け合わせた写真が投稿されています。
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
寒い季節になると、無性に食べたくなるのがお茶漬け。東京の専門店では、心も体も温まりながら堪能することができる。日本食の美味しさにうっとりする、おすすめのお...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...