【東京都】「佃煮」は、なぜ江戸っ子の食卓に欠かせない味になったのか

昔ながらの東京の家庭では、必ずと言っていいほど食卓の端っこに置かれている「佃煮」が乗った小皿。甘みがあり、ご飯に乗せて食べるととてもおいしいのですが、だいたいメインのおかずは他にあります。

佃煮は、あくまで引き立て役。とはいえ、東京の家庭の食卓には欠かせない「ご飯のお供」なんです。

佃煮はおいしいだけじゃなく
天然の「健康食」

©2018 Makoto Kujiraoka

海産物や野菜など多種多様な素材を甘辛く煮込んだ佃煮には、ビタミン、ミネラル、鉄分などの栄養がたっぷりと含まれていて、古くから江戸の人々の健康を支えてきました。

佃煮の具材に使われるのは、昆布やごぼう、あさり、海老、しらすなど様々。珍しいものでは「あみ」と呼ばれる海老のような見た目の小型の甲殻類や、うなぎ、穴子、カツオなども佃煮が作られていて、その数は主なものだけでも118種類もあると言われています。

たとえばコンビニで売っているおにぎりには昆布の佃煮が入っていますし、お弁当にも小魚や海苔などが使われています。特別意識していなくても、佃煮は私たちの生活に欠かせないものになっているのです。

「本能寺の変」が
佃煮を生んだ?

©2018 Makoto Kujiraoka

佃煮のルーツは諸説ありますが、一説によると徳川家康が深く関わっているようです。

1582年6月2日、本能寺の変。織田信長が明智光秀の謀反に倒れたとき、大阪の堺にいた徳川家康は明智の追っ手から逃れるため、大阪を脱出しようとしました。しかし、神崎川を渡るための舟が見つからず、立ち往生。そのときに近くの佃村の漁民たちが、舟と備蓄していた食料を家康に提供し、家康は九死に一生を得たそうです。

家康はこの恩を忘れず、江戸に幕府を開いたのち、佃村の漁民たちを江戸に呼び寄せて佃島に住ませ、特別に漁業権を与えました。この佃島の漁民たちが、悪天候時の非常食や漁に出るときの保存食として小魚や貝類を塩や醤油で甘辛く煮詰めて食べていたものが、江戸の佃煮文化の始まりだと言われています。

©2018 Makoto Kujiraoka

購入は、新橋玉木屋より。

Top image: © Makoto Kujiraoka
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
隠れ和菓子ファンのぼくにとって、2月になるとソワソワしてくるのは、桜餅の季節が始まるからです。今回は、日本人なら知っておくべき桜餅の歴史と、東京都内でおす...
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...