このツーンは好き。北海道の「山わさび醤油漬」

ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」

白いご飯に乗せてひとくち頬張れば、ツンと鼻に届く香りと醤油の旨み。

食欲の落ちる暑い季節でも、山わさびでご飯が進みます。

いつもの「ワサビ」とは
ちょっと違う。

Ab3b05c164c5abfe2fe7aab319c5b6ef59de940d

ところで「山わさび」にあまり馴染みがない人もいるかもしれませんが、じつは北海道ではよく知られた山菜。

お寿司にも使われる本ワサビが水の中で採れるのに対して、山わさびが採れるのは土の中。

あぜ道や河川敷を丹念に探して、自生している「山わさび」を採ってきては、醤油漬けにしたり、すりおろしたものを肉料理の付け合せにして楽しんでいる地元の人もいるんです。

北海道の山の幸は
「文明開化」の味がする。

そもそもこの山わさび、フランスでは「レフォール」、英語では「ホースラディッシュ」と呼ばれる、西洋原産の植物。

でも、いったいなぜ、北海道に外国の植物が?

…というのも、北海道は明治時代の文明開化の際に、クラーク博士をはじめとした外国人を招聘し、外国文化をいち早く取り入れた土地でもあります。

たとえば函館の五稜郭や札幌の時計台などは、外国文化の名残とも言える観光スポット。その頃に食用として輸入されたホースラディッシュが北海道の自然のなかで野生化し、今では地元の生活に根付いた食材になったのだとか。

4216be65954f13f2bb9ed24dc9ecad001f4f0f55

購入は、十勝スロウフードより。

Photo by Kenji Fujimaki, ANIMALHOUSE
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
「筑波山」は、秋葉原からつくばエクスプレスで約45分の茨城県つくば市にあります。ここは年間を通して山登りができる、日本の百名山のひとつ。ケーブルカーやロー...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば、「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
北海道美瑛町に廃校を活用した「食の複合施設」がある。敷地内には、レストラン「ビブレ」、パン工房、ホテル、料理塾がそろっている。地元の食を通してよろこびを提...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外、おいしい発見がありました。
観光客に「いいお土産がない」と言われ、成り行きで地元の印刷屋さんが商品開発に携わることになった。そこで思いついたのが、「地元の食文化を持ち帰る」というお土...
「イカの踊り食い」といえば、細長く切ったゲソが一般的。でも、ここで紹介するのは、“下半身”をまるごとを乗せた「活イカ踊り丼」です。これがいま、特に海外で話...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。「みまから」の原料は、古くからこの美馬地方で栽培...
富山でラーメンといえば、富山ブラック。醤油ベースの濃い味は、白米と共にいただくための心意気。ある意味これもご飯のお供ですが、ここではさらに歴史も黒色も深い...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
山が大好き。そんな人、たくさんいると思います。その気持ちはきっと人の数だけありますが、イラストレーターの鈴木みきさんの気持ちは、すごいです。どうすごいかと...
茨城県・つくば市の筑波山にある「ガマランド」は、ただのB級スポットじゃありませんでした。廃墟と化した遊園地ゾーンの下にひっそりとある「ガマ洞窟」。その暗闇...
「おむすび」と聞いて、頭に思い浮かべるイメージは人それぞれかもしれません。塩むすび? 海苔はついてる? 具材は? 俵型? 三角?日本人にとってのソフルフー...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
三陸沖は南から黒潮が暖かい地域の魚を、北からは親潮が寒い地域の魚を運んでくるため、世界でも有数の漁場。春はめかぶ、夏はうに、ほたて秋にはいくら、冬はあわび...
「ヨーグルトにかけるお醤油」は、岩手県のふたつの企業がタッグを組んで共同開発されたもの。きっかけは、牛乳・乳製品の製造販売メーカー「湯田牛乳公社」が製造す...
まるで、自分が雲の上にいるかのように眼前に広がる「雲海」。もちろん、遠くからゆっくり眺めたり、写真を撮影してじっくり味わうのもありですが、この「Cloud...
去る2月11日に閉幕した第67回さっぽろ雪まつり。多くの作品が人々を楽しませたなか、特に注目を集めたのが、「Hokkaido Shinkansen-Sup...