【福島県】「にしんの山椒漬け」は、海を越えてやってきた郷土料理

冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北海道で採れたにしんが福島で郷土料理として定着したとても珍しいパターンです。

福島の「にしんの山椒漬け」は
伝統工芸によって完成する

©2018 Makoto Kujiraoka

にしんの内臓や頭を取り除き、干して乾燥させたものを「身欠きにしん」と言いますが、それに山椒の葉を交互に重ね、醤油、砂糖、酢などで作ったタレに漬け込んだものが「にしんの山椒漬け」です。

漬ける期間やタレの調合は地域や家庭によってまちまちで、にしんの旨味、山椒の爽やかな香りと酸味は、ご飯のお供にも酒の肴にも最高です。

福島の古い家庭には、にしんを漬けるための「にしん鉢」と呼ばれるものがあります。伝統工芸の会津本郷焼で作られたにしん鉢は、陶器独特の温度調整効果があり「にしんの山椒漬け」を作るのに最適。

北海道から福島まで
運ばれた保存食

©2018 Makoto Kujiraoka

海のない福島県でにしんを使った郷土料理が生まれたワケは、その保存方法にあります。江戸時代、北海道で採れたにしんは「身欠きにしん」へと加工され、海を渡って新潟へ。そこから福島まで行商人がはるばる売りにきていたのです。

「身欠きにしん」は長期保存が可能なようになっていましたが、そのままでは魚特有の生臭さが残っていて、そこで工夫されたのが「山椒漬け」。山椒には腐敗を防ぎ、保存性を向上させる効果だけではなく、臭みを消して香りを良くしてくれる効果もあったのです。

交通が発達して新鮮な魚が手に入るようになった現在でも郷土料理として受け継がれ、愛され続けている伝統の味なんです。

©2018 Makoto Kujiraoka

購入は、二丸屋武蔵亭より。

Top image: © Makoto Kujiraoka
【特集】47都道府県の「ご飯のお供」、集めました

関連する記事

新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
この記事では、恋人との相性やあなたの性格診断、隠れた才能の発見まで簡単にできて当たると話題の心理テストを幅広くご紹介します。人間関係の悩み解決や気になるあ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...