ネバトロプチプチ。海と山の幸がひとつになった「味よし」

青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば、「味よし」です。

普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布などに大根、きゅうり…など、海と陸の珍味を一緒くたに漬け込んだもの。

こういった食文化は、庶民の味として戦前からこの地域に根ざしていたようです。たとえば、きのこを昆布や菊花と和えた「きのこの塩辛」は、雪で野菜がとれない冬場を中心に重宝されてきた、青森独自の味わいというわけです。

一皿に凝縮された
海の幸と山の幸

36cff808806316c50a93a3db72486d3e8839f1ce

箸で持ち上げると昆布のトロみが糸を引き、食欲をそそります。納豆やオクラ、とろろが好きな人なら定番の一品にしたくなるはず。

数の子のプチプチした食感があり、醤油の酸味のなかにはピリッとした辛味も効いています。

贈り物には数の子たっぷりの
「ねぶた漬」も

じつは青森には「味よし」よりもさらに数の子をたくさん入れた「ねぶた漬」が存在します。大きめな数の子が入っているため高級品ですが、贈答用なら「ねぶた漬」がいいかもしれません。

「味よし」が商品として発売されたのは、昭和35年のこと。

戦後、次第に失われつつあった昆布と野菜を和えて食べる文化を残し、県外にも広めていきたいという思いで開発された「味よし」は、青森県民の心をつかんで離さない、知られざる庶民の味と言えるのかもしれません。

32ae35c05c7e9f4202b255f1a5e9e576e119f20a

購入は、ヤマモト食品より。

Photo by Kenji Fujimaki
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
三陸沖は南から黒潮が暖かい地域の魚を、北からは親潮が寒い地域の魚を運んでくるため、世界でも有数の漁場。春はめかぶ、夏はうに、ほたて秋にはいくら、冬はあわび...
「星野リゾート 青森屋」は、青森県三沢市の広大な自然の中に位置する宿。素材の味を最大限に引き出した心温まる“おもてなし料理”のほか、四季折々の風情が楽しめ...
富山でラーメンといえば、富山ブラック。醤油ベースの濃い味は、白米と共にいただくための心意気。ある意味これもご飯のお供ですが、ここではさらに歴史も黒色も深い...
せんべい汁は青森県八戸市を中心に、青森県南〜岩手県北周辺で食べられてきた郷土料理。鍋専用の南部せんべいを鍋の中に割り入れて煮込むと、美味しい出汁がしみ込ん...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
「あけがらし」は、山形県長井市の老舗醸造所の「山一醤油」の女性だけに製法が伝わる、秘伝の食べ物。かつては男衆に見つからないよう、みなが寝静まった深夜に一族...
山形県の鶴岡市立加茂水族館から登場した「あるお土産」が、若い女性を中心に人気を集めています。というのも、美味しいうえに見た目がなんとも印象的。
当然だけれど、味がしなくなるのは勘違いではない。人は緊張・ストレス状態によって、味覚が変化してしまうのだ。(詳しく知りたい人は『日本官能評価学会誌』の論文...
食べた人があまりの辛さに「ヒィー」と鳴くところがほととぎすの鳴き声に似ているということで、この名がつけられた「ほととぎす巻」。落花生、水飴、辛子粉をベース...
福井県から京都まで続く「若狭街道」は、古代から朝廷に食材を届けるための道として、多くの行商人たちが行き来した古道。そこで福井では、日持ちをさせるために数多...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。その村松さんに、とっ...
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったもので、...
『海の見える駅』というWEBサイトをご存知だろうか。全国各地、厳選された『海の見える駅』を掲載しているこのWEBサイト。運営しているのは、村松 拓さんとい...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第3回はフィジーより、海と暮ら...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
ねっとりネバネバの食感がおいしい長芋。秋が旬の食材というイメージがあるでしょうが、じつは春もおいしい時季を迎えています。東北地方では、秋から冬にかけて収穫...