【石川県】ここだけで作られる「ふぐの子」は、お茶漬けで食べたい奇跡の珍味

「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」

とはよく言ったもので、海外の人から見たクレイジーな日本の食べ物ランキングで、生卵や納豆に並んで紹介されるのが、フグ。

猛毒のある魚を好んで食べる日本人が、海外の人たちからは非常に奇異に映るようです。

猛毒の中にも美味を求めた
石川県「粕ふぐの子」

©2018 Kenji Fujimaki

実際は、魚種ごとに皮や血液などの危険部位を取り除けば安心しておいしく食べられる食材ですが、日本においても肝と卵巣はほとんどのフグで有毒部位のため、厳重に管理して廃棄されるのが普通です。

しかし福井県や石川県では、古くから卵巣を塩蔵したあとに糠漬けにすることで毒抜きした珍味が食されていました。いわゆる「鯖のへしこ漬け」と同じ手順でふぐの卵巣を漬けたもので、未だに無毒化する理由もはっきりしていないとも言われる、なんとも不思議な食べ物なんです。

「ふぐの子」のお茶漬けで
自宅にいながら料亭の味を

©2018 Kenji Fujimaki

塩がしっかりと効いた旨みの強い味は、ご飯のお供はもちろん、酒の肴にもぴったりです。でも、何より「ふぐの子糠漬け」がその真価を発揮するのは、お茶漬けです。

海苔を散らして濃いめに淹れたお茶をかけると、卵巣から旨みがしっかり出てきて、自宅にいながらまるで料亭で〆の1品を頂いているような味わい。大丈夫だとわかっているけど、少しだけドキドキしてしまう気持ちも含めて、じっくり味わうべきものなのでしょう。

毒のある魚の中でも、とくに一番毒性の強い部分を何とかして食べようとする、昔の人々の探究心には驚かされるばかりです。

©2018 Kenji Fujimaki

購入は、油与商店より。

Top image: © Kenji Fujimaki
【特集】47都道府県の「ご飯のお供」、集めました

関連する記事

新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
石川県金沢市の「Neighbors Inn Kanazawa」は、長期滞在者には嬉しい低価格が人気のゲストハウス。ここに宿泊する時は、同じ会社が運営してい...
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...