イカの塩辛とはまったく違う、鳥取「するめ糀漬け」

イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。

その名の通り、塩ではなく糀(こうじ)に漬けて熟成させているので、塩辛のような塩辛さはなく、糀独特の甘さも併せ持っていて、鳥取県ではご飯のお供として親しまれているようです。

和と洋
どちらにも合う

6623208199421952

数年前にブームがあった塩麹や、お酒を使った粕漬けとは違い、糀漬けはお米を発酵させて調理したものなので、子どもでも安心だし、糀が得意じゃない人でも、ちょっとした工夫でおいしく食べることができるのです。

 

たとえば、

クリームチーズに乗せると、そのまろやかさが糀漬独特の臭みを消してくれます。ミントやバジルをトッピングに使うと、なお良いですね。

また、梅やわさびマヨネーズなど、自宅の冷蔵庫にある調味料と和えてディップにして、野菜やクラッカーにつけて食べてもおいしいです。大葉一味唐辛子をアクセントに使ってみても良いでしょう。

小さく切ったオクラリンゴと和えてみると、さっぱりした味わいと独特の食感でご飯のおかずに最適になります。

…などなど、和洋どちらにも合うので、自分の好きなものと和えてみて、新しい食べ方を探してみてください。

雪に閉ざされる
鳥取の冬を支えた味

5497308292579328

「するめ糀漬け」に使われているのは、生イカではなく「するめいか」。完全に干すことで臭みがなくなり、イカ本来の旨味が引き出されるのです。

スルメイカは、秋になると日本海を北上します。スルメイカ漁が盛んな鳥取は、冬になると雪に閉ざされるため、漁ができない冬の間の保存食として、「するめ糀漬」が編み出されたとのこと。

昔はそれぞれの家庭で醤油や味噌も手作りされており、糀漬もそれぞれの家で作られていました。100年を超える伝統を経て、“お袋の味” が進化し続けているんですね。

6574025589391360

購入は、なかうらより。

Photo by Takeshi Kimura
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば、「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布...
富山でラーメンといえば、富山ブラック。醤油ベースの濃い味は、白米と共にいただくための心意気。ある意味これもご飯のお供ですが、ここではさらに歴史も黒色も深い...
日本の自然をテーマにした動画はよく見かけますが、山陰地方にフォーカスしたものは少ないように感じます。これは「山陰地方の自然と文化の魅力」が、これでもかって...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
「あけがらし」は、山形県長井市の老舗醸造所の「山一醤油」の女性だけに製法が伝わる、秘伝の食べ物。かつては男衆に見つからないよう、みなが寝静まった深夜に一族...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
宮崎県・日南市。「一本釣りカツオ」で有名なこの街で食べた「漁師メシ」が絶品だったので紹介したいと思います。やってきたのは鈴之家旅館。旅館という肩書きがつい...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば...
「とろろ」は手頃な値段でおいしく食べられる庶民の味として広く親しまれていますが、ここで紹介する「とろろ汁」に使われているのは、静岡県産の自然薯(じねんじょ...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。「みまから」の原料は、古くからこの美馬地方で栽培...
あかてんは、漢字で書くと「赤天」。島根県の西部、浜田市で食べられている名物で、魚のすり身に赤唐辛子を練りこみ、パン粉をまぶして揚げたもの。表面はサクサクで...
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったもので、...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
食べた人があまりの辛さに「ヒィー」と鳴くところがほととぎすの鳴き声に似ているということで、この名がつけられた「ほととぎす巻」。落花生、水飴、辛子粉をベース...
「発酵食は体に良さそうだけど、納豆ばかり食べられないし、毎日お味噌汁も作れない——」ヘルシーな食生活への意識が高い人が増えた一方で、発酵食品に難しいイメー...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。遡ること約400年前、江戸時代初期に「からしれんこん」は生...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
三陸沖は南から黒潮が暖かい地域の魚を、北からは親潮が寒い地域の魚を運んでくるため、世界でも有数の漁場。春はめかぶ、夏はうに、ほたて秋にはいくら、冬はあわび...
どんなに忙しい日でも、「おいしい」に妥協したくない人たちの冷蔵庫には、つくりおきのお惣菜がいくつもあるものです。すぐに食べられる常備菜をつくっておけば、何...