【岩手県】あわびやいくらだけじゃない。「海宝漬」の本当の味わい方

学生時代に教科書で学んだとおり、岩手県沿岸はリアス式海岸が発達し、古くから漁業が盛んな地域でした。

さらに三陸沖には南から黒潮が暖かい地域の魚を、北からは親潮が寒い地域の魚を運んでくるため、世界でも有数の漁場。数年前大ブレイクした連続ドラマ小説『あまちゃん』でフィーチャーされた舞台ですよね。

世界に誇る
岩手の「三陸海宝漬」

©2018 Kenji Fujimaki

春はめかぶ、夏はうに、ほたて秋にはいくら、冬はあわびが獲れます。

そんな誰もがうなづく海の宝、三陸の四季の味をギュギュッと詰め込んだのが「三陸海宝漬」なのです。

「三陸海宝漬」で味わうべきは…
めかぶ!?

三陸沖は黒潮と親潮が交わることによりプランクトンが豊富で、「めかぶ」の養殖に適しています。また、リアス式海岸はその独特な地形から雨水が地中深く浸透し、ミネラル豊富な水として湾内に流れ込みます。そのため、他県で採れたものに比べ、肉厚で歯ごたえのある「めかぶ」が育ちます。

つい、高級食材であるあわびやいくらに目を奪われがちですが、実はめかぶこそが海宝漬の主役と言っても過言ではありません。

あわびには、三陸の海を知り尽くした中村家独自の技法「だまし煮」が使われています。これは、まだ熱くない状態の鍋に生きたままのあわびを入れ、天然水とお酒、藻塩を使って鍋の中に海を作り、あわびにとってもっとも居心地の良い状態で煮込むこと。

そうすることで、味がよくしみ込み、柔らかくプリプリした食感になるわけです。

©2018 Kenji Fujimaki

購入は、中村家より。

Top image: © Kenji Fujimaki
【特集】47都道府県の「ご飯のお供」、集めました
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
『ひつじのショーン』シリーズの制作スタジオが国際環境NGO「グリーンピース」とタッグを組んで作った"海洋汚染"に警笛を鳴らす短編作品がWebで公開中。