【奈良県】アレンジレシピも楽しい。平城京でも愛された「奈良漬」の魅力

奈良漬けは、白瓜やきゅうり、生姜などの野菜を酒粕で漬け込んだ漬物のこと。

その歴史は西暦700年代、奈良に都があった平城京の時代にまで遡ります。当時は現在のような日本酒を醸造する際に出る「搾り粕」ではなく、どぶろくの底に溜まった沈殿物が使われていて、名前も「かす漬け」と呼ばれていたそうです。

白瓜の奈良漬は、王様!

©2018 Takeshi Kimura

奈良漬は日本酒や味噌、醤油と同じ、自然発酵食品です。そのため、漬ける温度、期間、季節などで味が大きく変わってきます。漬けては1ヶ月以上寝かせ、酒粕を落としたらまた新しい酒粕に漬けて寝かし、を何度も繰り返すことで酒粕の旨味と香りが強くなるのです。

高級なものでは、約3年にわたってその工程を繰り返すとか。

白瓜の奈良漬は「奈良漬の王様」とも呼ばれていて、外はシャキシャキ、なかは柔らかい口あたりでほのかに甘く、酒の風味がほんのり漂い、白いご飯によく合います。定番のレシピはおにぎり、お寿司、うなぎの付け合わせなどでしょうか。

さらに細かく刻んで、玉ねぎやオイル、お酢などと混ぜればソースにもなるし、クリームチーズと一緒にパンやクラッカーと合わればオシャレなカナッペにも。

意外な「奈良漬」が
若い人にも人気

最近ではさまざまな奈良漬が開発されていて、奈良漬のカステラ、サブレ、クッキーなど、子どもや若い人にも人気のある洋菓子とコラボした商品も発売されています。

サブレ、クッキーには生姜の奈良漬を使うことで、酒粕の匂いが苦手な人でも食べやすいようにアレンジ。焼き菓子なので奈良漬に含まれているアルコール分は蒸発していて、子どもでも安心なのだそうです。

数ある奈良漬屋のなかには、柿やごぼう、にんじん、玉ねぎ、メロン、タケノコなど、珍しい奈良漬を販売している店もあり、奈良の街を散策しながら面白い奈良漬を探してみるのも面白そうですね。

©2018 Takeshi Kimura

購入は、山崎屋より。

Top image: © Takeshi Kimura
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
鹿児島の名産といえば、黒豚に奄美のサトウキビから作るお砂糖、それに地元産の麦味噌を加えて作った「黒豚みそ」が有名。ご飯のお供としてはもちろん、野菜スティッ...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
あかてんは、漢字で書くと「赤天」。島根県の西部、浜田市で食べられている名物で、魚のすり身に赤唐辛子を練りこみ、パン粉をまぶして揚げたもの。表面はサクサクで...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
日本一かつおを食べる県、高知。「土佐の赤かつお」は高知県で150年以上続く、地元の魚屋さん「上町池澤本店」が秘伝のタレを使って開発したかつおフレークです。...
徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。激辛薬味「みまから」の原料は、古くからこの美馬地...
福井県から京都まで続く「若狭街道」は、古代から朝廷に食材を届けるための道として、多くの行商人たちが行き来した古道。そこで福井では、日持ちをさせるために数多...
山梨県のお蕎麦屋さんで食べるべき一品、それが「鳥もつ煮」。砂肝やハツ、レバーにキンカンと、鳥肉の様々な部位を甘辛く照り煮にしていて、お酒との相性も◎。もと...
納豆は、茨城県水戸市の郊外で大豆をワラに包んで保管した際、たまたま発酵して出来たもの、というのは有名なお話。その納豆の国「茨城」が誇る食べ方こそ「そぼろ納...
宮城県・仙台の山奥には、絶品の「あぶらあげ」を目的に、地元の人も足繁く通う場所があります。それは、三角形の形をしていることから「三角定義あぶらあげ」と名付...
「最初に食べた人は勇気がある食材といえば、ナマコ、カキ、タコ。しかしフグは最初に食べた人よりも、2番目に食べた人のほうが勇気がある」とはよく言ったものです...