【愛媛県】想像してみてください。「椎茸とゆずの入った味噌」はうまいに決まってる

愛媛は伊予柑を中心に、柑橘系の生産で有名な県です。とくに北宇和郡鬼北町(きほくちょう)では昔からゆずの生産が盛んで、県全体としても全国3位の生産量を誇っています。

その寒暖差の激しい気候から、香りが強くて良質なゆずが作られる産地として知られていて「ゆずの里」とも呼ばれています。

柚鬼媛(ゆきひめ)が見守る
ゆずの里「鬼北町」

©2018 Makoto Kujiraoka

ゆず寒天、ゆずサイダー、ゆずピー(ゆずの皮を使ったお菓子)、ポン酢、化粧水、ゆず湯など、ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味噌ができるんです。

数ある名物味噌と同様にキュウリなどの野菜スティックとも相性がいいですし、おにぎりの具にも最適。

鬼北町は日本で唯一「鬼」という漢字が入った自治体ということで、道の駅日吉夢産地に「柚鬼媛(ゆきひめ)」と名付けられた鬼の像が建てられ、新しい観光資源になっているそうです。鬼北町の人々にとっての「ゆず」は、それほど地域に密着した特産品なのです。

プリプリ食感のしいたけが
最高のアクセントに

©2018 Makoto Kujiraoka

愛媛県では、原木を使った乾しいたけの生産が盛んにおこなわれています。冬の寒さのなか、原木の栄養を吸収して育ったしいたけは肉厚できめ細やか。プリプリした食感と歯ごたえがたまりません。

JA全農えひめが開発したオリジナル品種「媛王(ひめおう)」などは、大きいものだと大人のゲンコツくらいの大きさまで育ち、しいたけステーキやコロッケ、ソテーにすると絶品です。

また、日吉夢産地では「しいたけまつり」「柚鬼媛まつり」など、地元の特産品やしいたけの原木を販売するイベントも開催されています。ゆずとしいたけを使った特産品「椎茸とゆずの入った味噌」は、日吉夢産地オリジナル商品です。愛媛の味を同時に楽しめるお土産として、観光客にも人気があります。

©2018 Makoto Kujiraoka

購入は、日吉夢産地より。

Top image: © Makoto Kujiraoka

そこにある、それがいい。TABI LABOの国内トピック『JAPAN LOCAL』をまとめて見るならコチラ

新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
冷蔵庫のなかった時代から続く郷土料理には、地元で採れた食材を塩や味噌などを使って保存食に加工したものが多いのですが、福島県の「にしんの山椒漬け」は、遠く北...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
47都道府県のおいしいものを探していると各地で見つかる、「おかず味噌系」の食べ物。その代表格が、和歌山の「金山寺味噌」ではないでしょうか? なんせ金山寺味...
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
青森県で古くから愛されているご飯のお供と言えば「味よし」。普通であれば、山菜漬けや、魚介の塩辛をイメージするからもしれませんが、「味よし」は数の子、昆布な...
白くない「ちゃんぽん」があると聞き、愛媛県の八幡浜市へ。いわゆる長崎ちゃんぽんのような白濁の豚骨ベースではなく、鶏ガラや、かつおだし・昆布だしをベースにし...
日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
イカを使った漬物と聞くと、ついつい一番身近なイカの塩辛をイメージしてしまいますが、この「するめ糀漬け」はまったく別モノ。その名の通り、塩ではなく糀(こうじ...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
滋賀県は、その面積の6分の1を琵琶湖が占めていて、海のない滋賀県にとって琵琶湖で穫れる鮎や鴨は貴重なタンパク源でした。とくに琵琶湖北部の長浜市には鴨料理を...
鹿児島の名産といえば、黒豚に奄美のサトウキビから作るお砂糖、それに地元産の麦味噌を加えて作った「黒豚みそ」が有名。ご飯のお供としてはもちろん、野菜スティッ...