お遍路の四国から始まる、新しい文化。キーワードは「サイクリング」

1200年の歴史を誇る、四国のお遍路文化。これまで数多くの人たちが、弘法大師(空海)の足跡をたどり、88ヶ所もの霊場を巡礼してきた。これは四国を表す、ひとつの文化となっている。

そしてもうひとつ、新たに四国の文化になろうとしているのが「サイクリング」だ。

愛媛から愛媛へ
サイクリングアイランド四国

愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島(ホァンダオ)というサイクリング計画を参考に、中村時広・県知事が仕掛け人となってサイクリングアイランド四国の実現に挑戦している。ひとつの「島」を一周する達成感を、ここで味わうことができる。

実は先日、四国一周と同じ距離でサイクリング先進国の台湾を、ぐるっと自転車でまわった。豊かな自然あり、うまい飯あり、そして走りやすい環境あり。この三拍子がそろった台湾では、50名ほどのサイクリスト集団と何度もすれちがった。サイクリングロードが完成したことによって、これまで観光客が少なかった地域にも人が訪れるようになったらしい。

だけど、都市が集中し工場や車の交通量の多い西側は、排気ガスなどで空気が綺麗とはいえず、マスクを着用しないと走れないという不便さもあった。だからこそ、大気汚染を気にすることが少ない日本では、サイクリングをより快適に行うことができるのではないかと感じた。

四国では自然環境の良さも生かし、台湾と同じようにサイクリングを通して、ひとつの「観光」を生み出そうとしている。

スタートからゴールまで
たくさんのサポート

1,000キロというと、途方もなく長い距離に感じられるかもしれないが、四国では、初心者から上級者までが楽しくサイクリングできるようにサポートも充実している。ポイントは、「あるとうれしい」ことが用意されているところだ。

まず、愛媛県の松山空港には、更衣室サイクルステーションが設置されている。訪れてすぐに着替えと自転車のメンテナンスができるため、サイクリングをスムーズに開始できる。週末の限られた時間を有効活用したい人にも便利だ。

たくさんの休憩所があるところも良い。愛媛県内には、地域住民が提供する休憩所「サイクルオアシス」が300ヶ所も設置されており、給水やお手洗い、空気入れの貸し出しを行っている。ここで、他のサイクリストや現地の人と交流しながらサイクリングをするのも、楽しいかもしれない。

そして、愛媛県内には、土日祝日、春や秋などの期間限定のものもあるが、鉄道やバスにそのまま自転車を乗せることができるようになっている。基本的に日本では、自転車のタイヤを外し専用の大きなバッグに入れなければ、鉄道やバスの車内に持ち込むことができない。荷物と自転車をかついで運ぶ労力を省くことができるのは、これまでなかなか実現しなかった「あるとうれしい」ことだ。愛媛県では、交通事業者と連携を深めて、このような取り組みを徐々に広げていこうとしている。

日本での先駆けとなる、四国のサイクリングツーリズム。それは、「車がないと不便」という地方観光のイメージを取り払い、「自転車移動を旅として楽しむ」という新しい提案なのだ。美しい景観や美味しい食事。そこにある良いものを楽しむ観光が、ここで始まっている。

Licensed material used with permission by 愛媛県自転車新文化推進協会

関連する記事

厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
日本三大カルストの中で、最も標高が高い「四国カルスト」内で見ることができる風景を紹介する。「四国カルスト」は天空の道とも例えられ、ドライブやツーリングで人...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
新しい時代の都市と自然と人々のありようや、新たな建築、空間のありようを模索する建築集団「チームラボアーキテクツ」が保育園を設計。
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
香川県の特産品「和三盆」をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできた「ラム酒」。
「たくさんの人がうどん食べに来てくれるけど、夜はみんな他の県に行ってしまう。夜も香川でおもてなししたい!」 そんな香川県の思いを叶えるべく、特産品である希...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
「触ってるだけで落ち着く」「手持ちぶさた解消」など、不思議な中毒性で大人がどハマりするフィジェットトイ(暇つぶし用玩具)に、新たなアイテムが登場
日本一かつおを食べる県、高知。「土佐の赤かつお」は高知県で150年以上続く、地元の魚屋さん「上町池澤本店」が秘伝のタレを使って開発したかつおフレークです。...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。激辛薬味「みまから」の原料は、古くからこの美馬地...
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
都内からも近く、ご当地グルメもたくさんあり、自然溢れる観光資源に恵まれた街「山梨県」の魅力をお届けします!
「スノーピーク」が体験型グランピング施設「snow peak glamping ​TOKUSHIMA KOMATSUSHIMA」を今週4月16日(金)にオ...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
堀田昌意さんのインタビューの後編では、農業にのめり込んだきっかけ、堀田さんが考える農家のあり方、そして今後どのように発展、成長していきたいかなどをお聞きし...
決して、とんでもない“ダメージ”をくらうわけではありません。が、地味にテンションが下がる「液だれ」。テーブルは汚れるし、なんだか次に使う人に対しても申し訳...
福島県飯舘村は、東日本大震災で深刻な避難区域に指定され、2010年に6209人いた人口は41人になった。徐々に回復しているものの、全7校あった教育施設は移...