お遍路の四国から始まる、新しい文化。キーワードは「サイクリング」

1200年の歴史を誇る、四国のお遍路文化。これまで数多くの人たちが、弘法大師(空海)の足跡をたどり、88ヶ所もの霊場を巡礼してきた。これは四国を表す、ひとつの文化となっている。

そしてもうひとつ、新たに四国の文化になろうとしているのが「サイクリング」だ。

愛媛から愛媛へ
サイクリングアイランド四国

7f93ed21aea0080da1bc08c8b9a7f6b47547b865

愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島(ホァンダオ)というサイクリング計画を参考に、中村時広・県知事が仕掛け人となってサイクリングアイランド四国の実現に挑戦している。ひとつの「島」を一周する達成感を、ここで味わうことができる。

実は先日、四国一周と同じ距離でサイクリング先進国の台湾を、ぐるっと自転車でまわった。豊かな自然あり、うまい飯あり、そして走りやすい環境あり。この三拍子がそろった台湾では、50名ほどのサイクリスト集団と何度もすれちがった。サイクリングロードが完成したことによって、これまで観光客が少なかった地域にも人が訪れるようになったらしい。

だけど、都市が集中し工場や車の交通量の多い西側は、排気ガスなどで空気が綺麗とはいえず、マスクを着用しないと走れないという不便さもあった。だからこそ、大気汚染を気にすることが少ない日本では、サイクリングをより快適に行うことができるのではないかと感じた。

四国では自然環境の良さも生かし、台湾と同じようにサイクリングを通して、ひとつの「観光」を生み出そうとしている。

スタートからゴールまで
たくさんのサポート

C762fa6d35c0a4fe5658b5fe3dd8a7c615b243e0

1,000キロというと、途方もなく長い距離に感じられるかもしれないが、四国では、初心者から上級者までが楽しくサイクリングできるようにサポートも充実している。ポイントは、「あるとうれしい」ことが用意されているところだ。

まず、愛媛県の松山空港には、更衣室サイクルステーションが設置されている。訪れてすぐに着替えと自転車のメンテナンスができるため、サイクリングをスムーズに開始できる。週末の限られた時間を有効活用したい人にも便利だ。

たくさんの休憩所があるところも良い。愛媛県内には、地域住民が提供する休憩所「サイクルオアシス」が300ヶ所も設置されており、給水やお手洗い、空気入れの貸し出しを行っている。ここで、他のサイクリストや現地の人と交流しながらサイクリングをするのも、楽しいかもしれない。

そして、愛媛県内には、土日祝日、春や秋などの期間限定のものもあるが、鉄道やバスにそのまま自転車を乗せることができるようになっている。基本的に日本では、自転車のタイヤを外し専用の大きなバッグに入れなければ、鉄道やバスの車内に持ち込むことができない。荷物と自転車をかついで運ぶ労力を省くことができるのは、これまでなかなか実現しなかった「あるとうれしい」ことだ。愛媛県では、交通事業者と連携を深めて、このような取り組みを徐々に広げていこうとしている。

Be7e3e59b4eb733545eade78ddcd023b0f444f0eBd19ad8eeff944aa267a57a3f57e50717c5ece95Fa491498a0eabc1232795f90382eaac5b517ee593804be2168a134ef1ed062715716d77666c08dfe

日本での先駆けとなる、四国のサイクリングツーリズム。それは、「車がないと不便」という地方観光のイメージを取り払い、「自転車移動を旅として楽しむ」という新しい提案なのだ。美しい景観や美味しい食事。そこにある良いものを楽しむ観光が、ここで始まっている。

Licensed material used with permission by 愛媛県自転車新文化推進協会
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
日本三大カルストの中で、最も標高が高い「四国カルスト」内で見ることができる風景を紹介する。「四国カルスト」は天空の道とも例えられ、ドライブやツーリングで人...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
「たくさんの人がうどん食べに来てくれるけど、夜はみんな他の県に行ってしまう。夜も香川でおもてなししたい!」 そんな香川県の思いを叶えるべく、特産品である希...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
白くない「ちゃんぽん」があると聞き、愛媛県の八幡浜市へ。いわゆる長崎ちゃんぽんのような白濁の豚骨ベースではなく、鶏ガラや、かつおだし・昆布だしをベースにし...
「はなれ」は、徳島県那珂町木頭地区という「木頭ゆず」が特産の地域にあるゲストハウス。中野みね子さんは、アマチュアカメラマンだった夫・中野健吉さんの「したい...
ロシアのソユーズロケットに乗って宇宙を旅した、高知県ひまわり乳業の乳酸菌。その子孫たちを使って作られたグミ、その名も「宇宙のグミ」を紹介する。商品開発の経...
仁淀川は、四万十川、吉野川と並ぶ四国三大河川の一つ。なんと、全国1級河川の水質ランキングで、3年連続第1位を獲得中。
愛媛県も八幡浜市は日本でも有数のみかんの街ですが、加工品の「みかんジュース」もまた、たくさんの種類があります。糖度13度のもの、愛媛県の「まどんな」を使っ...
徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。「みまから」の原料は、古くからこの美馬地方で栽培...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
愛媛県・八幡浜港のすぐ脇にある「コダテル」という不思議なスペース。宿泊もできるし、コワーキングスペースにもなる。現代版の公民館みたいでもあるし、ゲストハウ...
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
「忘れかけてた 恋しい景色 小さな手を握りしめて 行こう 帰ろう」。そんな優しい歌とともに始まる、秋田県を題材にした動画をご紹介。切り取られたのは、家族で...
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
徳島県にある四国最古の禅寺、城満寺にて、奉納献花が行われた。海陽町の花材を使って、土地の龍神をモチーフにした石庭を造るという試みに込められた思いとは? 華...