年貢を納めてキミも“村民”になってみないか?(2,000人もいるらしいよ)

3,000円の“年貢”を納めれば誰でも“村民”になれる村があると聞けば、ちょっと興味本位で納めてみたくなってしまったのは僕だけではないはず。

実際、この村=「シェアビレッジ(SHARE VILLEGE)」というプロジェクトがスタートしてわずか2年で村民数は2,000人を超え、村民になると秋田の美しい古民家に宿泊できたり、“寄合”と呼ばれる飲み会があったり、さらには年に一度のお祭りとして音楽フェスが開催されたりと、なんだかワクワクするようなアクティビティが盛りだくさん。シェアビレッジって、一体なに…?

古民家に泊まって100年前に
タイムスリップ!

どこか日本人の琴線に触れる広々とした美しい古民家、一度は泊まってみたいですね。

ここは秋田県五城目町。人口は1万人足らず。今も古き良き日本の原風景が残っていて、職人や造り酒屋が集積し、農林業をベースとした昔ながらの暮らしが営まれています。2015年の春、この築100年以上の古民家がシェアビレッジの拠点&宿泊施設となり、たくさんの“村民”を迎え入れているのです。

実際、村民になって古民家に宿泊した方に率直な感想を聞いてみると…。

広くて静かな古民家で、囲炉裏がかっこいい!自然な時や空気の流れで、町も木も川も家も出迎えてくれたみたいな感覚で気持ちよかったです。(高木秀人さん・30代後半男性)

古い&暗いで怯えていたけれど、思っていたほど怖くなかったです(笑)。いろりとか土間とか、窓から見える景色とか、昔の人の暮らしぶりを想像しながら古民家を見渡すと楽しいですよ。(鎌田志津子さん・30代女性)

さらに話を伺うと、初期からの村民のひとりであり都内で居酒屋を営んでいる高木さんは、田舎への憧憬に加えて、少子化/国際化が進展するなかで田舎の課題や町起こしに興味があったと言います。
 
また、ご両親が秋田県五城目出身だという鎌田さん(ご自身は神奈川育ち)は、寂れていく一方の故郷がシェアビレッジによってどう変わっていくのか、また変わるために自分でも何かできることがしたかったと。想いは様々だけれど、シェアビレッジという磁場に引き寄せられて、今日もどこかで村民が産声を上げているというわけです。

越境する村民たちがつくる
新たなつながり

スタートから約2年、シェアビレッジの村民はざっと2,000人に。47都道府県すべてに存在する規模となり、拠点である秋田五城目町と香川県三豊市仁尾町をベースとして大きなネットワークを築きつつあります。プロジェクトが目指す日本そのものをひとつの村として活性化させるという壮大な構想が、ゆっくりと、着実に具現化しているのです。

とりわけ年に一回のお祭り=「一揆フェス」ではライブコンサートやたくさんの出店があり、全国から集まった村民が地元の方々と入り混じって大いに盛り上がるそう。ほら、理屈抜きでますます村民になってみたくなったでしょ?

開村前の「シェアビレッジ」の紹介ムービーがこちら

年貢に寄合、一揆に越後屋って
どういうこと…?

では改めて、冒頭で触れたシェアビレッジの仕組み=年貢・寄合・里帰・一揆について詳しくご紹介しましょう。

 【年貢 / NENGU】
いわゆる年会費として3,000円の「年貢」を納めると誰でも村民になれます。好きな時に好きな村に行って古民家に泊まるなど田舎体験をしたり、村民同士や地元の方と交流したり、あるいはサテライトオフィスとして仕事をしたり、たのしみ方の可能性はまさに無限大です。

【寄合 / YORIAI】
田舎に行くためには、どうしてもまとまった時間が必要。でも、村民同士の交流の場として都市部で「寄合」と呼ばれる飲み会やお花見、バーベキューなどが定期的に開催されています。都会と田舎の物理的な距離を超えたつながりを生み、日本の共助社会をもう一度取り戻すべく、村づくりが進められているのです。

【里帰 / SATOGAERI】
村民同士が仲良くなることで生まれるのが「里帰」。仲良くなった村民同士で実際に自分たちの村に遊びに行きましょう!いつ行っても楽しめるように村では様々な企画が用意されています。

【一揆 / IKKI】
年に一回のお祭りとして「一揆」という名のフェスが行われます。多くの出店やアーティストによるライブ、全国から集まった村民や地元の方々入り混じって大いに盛り上がるこの一揆、2017年は8月12日(土)に開催です!

【越後屋 / ECHIGOYA】
2017年4月に新たにスタートした「to B(企業向け)」のプランで、古民家をサテライトオフィスとして使ってもらおうというもの。自然豊かな環境に加え(生産性もアップ!?)、シェアビレッジを介して地域住民・地域企業とつながる最短ルートが「越後屋」なのです。

いわゆるゲーミフィケーションというか、シリアスな課題に対してもユーモアと創造力でエンターテインメントにネガポジ反転させてしまうこの発想、ホント面白いなぁ。各地のさまざまな地域活性化事業でも、ぜひ参考にしてほしいですね。

Licensed material used with permission by SHARE VILLAGE
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
香川の名物と言えば、やっぱりうどんでしょうか。90年代後半から始まった大うどんブームは一過性のもので終わらず、香川には現在でも多くのうどん目当ての観光客が...
「たくさんの人がうどん食べに来てくれるけど、夜はみんな他の県に行ってしまう。夜も香川でおもてなししたい!」 そんな香川県の思いを叶えるべく、特産品である希...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
日本の「国立公園」と聞いてもあまりピンと来ない人が多いかもしれませんが、全国で34ヶ所(2018年10月現在)あり、国土面積の5.8パーセントを占めている...
「忘れかけてた 恋しい景色 小さな手を握りしめて 行こう 帰ろう」。そんな優しい歌とともに始まる、秋田県を題材にした動画をご紹介。切り取られたのは、家族で...
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
日本の自然をテーマにした動画はよく見かけますが、山陰地方にフォーカスしたものは少ないように感じます。これは「山陰地方の自然と文化の魅力」が、これでもかって...
大阪で働いていたサラリーマンが、移住先として選んだのは宮城県丸森町という人口1万4000人ほどの消滅可能性都市。「まるまるまるもりプロジェクト」という起業...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
立派な門構えから一歩足を踏み入れると、緑あふれる自然に歓迎された。その向こうには大きな日本家屋の屋根が見える。千葉の房総、長南町(ちょうなんまち)で現代に...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
秋田の「いぶりがっこ」は、簡単に言えば燻った大根。「がっこ」とは秋田の方言で漬物のことで、秋田県南部では古くから「いぶり漬け」と呼ばれ愛されてきました。こ...
ここ数年、地方の魅力を発信するムービーを数多く見かける。ときにそれはネットを通して世界中を駆け巡り、海外から「amazing!」の声が届くこともしばしばだ...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
天空の鏡にたとえられるウユニ塩湖や、澄んだフィヨルドを写し出した写真に私たちが旅情をかきたてられるのと同じように、きっとこの動画を目にした多くの外国人が「...