瀬戸内海に浮かぶ、小さな宿「guntû」

高校を卒業するまでの18年間を瀬戸内地方で過ごした僕は、この頃かなり困惑している。

だって、当該エリアの近年の脚光の浴び方は、ハッキリ言って異様。一歩引いた中立な目で見ても、ある種のブームと呼んで差し支えないほどの熱量を感じる。「全国ツアー」と銘打たれながら、なぜか華麗にスルーされることも少なくなかった中四国。そんな切ない現実にも慣れっこの故郷が、日本人はもちろん、海外の人たちの興味を引いているなんて、そりゃ戸惑わないわけがない。

そもそも、あくまでも肌感覚だが、コトの発端は2006年ではないだろうか。映画『UDON』の公開により、讃岐の名店を巡る観光客が急増。比較的ローコストで満足できるため、それまで観光資源に乏しいとされていた瀬戸内を気軽に訪れる気運が高まり始めた。 

さらに大きかったのは、2010年の「第1回瀬戸内国際芸術祭」。その中核を成す地中美術館自体は2004年に設立されているものの、爆発的に知名度を高めたのは芸術祭によるところが大きいと感じている。

その後も、2014年「ONOMICHI U2」のオープンや、そこを起点とする「しまなみ海道サイクリング」など、着々と人が集まる魅力を高め続けてきた瀬戸内。やや自虐を含んだ前置きが長くなってしまったが、このような一連の流れがあるからこそ、この「guntû(ガンツウ)」が生まれたと僕は思っている。

瀬戸内からの「新たな提案」

2dbea3a07e3f52e02ffdce4f383383b0ce9207ca1076ba0a676860d785b38181263744c8ed65739f

ガンツウとは、瀬戸内海沿岸の景勝地を漂泊しながら周遊する宿泊型の客船。広島県尾道市にあるベラビスタマリーナを発着地とし、宮島・音戸の瀬戸付近、直島・犬島などを巡る5つの航路を1〜3泊で周る「小さな宿」だ。

このコンセプトの時点で、僕はもうこの船に惹かれている。が、以下のラグジュアリーな客室イメージは、さらなる興味を喚起してくれる。

4種類・全19室の客室

70253c442edc204db8bc75395ffac997fffd2574

一歩足を踏み入れた瞬間に目の前に広がるのは、瀬戸内海の繊細な風景。季節や時間によって変化する海の色彩を楽しめる。もちろん、全室テラス付きスイートルーム。海風を浴びながら、旅への期待に心を躍らせよう。

ではここで、全4種類のうち2つを紹介。

「ザ・ガンツウスイート」

3dd8458e899d6689417b1a2132e7ed628e4a4164C4dd5d1a9cd745c4672019397c040e13423f8a58

進行方向の景色を一望できる唯一の客室。ガンツウ随一の特別な空間となっている。

「グランドスイート」

344d57da8b161679204b9def7c48a90f6468fefd

全客室の中で、最も広いテラスが特徴。大きく取られた窓からは、暖かな光が注ぎ込む。

C9a7d2c30cc5480744dff484b30bf8dd5755c8f0

船内には、客室以外にも、スパやサウナ、ジムなどが用意されている。そして、旅に欠かせない「食」だって上質なもの。

ゆったりと漂泊する中で出会う
土地ごとの「豊かな食材」

38c3bc81b48d284fc88b37fde440c923d2f6b6fb
Photo by Tetsuya Ito Courtesy of Setouchi Cruise

食材の調達先は、瀬戸内の西から東まで、じつに多彩。一人ひとりに喜んでもらうことを第一に、その日の天候や気分、普段の好みに合わせた献立を作ってくれるとのこと。

充実の「船外体験」も魅力

7828801b7e2c81dad0cf92e57d7b844f3a9b5f78
Photo by Tetsuya Ito Courtesy of Setouchi Cruise

宿泊型の客船とはいえ、ただ漂泊するだけではない。島々のささやかな日常に触れられる「船外体験」も用意されている。無人島の海岸や島にある古刹の散策、採石場や定置網の見学など、この旅でしか味わえない特別な体験も、ガンツウならではの旅の醍醐味だろう。

Dc0b10e126fddc8da881b668d3f01397530a8b85

「瀬戸内海に沈む夕陽」は、これまでに見た世界各国の景色の中でも、トップクラスに胸を打つ。決して大げさではなく、僕はそう思っている。もし願いが叶うなら、客室のベッドに寝転びながら、またテラスの露天風呂に浸かりながら堪能してみたい。

A1f70c7663b8e1ea422f808e3150800429aeafd3
Photo by Tetsuya Ito Courtesy of Setouchi Cruise

ちなみに「ガンツウ」とは、瀬戸内海に広く生息する「イシガニ」を表す尾道市の方言。ワタリガニと比較して知名度も低く身が多いわけでもないけれど、美味しい出汁が取れるため、味噌汁や鍋に使われることも多いらしい。そんな味わい深いカニのように、時が経つほどに地元の人たちから愛される存在となることを願って命名されたそうだ。

1c7901877628c4bb76450c18c4b58981e26ef6ee
Photo by Yoshiaki Tsutsui Courtesy of Setouchi Creative & Travel

今年10月17日(火)に就航予定で、料金は1室2名利用の場合、1泊40万円から。これには、広島空港およびJR福山駅からベラビスタマリーナまでの送迎、船内での飲食、船外体験が含まれている。

宿泊予約は、帝国ホテル本館中2階に設けられたガンツウ ギャラリーおよび電話にて。ただし、ギャラリーへの来店自体も完全予約制なのでご注意を。

それにしても、今も瀬戸内では、魅力的な観光プロジェクトが進行していたりするのだろうか?うどん、アート、自転車、船……さあ、その次は?

僕はまだまだ、故郷の“ポジティブな違和感”に戸惑いたい。

Licensed material used with permission by 株式会社せとうちホールディングス
以前、TABI LABOでも紹介した「guntû(ガンツウ)」。瀬戸内海を周遊する宿泊型の客船で、ついに2017年10月17日(火)に就航するそうです。一...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
雑誌WIREDの表紙を飾るなど世界的に注目度の高い、煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...
「たくさんの人がうどん食べに来てくれるけど、夜はみんな他の県に行ってしまう。夜も香川でおもてなししたい!」 そんな香川県の思いを叶えるべく、特産品である希...
福島県南会津郡に位置する大内宿は、かつて会津若松と日光・今市を結ぶ南山通りの宿駅のひとつとして栄えた宿場町。国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定される...
豊かな瀬戸内の幸のなかでも、とくに岡山県民が愛してやまないのが「サッパ」。ニシン科の魚で地域によって呼び名が違いますが、どちらかというと雑魚扱い。でも岡山...
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
愛媛県の八幡浜にある「風の樹」は、ご主人の林茂さんがひとりで切り盛りする1日1組限定の宿。海岸沿いの高台にある一軒家で、そこから眺める夕陽はとにかく絶景な...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
広島の知られざる魅力を詰め込んだ、究極のガイドブック「カンパイ!広島県」の第3弾「広島秘境ツアーズ」が発表されました。その人気ぶりは凄まじく、明日の6月2...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
江戸日本橋を起点とし、四十三番目の宿場町となる「馬籠宿」。そこには石畳の街道の両脇に江戸の面影を残す集落が広がっています。さらに見る、食べる、泊まる、そし...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
日本の自然をテーマにした動画はよく見かけますが、山陰地方にフォーカスしたものは少ないように感じます。これは「山陰地方の自然と文化の魅力」が、これでもかって...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...