ドイツで言われた「Hey SHIMANAMI」から感じた「しまなみ」の注目度

以前、ドイツの田舎道をサイクリングしていたとき、現地のおじさんにこう声をかけられたのだ。

「Hey SHIMANAMI」

おじさんはニヤリとした表情で、僕のロードバイクを指差してきた。海外で突然話しかけられることには慣れているけれど、「シマナミ」という言葉がすぐにはピンとこなくて、顔をしかめてしまった。このおじさん、人違いで僕に話しかけているのではなかろうか? 少し戸惑いながらもその言葉に耳を傾けていると、なんとなく話の筋が見えてきた。

どうやら、あの「しまなみ」の話のようだ。

世界のサイクリストが憧れる
瀬戸内海

Bc396fa7f5261cb5d1932fa929930728200020e7

「しまなみ海道サイクリングロード」は今、海外のサイクリストたちからも注目を集めている。瀬戸内海に面した広島・尾道から愛媛・今治間に通じている、全長約70kmのサイクリングロードだ。

2015年には、米CNN「世界の最も素晴らしいサイクリングロード」に選ばれ、海外での認知度も高まっているのだ。あのおじさんも、しまなみ海道に憧れているサイクリストのひとりだったようだ。風のウワサでは聞いていたものの、まさか本当に海外で「しまなみ」の話を聞くとは思わなかったので、改めてその注目の高さを感じた。

サイクリングライフを
ココから始めるという贅沢

727c2531c50f25f59c0253873f6e8b115f878688

「サイクリングって、意外と敷居が高いよね」

以前、友達に言われたことがある。自分にはどんな自転車が合うのか、どこが安全に走れるのか、そもそも自分の体力の限界はどの程度なのか。初心者にとっては、不確定な要素が多い。サイクリングを始めてみたいけど、なかなか一歩を踏み出せないという人も多いだろう。そんな人に紹介したいイベントがある。

11月26日に開催される「瀬戸内しまなみ・ゆめしま海道サイクリング大会2017」は、初心者でも参加しやすいコースが設けてあるので、世界のチャリラーが憧れるほどの場所でサイクリングライフを始めることができる、贅沢な機会だ。

瀬戸内海沿いでは、海の向こう側に並んでいる島々を眺めながら、サイクリングできる。これが、しまなみ海道の魅力だと思う。日本全国の海沿いを走ってみると、海の向こう側といえば「地平線」の場合がほとんどだ。 

58ce9d3b3bcfee7f4755dc20ff2cfb16c5a4d1f7

この機会に、行ってみようか、しまなみのサイクリングロード。実は、僕はまだ、しまなみ海道を走ったことがない。2年前の夏に、そこを目指して渋谷から尾道まで自転車をこいだのだけれど、あいにく台風とぶつかってしまった。尾道側のサイクリングロードの入り口から、トボトボと引き返したのを覚えている。

あの「苦い経験」から2年。ようやく、しまなみ海道へ行くときがやってきたのかもしれない。

【大会概要】
正式名称:瀬戸内しまなみ・ゆめしま海道サイクリング大会2017
開催日時:平成29年11月26日(日) 雨天決行
応募期間:平成29年9月1日(金)~10月31日(火)
*詳しくは、コチラ

Licensed material used with permission by 一般社団法人しまなみジャパン
都市空間での最適な移動手段を追求し続け、Folding BikeやCross Bikeを展開する「Tern Bicycles(ターンバイシクルズ)」。ここ...
以前、TABI LABOでも紹介した「guntû(ガンツウ)」。瀬戸内海を周遊する宿泊型の客船で、ついに2017年10月17日(火)に就航するそうです。一...
マウンテンバイクを使ったダウンヒルレース「Red Bull Holy Ride」は、今年2017年で6回目で、これまでにも京都の石清水八幡宮や、愛媛の石鎚...
あらためて簡単に説明しておくと、「サードウェーブ◯◯」とはコーヒー業界の言葉です。豆の質にこだわり一杯一杯を丁寧に淹れる、最近日本で話題になった『ブルーボ...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
ガンツウは、瀬戸内海沿岸の景勝地を漂泊しながら周遊する宿泊型の客船。広島県尾道市にあるベラビスタマリーナを発着地とし、宮島・音戸の瀬戸付近、直島・犬島など...
鹿児島県の離島が美しい4K動画。「超絶景動画」と評判を呼んだ作品。リズミカルな音楽とともに、コバルトブルーの海や、原生林が広がる山など、離島ならではの風景...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
おじゃましまーす!と、言いたくなるほど生活感あふれるミニチュアハウス。誰かが住んでるんじゃないかって思うくらい、住人の個性が出ている。Hank Cheng...
紅葉もいいけれど、それ以外の「秋」の自然の楽しみ方として「のこのしまアイランドパーク」のコスモス畑を紹介する。ビビッドなコスモスと海のブルーが見事なコント...
新潟県、佐渡島(さどがしま)。現在は島全体が佐渡”市”となり約5万6,000人が暮らしているが、ほかの地方と同様に、人口減少や高齢化が進んでいるという。し...
広島の知られざる魅力を詰め込んだ、究極のガイドブック「カンパイ!広島県」の第3弾「広島秘境ツアーズ」が発表されました。その人気ぶりは凄まじく、明日の6月2...
青い空と、エメラルドグリーンの海。最高に決まってる。それだけで「今年の夏も、いい思い出ができたな」なんて思ってしまいます。もちろん、海外旅行で特別な時間を...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
かつては、新婚旅行の人気エリアだった「宮崎」。1960年代から数十年間に渡り、多くのカップルたちが訪れていました。中でも新婚旅行ブームの人気を支えたのが、...
これは、アーティストのNeil Mendozaさんによる、ちょっと変わったビートルズ『Here Comes the Sun』の演奏。
新生活に合わせてラグをお探しなら、「会話のきっかけ」になるこんなユニークアイテムも選択肢に入れてみては?