ドイツで言われた「Hey SHIMANAMI」から感じた「しまなみ」の注目度

以前、ドイツの田舎道をサイクリングしていたとき、現地のおじさんにこう声をかけられたのだ。

「Hey SHIMANAMI」

おじさんはニヤリとした表情で、僕のロードバイクを指差してきた。海外で突然話しかけられることには慣れているけれど、「シマナミ」という言葉がすぐにはピンとこなくて、顔をしかめてしまった。このおじさん、人違いで僕に話しかけているのではなかろうか? 少し戸惑いながらもその言葉に耳を傾けていると、なんとなく話の筋が見えてきた。

どうやら、あの「しまなみ」の話のようだ。

世界のサイクリストが憧れる
瀬戸内海

Bc396fa7f5261cb5d1932fa929930728200020e7

「しまなみ海道サイクリングロード」は今、海外のサイクリストたちからも注目を集めている。瀬戸内海に面した広島・尾道から愛媛・今治間に通じている、全長約70kmのサイクリングロードだ。

2015年には、米CNN「世界の最も素晴らしいサイクリングロード」に選ばれ、海外での認知度も高まっているのだ。あのおじさんも、しまなみ海道に憧れているサイクリストのひとりだったようだ。風のウワサでは聞いていたものの、まさか本当に海外で「しまなみ」の話を聞くとは思わなかったので、改めてその注目の高さを感じた。

サイクリングライフを
ココから始めるという贅沢

727c2531c50f25f59c0253873f6e8b115f878688

「サイクリングって、意外と敷居が高いよね」

以前、友達に言われたことがある。自分にはどんな自転車が合うのか、どこが安全に走れるのか、そもそも自分の体力の限界はどの程度なのか。初心者にとっては、不確定な要素が多い。サイクリングを始めてみたいけど、なかなか一歩を踏み出せないという人も多いだろう。そんな人に紹介したいイベントがある。

11月26日に開催される「瀬戸内しまなみ・ゆめしま海道サイクリング大会2017」は、初心者でも参加しやすいコースが設けてあるので、世界のチャリラーが憧れるほどの場所でサイクリングライフを始めることができる、贅沢な機会だ。

瀬戸内海沿いでは、海の向こう側に並んでいる島々を眺めながら、サイクリングできる。これが、しまなみ海道の魅力だと思う。日本全国の海沿いを走ってみると、海の向こう側といえば「地平線」の場合がほとんどだ。 

58ce9d3b3bcfee7f4755dc20ff2cfb16c5a4d1f7

この機会に、行ってみようか、しまなみのサイクリングロード。実は、僕はまだ、しまなみ海道を走ったことがない。2年前の夏に、そこを目指して渋谷から尾道まで自転車をこいだのだけれど、あいにく台風とぶつかってしまった。尾道側のサイクリングロードの入り口から、トボトボと引き返したのを覚えている。

あの「苦い経験」から2年。ようやく、しまなみ海道へ行くときがやってきたのかもしれない。

【大会概要】
正式名称:瀬戸内しまなみ・ゆめしま海道サイクリング大会2017
開催日時:平成29年11月26日(日) 雨天決行
応募期間:平成29年9月1日(金)~10月31日(火)
*詳しくは、コチラ

Licensed material used with permission by 一般社団法人しまなみジャパン
都市空間での最適な移動手段を追求し続け、Folding BikeやCross Bikeを展開する「Tern Bicycles(ターンバイシクルズ)」。ここ...
以前、TABI LABOでも紹介した「guntû(ガンツウ)」。瀬戸内海を周遊する宿泊型の客船で、ついに2017年10月17日(火)に就航するそうです。一...
マウンテンバイクを使ったダウンヒルレース「Red Bull Holy Ride」は、今年2017年で6回目で、これまでにも京都の石清水八幡宮や、愛媛の石鎚...
ガンツウは、瀬戸内海沿岸の景勝地を漂泊しながら周遊する宿泊型の客船。広島県尾道市にあるベラビスタマリーナを発着地とし、宮島・音戸の瀬戸付近、直島・犬島など...
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
あらためて簡単に説明しておくと、「サードウェーブ◯◯」とはコーヒー業界の言葉です。豆の質にこだわり一杯一杯を丁寧に淹れる、最近日本で話題になった『ブルーボ...
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
愛媛県は、2017年3月に「四国一周1,000キロルート」を発表した。これは、四国を周遊するサイクリングロード。台湾が取り組んでいる、台湾島を一周する環島...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
子供が生まれたことををきっかけに、家族とともに東京から大三島に移住した小松洋一さんは、島の名産であるみかんを使った「みかん酵母パン」作りに励んでいる。大三...
聞きなれないかもしれないが、「多島美(たとうび)」とは、瀬戸内海など内海に浮かぶ、小さな島々が連なる様子を形容した言葉だ。連なる島々にはそれぞれ魅力がある...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
「何にもない」。地方出身者なら、地元のことを一度はこんな風に思ったことがあるんじゃないでしょうか。かくいう私もその一人。だから、福岡県宗像市の大島にある「...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
白くない「ちゃんぽん」があると聞き、愛媛県の八幡浜市へ。いわゆる長崎ちゃんぽんのような白濁の豚骨ベースではなく、鶏ガラや、かつおだし・昆布だしをベースにし...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
じゃこ天は、愛媛県の八幡浜市や宇和島市などがある南予地方で作られる、魚の練り物を油で揚げたもの。「昔は、くずしって呼んでました。たくさんの雑魚(ざこ=じゃ...
新潟県、佐渡島(さどがしま)。現在は島全体が佐渡”市”となり約5万6,000人が暮らしているが、ほかの地方と同様に、人口減少や高齢化が進んでいるという。し...
愛媛県も八幡浜市は日本でも有数のみかんの街ですが、加工品の「みかんジュース」もまた、たくさんの種類があります。糖度13度のもの、愛媛県の「まどんな」を使っ...