行き方、定番スポット、グルメ。旅行前にチェックすべき、静岡県島田市の基本情報

牧之原台地を中心にお茶の生産が盛んな静岡県島田市。ここは、お茶スイーツをはじめとするお茶グルメや、お茶文化を発信する「ふじのくに茶の都ミュージアム」など、とにかくお茶だらけです。

そんな島田の基本情報をまとめました。

島田って、どこ?

島田市は、ここ。

静岡県の中央、静岡市と浜松市の間に位置する島田市は、人口約9万9千人(2018年7月末時点)の都市です。

アクセス方法は?

島田は、新幹線が停車する静岡駅や掛川駅、浜松駅からのアクセスが便利。また、JR島田駅から路線バスで約25分のところには、富士山静岡空港があります。

静岡県東部から
鉄道:静岡駅→島田駅
JR東海道本線 500円 約30分

静岡県西部から
鉄道:浜松駅→島田駅
JR東海道本線 840円 約45分

JR島田駅には、静岡県内の鉄道の駅から在来線でアクセスできます。

富士山静岡空港から
路線バス:富士山静岡空港(4番乗り場)→島田駅(南口)
しずてつジャストライン 約25分 500円

タクシー:富士山静岡空港→島田駅
約20分 3200円

タクシーの運賃は、小型車の運賃目安です。

島田に行ったら
何があるの?

島田の歴史、グルメ、観光スポットを紹介します。

1.
ギネスブック認定
「蓬莱橋」

5951825303830528
©2018 TABI LABO

蓬莱橋(ほうらいきょう)」は、ギネスブックにも認定されている、全長897.4mの世界一長い木造歩道橋です。歩行者と自転車が通行することができ、通行料は中学生以上100円、小学生10円、未就学児が無料。JR島田駅から徒歩約20分です。

2.
お茶文化を発信する
「ふじのくに茶の都ミュージアム」

6474191977054208
©2018 島田市

ふじのくに茶の都ミュージアム」は、日本や世界のお茶文化について紹介している施設。常設展や静岡県産茶の飲み比べなどの体験、お茶を用いたスイーツや料理を提供するカフェレストランなどを楽しむことができます。

JR金谷駅から徒歩約20分、路線バスだと約5分で、最寄りのバス停は「ふじのくに茶の都ミュージアム」(徒歩1分)と「二軒家原」(徒歩3分)です。

3.
世界各地のばらが集結
「ばらの丘公園」

5019844646797312
©2018 島田市

ばらの丘公園」は、1年を通して世界各地を原産とする約360種のバラを楽しむことができるスポットです。ここでは、島田生まれの品種「ミスシマダ」も見ることができます。

休園日は毎週火曜日と年末年始(「ばらの丘フェスティバル」の期間中は無休)で、開園時間は、4月〜11月は9時〜17時、12月〜3月は9時〜16時です。JR島田駅からは、コミュニティバスを使ってアクセス可能。無料の駐車場もあります。

4.
島田の文化を伝える
「ヒストピア島田」

6555696782901248
2018 島田市

ヒストピア島田」は、島田の歴史や文化、芸術を満喫できるエリアのこと。エリア内には、島田市博物館や江戸時代に宿場町だった島田宿の歴史にまつわる大井川川越遺跡などがあります。


ここからは、取材したスポットを紹介します。

5.
種類たくさん
「お茶グルメ」

5958794911678464
©2018 TABI LABO

全国有数のお茶の産地である島田には、島田茶、金谷茶、川根茶など、様々なお茶の種類があり、産地によって味に特徴があります。そのためお茶にまつわる料理やスイーツなど、「お茶グルメ」がたくさんあります。なかでも、お茶バーガーお茶ーはんはおすすめです。

6.
駅弁もおすすめ
「大井川鐵道」

5370246147866624
©2018 大井川鐵道

大井川鐵道」は、島田市に本社を構えるローカル鉄道。日本で唯一、年間300日以上もSLを営業運転しています。また、トーマス号や全国の私鉄を引退した車両が普通電車として運転しているので、子供から大人まで楽しむことができます。

SL見学や切符の購入は、大井川鐵道の新金谷駅SLセンターまで。JR東海道線の金谷駅から、大井川本線普通電車で約4分です。おすすめの駅弁の種類は、こちらで確認できます。また、自虐的なフレーズが面白い缶バッジも必見です。

Top image: © TABI LABO
取材協力:島田市
茶どころ、旅どころ、島田
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
「大鐵(だいてつ)」の愛称で愛される大井川鐵道は、静岡県島田市の金谷駅から千頭駅を結ぶ大井川本線と、千頭駅から井川駅を結ぶ井川線を運行するローカル鉄道。新...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」のイベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
福岡県宗像市の観光ではずせないのが海鮮。なかでも、全国的に有名な佐賀の「呼子のイカ」と同じ玄界灘の漁場でとれたイカは、高い鮮度のまま水揚げされるので絶品で...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...