発酵素材「さしすせそ」で、日本の五季を表現した玉羊羹(静岡県浜松市)

春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。

日本料理の基本となる調味料「さしすせそ」になぞらえた、その名も「発酵さしすせそ羊羹 五季(いつき)」。

カラダと心においしい
和の“知恵菓子”

9d5267dfc4f7a93f54aa7f7ed166152e6fd50b94

いにしえから伝わる日本の食文化、五穀と発酵。そして季節の恵み。これらをお菓子づくりに込め、“からだに美味しい和の知恵菓子”をコンセプトにした「五穀屋」は、2014年7月、静岡県浜松市に誕生したブランドです。

757c33e5131cd64f8da5809a9cd4235146ee0f94

人気商品の発酵さしすせそ羊羹 五季は、楊枝の先でぷちんと刺すとぷるんと弾ける、みずみずしい玉羊羹。この時季、つめたく冷やした五季をひと口でほおばる口福感を想像してみてください。

B4fb5dbb167ab0be15adac53966acef6e21846ff

手前から、富士の水で作った辛口の日本酒を使い、キラキラ輝く春の日差しをイメージした「酒」。抹茶を加えた「抹茶塩糀」は新緑の芽吹きを。さわやかな酸味と香りの「りんご酢」が表現するのは美しい紅葉。雪深い冬の情景は味噌と白餡をブレンドした「白味噌」で表しています。そして、土用の大地は醤油特有の甘みや旨味をこし餡にプラスした「醤油糀」で。

色よし、味よし、素材よし。五穀の豊穣や自然の恵みに感謝しながら、季節の移ろいを五感で感じてきた、この国の食文化が5つの玉羊羹の中に詰まっているような気さえしてきませんか?

じつは、あの銘菓のスピンオフ

余談ですが、五穀屋は静岡県浜松の定番土産、“夜のお菓子”のキャッチフレーズとともに全国区となった銘菓「うなぎパイ」の春華堂が、新たに手がけた和菓子ブランドなんですよ。

パイと和菓子……このイメージギャップも楽しみのうち。まずは、オンラインショップで取り寄せてみてはいかがでしょう?5個入り1,620円(税込み)。


「The Wonder 500™」に認定
メディチ家へ献上

2ef895ed04462f1623c2cd13b1a123b04322c60e

和の知恵菓子は海外でも高評価を受けています。経済産業省のクールジャパン政策の一環として発足した「The Wonder 500™」に認定され、2015年10月には、フィレンツェで開催された「和菓子の祭典」において、メディチ家で献上されたそうですよ。

上の写真がその献上菓子。メディチ家の紋章になぞらえて6つめの「青色パッレ」をプラスしています。フィレンツェの市花でもある百合の花びらをあしらった、この「献上菓子 ITSUKI プレミアムエディション」は、松屋銀座店での店頭限定販売のみ。

美味しく学べる日本の伝統的な食文化、ちょっと試してみたくなりますよね。

Licensed material used with permission by 五穀屋
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
ジャズ羊羹というピアノの鍵盤をデザインしたこの商品、一見よくあるインスタ映え狙いのスイーツだと思ったら、その背景に意外な思いが込められていた。この商品を作...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる「...
岡山県にあるマシュマロ和菓子屋さんが、新ブランド「つるたま」を発表した。元祖マシュマロ和菓子は、明治時代に初代が作りだした「つるの玉子」というお菓子。その...
53杯のクラフトビールを飲みながら、東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。愛知県に入ったのは、日本橋を出発してから12日目の...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
「とろろ」は手頃な値段でおいしく食べられる庶民の味として広く親しまれていますが、ここで紹介する「とろろ汁」に使われているのは、静岡県産の自然薯(じねんじょ...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
かつては5万1千石を誇った藩の中心、城下町「飫肥(おび)」。侍と商人たちが活気溢れる毎日を過ごしていたんだろうなぁ、と想いを馳せながら取材してきました。そ...
岐阜県関市に新名物が誕生した。その名も「日本刀アイス」。岐阜県関市は、かつて世間をザワつかせたPRムービーでもあったように「日本一の刃物のまち」。そんなま...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅(前回の記事はこちら)。スタート地点となる「日本橋」は...
鹿児島県のさつまいも生産量は国内第1位。現地で生産される品種の中でも、ブランド産品にもなっている「かのや紅はるか」に注目。その素材の甘さを楽しめる絶品スイ...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。社長の中島さんが自宅で食べるために100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみ...
静岡に「木村飲料」という飲料メーカーがある。静岡の特産品を使った「うなぎコーラ」「桜えびサイダー」「しずおかコーラ」、そして衝撃の「たくあんコーラ」「うめ...
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
「発酵食は体に良さそうだけど、納豆ばかり食べられないし、毎日お味噌汁も作れない——」ヘルシーな食生活への意識が高い人が増えた一方で、発酵食品に難しいイメー...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...