発酵素材「さしすせそ」で、日本の五季を表現した玉羊羹(静岡県浜松市)

春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。

日本料理の基本となる調味料「さしすせそ」になぞらえた、その名も「発酵さしすせそ羊羹 五季(いつき)」。

カラダと心においしい
和の“知恵菓子”

いにしえから伝わる日本の食文化、五穀と発酵。そして季節の恵み。これらをお菓子づくりに込め、“からだに美味しい和の知恵菓子”をコンセプトにした「五穀屋」は、2014年7月、静岡県浜松市に誕生したブランドです。

人気商品の発酵さしすせそ羊羹 五季は、楊枝の先でぷちんと刺すとぷるんと弾ける、みずみずしい玉羊羹。この時季、つめたく冷やした五季をひと口でほおばる口福感を想像してみてください。

手前から、富士の水で作った辛口の日本酒を使い、キラキラ輝く春の日差しをイメージした「酒」。抹茶を加えた「抹茶塩糀」は新緑の芽吹きを。さわやかな酸味と香りの「りんご酢」が表現するのは美しい紅葉。雪深い冬の情景は味噌と白餡をブレンドした「白味噌」で表しています。そして、土用の大地は醤油特有の甘みや旨味をこし餡にプラスした「醤油糀」で。

色よし、味よし、素材よし。五穀の豊穣や自然の恵みに感謝しながら、季節の移ろいを五感で感じてきた、この国の食文化が5つの玉羊羹の中に詰まっているような気さえしてきませんか?

じつは、あの銘菓のスピンオフ

余談ですが、五穀屋は静岡県浜松の定番土産、“夜のお菓子”のキャッチフレーズとともに全国区となった銘菓「うなぎパイ」の春華堂が、新たに手がけた和菓子ブランドなんですよ。

パイと和菓子……このイメージギャップも楽しみのうち。まずは、オンラインショップで取り寄せてみてはいかがでしょう?5個入り1,620円(税込み)。


「The Wonder 500™」に認定
メディチ家へ献上

和の知恵菓子は海外でも高評価を受けています。経済産業省のクールジャパン政策の一環として発足した「The Wonder 500™」に認定され、2015年10月には、フィレンツェで開催された「和菓子の祭典」において、メディチ家で献上されたそうですよ。

上の写真がその献上菓子。メディチ家の紋章になぞらえて6つめの「青色パッレ」をプラスしています。フィレンツェの市花でもある百合の花びらをあしらった、この「献上菓子 ITSUKI プレミアムエディション」は、松屋銀座店での店頭限定販売のみ。

美味しく学べる日本の伝統的な食文化、ちょっと試してみたくなりますよね。

Licensed material used with permission by 五穀屋
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
浜松の名店「じねん」の秋元健一さんは、食を通して街の魅力を伝える、いわば大使のような料理人。浜松には、海もあれば湖もあり、川もあれば山もある。日照時間が長...
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...
ここ最近「スポーツクライミング」の話題が増えましたが、同じくらい気になるのが静岡・浜松市の天竜川流域で楽しめるアウトドア「シャワークライミング」。関東と関...
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
浜松駅から徒歩10分ほどにある「肴町(さかなまち)」は、ディープに楽しめる飲食店が軒を連ねる人気のエリア。そこからさらに1本細い路地裏に入って行くと見えて...
ジャズ羊羹というピアノの鍵盤をデザインしたこの商品、一見よくあるインスタ映え狙いのスイーツだと思ったら、その背景に意外な思いが込められていた。この商品を作...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...