ドローンで見つけた、日本で2番目に広い市「浜松」のグッとくる大自然と景色

「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーションの自然に囲まれた、世界的にも珍しい街なんです。

そんな浜松で、ドローンを飛ばしてみたら……。

『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』でもおなじみ、詩歩さん(しかも浜松出身)が初めて企画・撮影・編集のすべてを手がけたという動画を発見したので、一緒に浜松の上空を冒険してみたいと思います。

高いところから失礼しまーす!

© 2018 死ぬまでに行きたい!世界の絶景/YouTube

01.
鳥居と夕陽のコントラスト
「弁天島」

6507726024736768
©2018 死ぬまでに行きたい!世界の絶景

浜松の定番スポットのひとつ、空も湖も真っ赤に染まる「弁天島(べんてんじま)」の夕陽。浜名湖と太平洋をつなぐ今切口の大鳥居は高さが18mもあり、シンボル的な存在になっています。

鳥居の真ん中に沈んでいくのはだいたい11月〜1月末頃で、この時期は絶景写真を狙うカメラマンも多くなります。ちなみに浜松は、日照時間も国内トップクラスです。

海水浴場や保養地としても人気の弁天島ですが、JR弁天島の目の前には「弁天島温泉」もあるので、旅の途中で汗を流したいときやゆったりくつろぎたいときにはぜひ。

02.
岩場から浜松市街を一望!
「立須」

6476516779098112
©2018 死ぬまでに行きたい!世界の絶景

風化した大きな石灰岩が固まってできた奇岩峰「立須(たちす)」。立須峰とも言われていて、2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』のオープニングにも登場していました。

天気が良ければ浜松市街や富士山など360度を一望できるスポットで、駐車場から30分ほどで登れることもあり、登山というよりはプチハイキングが楽しめます。

ただし小さい絶壁がそそり立っていて、かなり足場が悪いので要注意。せっかくの浜松旅で足を踏み外してケガをした!なんてことがないようにしましょう。

動画にも出てくる、大きな風車も見応えあり。

03.
水面を歩いてみる?
「浜名湖」

6579906574024704
©2018 死ぬまでに行きたい!世界の絶景

言わずと知れた浜名湖。……ですが、そこでできるアクティビティや獲れる魚介類の豊富さは意外と知られてなかったり。

最近では、潮の満ち引きで現れる浅瀬まで船で向かい、こちらも360度見渡せるポイントに降り立てる体験「浜名湖の中心で愛を叫ぶ」が人気。まるで湖の上に立っているような気分になれます。

そんな浜名湖の自然に溶け込んで楽しむマリンレジャーや潮干狩り、サイクリング、たきや漁。やらまいか!

04.
ウミガメと風紋アート
「中田島砂丘」

4845868557533184
©2018 死ぬまでに行きたい!世界の絶景

鳥取県の「鳥取砂丘」や鹿児島県の「吹上浜砂丘」と並んで、日本三大砂丘のひとつとも言われる、静岡県浜松市の「中田島砂丘(なかたじまさきゅう)」(千葉県の九十九里浜が入ることもあります)。

遠州灘に沿ったこの砂丘は、強風で浮かび上がる独特の「風紋(ふうもん)」がアートみたい、と人気。波打ち際と砂浜のコントラストは、上空からのドローンの映像でぜひ見てほしいところ。

また、春から夏にかけてはアカウミガメが産卵のために上陸してくるそうです。

ちなみに詩歩さんは浜松の観光大使「やらまいか大使」にも就任。この動画の撮影を通して、改めてふるさとの魅力を再発見できたそうですよ!

Top image: © 死ぬまでに行きたい!世界の絶景
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
クラウドファンディングで資金調達をはじめて、たったの45分で目標額に達したドローン「Spry」。
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
浜松の名店「じねん」の秋元健一さんは、食を通して街の魅力を伝える、いわば大使のような料理人。浜松には、海もあれば湖もあり、川もあれば山もある。日照時間が長...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
ここ最近「スポーツクライミング」の話題が増えましたが、同じくらい気になるのが静岡・浜松市の天竜川流域で楽しめるアウトドア「シャワークライミング」。関東と関...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
浜松駅から徒歩10分ほどにある「肴町(さかなまち)」は、ディープに楽しめる飲食店が軒を連ねる人気のエリア。そこからさらに1本細い路地裏に入って行くと見えて...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
PowerVision社が開発した水中ドローンは、魚群探知機を搭載しているようです。加えて、エサや釣り糸を収納できるスペースもあるのだとか。そして、4K撮...
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。