浜松出張の夜は、ブルーパブ「オクタゴン」でクリーンなクラフトビールを

駅近に居酒屋はたくさんあるし、餃子とビールの組み合わせも捨てがたい静岡・浜松出張の夜。だけど、そんな定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。

浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BREWING(オクタゴン・ブルーイング)」。お店の奥にマイクロブルワリーが併設されていて、駅から少し足を伸ばすだけで、まさにここでしか味わえない “クリーンな” クラフトビールを楽しむことができるんです。

県外の “ビアギーク” も注目する
浜松のブルーパブ

©2018 TABI LABO

お店のデザインコンセプトは、Beer Pool(ビアプール)。腰高までエメラルドグリーンで統一された店内は、まるで本当のプール。「ビールに溺れよう」を合言葉に、近隣の人たちが毎日でも通いたくなるパブリックハウス(パブの語源。街なかの社交場のこと)を目指しているそうです。たまたま隣に座った人同士が、おいしいビールをきっかけに自然と会話が始まる、そんな風景が定着するかもしれませんね。

また、店舗奥にステンレスのタンクが並ぶ醸造所も雰囲気があり、自家醸造のビールを一番新鮮な状態で飲める特別感が気分を盛り上げてくれます。

©2018 TABI LABO

お店の場所は浜松の中心街からはちょっと離れたところ、歓楽街の喧騒とは一線を画す場所にあります。お客さんは地元の方が多く、ビールに目がない30~40代がメイン。

しかし、土日にはわざわざ県外から熱心なビアギークが訪れることもあるそうで、2018年2月にオープンしたばかりの「ビアプール」は、すでにたくさんのビール通から注目されているのです。

浜松で味わう
「きれいなビール」とは?

©2018 TABI LABO

「見た目のことではなく、味や香りが“きれい”だということ。きれいではないビールには、醸造する過程で雑味や余計な味が混ざっています。私がこだわっているのは、そうした『オフフレーバー』が入らない、ビール本来の澄んだ味を作り出すことです」

と、ブルワーの千葉恭広さん。学生時代に飲んだベルギービールに衝撃を受け、大学卒業後、より深い知識を得るためにドイツに留学。ビール醸造専門学科のある大学で学んだそうです。

帰国後は、醸造管理者として東京都内でブルーパブを複数経営している会社に勤めていましたが、「自分のビールを作りたい」という想いも強く、「OCTAGON BREWING」に立ち上げから参加。根っからのビール好き、そして情熱家でもあるのです。

4種類のハウスビールと
海外ビールの飲みくらべが楽しい

©2018 TABI LABO

1種類のビールをグイッと飲むのもいいけれど、オススメは好きなビールを4種類選べる「ビアフライト」(1300円・税別)。僕も千葉さんのアドバイスを聞きながら選んでみました。

写真左から、
・Troisvilles/トロワヴィル(自家醸造):Dark Umber Ale、ALC 4%、IBU 15
・Daggett/ダゲット(自家醸造):Session IPA、ALC 5%、IBU 42
・Session Wheat(Fullsail Brewing):Session Wheat、ALC 5.4%、IBU 24
・Session Cerveza(Fullsail Brewing):Mexican Lager、ALC 4.5%、IBU 15

「これが同じビールなの!?」というくらい、それぞれまったく違う味。苦味の奥に旨味が効いたものもあれば、フルーティーなものもあって、さらには麦茶のように飲みやすいものまで……ビールの奥の深さにすっかりハマりそうです。

©2018 TABI LABO

お店には10本のタップがあって、取材当日は4本が自家醸造、6本はアメリカ・オレゴン州の「Fullsail Brewing」のビール(取材時)。ちなみに特定のブルワリーのビールがタップを占めることを「TAP Takeover」と言うんだそうです。

海外ビールはもちろん、自家醸造ビールも定期的に種類が変わっていくので、飽きずに通い続けられるのも嬉しいポイントです。

絶品! 自家製「スモークBBQ」が
クラフトビールに合う

©2018 TABI LABO

アメリカ南部テキサス州の伝統料理「スモークBBQ」はクラフトビールとの相性が抜群。「OCTAGON BREWING」では、アメリカから直輸入したBBQスモーカーを使って、10時間以上をかけて調理。本場と変わらない味が楽しめます。

そのまま食べてもよし、食パンの上にコールスローサラダを乗せて食べてもよし。ピリ辛のオリジナルソースも絶品です。

安定のスモークBBQに、行くたびにアップデートするビール——。これはもう次の出張でも立ち寄ることに決定。さて、みなさんはどんなビールに出会えるのでしょう。

©2018 TABI LABO
マネージャーの亀井祥史さん(左)と、ブルワーの千葉恭広さん(右)

「OCTAGON BREWING」

住所:静岡県浜松市中区田町315-25
TEL:053-401-2007
営業時間:18:00~23:00(平日)・17:00~24:00(金土)
定休日:火曜日
公式HP:http://octagonbrewing.com/
公式SNS:FacebookInstagramTwitter

Top photo: © TABI LABO
取材協力:浜松市
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
浜松の名店「じねん」の秋元健一さんは、食を通して街の魅力を伝える、いわば大使のような料理人。浜松には、海もあれば湖もあり、川もあれば山もある。日照時間が長...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...