浜松出張の夜は、ブルーパブ「オクタゴン」でクリーンなクラフトビールを

駅近に居酒屋はたくさんあるし、餃子とビールの組み合わせも捨てがたい静岡・浜松出張の夜。だけど、そんな定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。

浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BREWING(オクタゴン・ブルーイング)」。お店の奥にマイクロブルワリーが併設されていて、駅から少し足を伸ばすだけで、まさにここでしか味わえない “クリーンな” クラフトビールを楽しむことができるんです。

県外の “ビアギーク” も注目する
浜松のブルーパブ

©2018 TABI LABO

お店のデザインコンセプトは、Beer Pool(ビアプール)。腰高までエメラルドグリーンで統一された店内は、まるで本当のプール。「ビールに溺れよう」を合言葉に、近隣の人たちが毎日でも通いたくなるパブリックハウス(パブの語源。街なかの社交場のこと)を目指しているそうです。たまたま隣に座った人同士が、おいしいビールをきっかけに自然と会話が始まる、そんな風景が定着するかもしれませんね。

また、店舗奥にステンレスのタンクが並ぶ醸造所も雰囲気があり、自家醸造のビールを一番新鮮な状態で飲める特別感が気分を盛り上げてくれます。

©2018 TABI LABO

お店の場所は浜松の中心街からはちょっと離れたところ、歓楽街の喧騒とは一線を画す場所にあります。お客さんは地元の方が多く、ビールに目がない30~40代がメイン。

しかし、土日にはわざわざ県外から熱心なビアギークが訪れることもあるそうで、2018年2月にオープンしたばかりの「ビアプール」は、すでにたくさんのビール通から注目されているのです。

浜松で味わう
「きれいなビール」とは?

©2018 TABI LABO

「見た目のことではなく、味や香りが“きれい”だということ。きれいではないビールには、醸造する過程で雑味や余計な味が混ざっています。私がこだわっているのは、そうした『オフフレーバー』が入らない、ビール本来の澄んだ味を作り出すことです」

と、ブルワーの千葉恭広さん。学生時代に飲んだベルギービールに衝撃を受け、大学卒業後、より深い知識を得るためにドイツに留学。ビール醸造専門学科のある大学で学んだそうです。

帰国後は、醸造管理者として東京都内でブルーパブを複数経営している会社に勤めていましたが、「自分のビールを作りたい」という想いも強く、「OCTAGON BREWING」に立ち上げから参加。根っからのビール好き、そして情熱家でもあるのです。

4種類のハウスビールと
海外ビールの飲みくらべが楽しい

©2018 TABI LABO

1種類のビールをグイッと飲むのもいいけれど、オススメは好きなビールを4種類選べる「ビアフライト」(1300円・税別)。僕も千葉さんのアドバイスを聞きながら選んでみました。

写真左から、
・Troisvilles/トロワヴィル(自家醸造):Dark Umber Ale、ALC 4%、IBU 15
・Daggett/ダゲット(自家醸造):Session IPA、ALC 5%、IBU 42
・Session Wheat(Fullsail Brewing):Session Wheat、ALC 5.4%、IBU 24
・Session Cerveza(Fullsail Brewing):Mexican Lager、ALC 4.5%、IBU 15

「これが同じビールなの!?」というくらい、それぞれまったく違う味。苦味の奥に旨味が効いたものもあれば、フルーティーなものもあって、さらには麦茶のように飲みやすいものまで……ビールの奥の深さにすっかりハマりそうです。

©2018 TABI LABO

お店には10本のタップがあって、取材当日は4本が自家醸造、6本はアメリカ・オレゴン州の「Fullsail Brewing」のビール(取材時)。ちなみに特定のブルワリーのビールがタップを占めることを「TAP Takeover」と言うんだそうです。

海外ビールはもちろん、自家醸造ビールも定期的に種類が変わっていくので、飽きずに通い続けられるのも嬉しいポイントです。

絶品! 自家製「スモークBBQ」が
クラフトビールに合う

©2018 TABI LABO

アメリカ南部テキサス州の伝統料理「スモークBBQ」はクラフトビールとの相性が抜群。「OCTAGON BREWING」では、アメリカから直輸入したBBQスモーカーを使って、10時間以上をかけて調理。本場と変わらない味が楽しめます。

そのまま食べてもよし、食パンの上にコールスローサラダを乗せて食べてもよし。ピリ辛のオリジナルソースも絶品です。

安定のスモークBBQに、行くたびにアップデートするビール——。これはもう次の出張でも立ち寄ることに決定。さて、みなさんはどんなビールに出会えるのでしょう。

©2018 TABI LABO
マネージャーの亀井祥史さん(左)と、ブルワーの千葉恭広さん(右)

「OCTAGON BREWING」

住所:静岡県浜松市中区田町315-25
TEL:053-401-2007
営業時間:18:00~23:00(平日)・17:00~24:00(金土)
定休日:火曜日
公式HP:http://octagonbrewing.com/
公式SNS:FacebookInstagramTwitter

Top photo: © TABI LABO
取材協力:浜松市
【特集】365日フルコース「浜松」