浜松が食材の宝庫だったとは!名店「じねん」で知ったタコ、かつお、すっぽんの旨さ

静岡のうなぎが人気なことくらいは分かっていたんです。でも……。「メーカーもたくさんあって産業の力が強かったから、これまで誰も食文化や観光に目を向けてなかったんですよね」。浜松市の人たちは、口を揃えてそう語ります。

ふと地元に目を向けてみると、海もあれば湖もあり、川もあれば山もある。日照時間が長いので、野菜もたくさん採れれば、養殖にも適してる。「こんなにポテンシャルがある街、世界的に見てもないんですよ」と教えてくれたのは、浜松の名店「じねん」の秋元健一さん。

食を通して浜松の魅力を伝える、いわば大使のような料理人です。

すいません、浜松に「かつお」の
イメージはゼロでした

5687302848249856
©2018 TABI LABO

そんな「じねん」は浜松市内の田町や肴町、アクトタワーなどに5つのグループ店があり、それぞれコンセプトは変えながらも、絶品の浜松の味を楽しめます。

ところで、僕は浜松に「かつお」のイメージがなかったんですけど、「もちかつお」という、土佐の人も唸るほど “もっちもち” な幻のお刺身があるんです。

正式には、昼に港に戻ってきて夕方から店頭に並ぶので「夕かつお」と呼び、そのなかでも最上級のものを「もちかつお」と呼ぶそうです。なぜそんなに “もっちもち”なのか。通常、市場に出回るかつおは死後硬直のあとですが、浜松にはかつおの漁場から6時間以内で戻れる漁港があるので、死後硬直 “前” の特別な食感になるんです。

それを、夜の早い時間にいただく! これぞ浜松でのイキな過ごし方。

ちなみに、実食したときの擬音は “ぶりんブリン” と言ってもいいでしょう。浜松流に厚めに切った「もちかつお」の食感は、半端ない。

峯野牛、すっぽん、うなぎいも
浜松はパワーフードだらけだった

4823232469270528
©2018 TABI LABO

本当においしいものからは、パワーがもらえますよね。

「そうだと思いますよ。だって当時の健康オタクと言っても過言じゃない徳川家康公が、日本のどこに住んでもいい、というような状況のときに選んだ場所が静岡県なわけですから」

秋元さんのお話に頷きつつ、次にいただいたのは「峯野牛(みねのぎゅう)」。ミスジ焼は、肉のうまさと霜降りのバランスが絶妙。やっぱり浜松の自然環境や水の良さが肉質にも表れるそうです。

5544416802504704
©2018 TABI LABO

すっぽんの炭火焼き。もう一度言います。「すっぽんの炭火焼き」。フルコースを頼んだとしても、これはなかなか出てこないんじゃないでしょうか。食感はプリプリだし、特製のタレが香ばしい!

5458147820961792
©2018 TABI LABO

天竜川沖の「とろ 金目鯛」。煮付けと塩焼き、どっちも好き。

4922126238744576
©2018 TABI LABO

うなぎの骨などを肥料に使った、栄養と甘みたっぷりのブランドさつまいも「うなぎいも」。天ぷらにして塩をちょんちょんして食べたら、おいしいに決まってる!

追い討ちをかけた
浜名湖産「タコ」の衝撃

6670316709347328
©2018 TABI LABO

魚、肉、お芋、すでに浜松の食材のポテンシャルはこれでもかと言うくらい感じていたわけですが、ここで意外な食材のうまさに衝撃を受けます。

それが、まさかの、タコ。

このお刺身の盛り合わせには「ヒラメ、カレイ、クロダイ、紋甲イカ、真ダコ」が入っていてどれもおいしいんですが、浜松のイメージとのギャップというか、まったく脇役じゃないタコのおいしさたるや……。思わず秋元さんに聞きました。浜松のタコがうまいっていう感覚、間違ってないですよね?

「間違ってないですよ! 浜名湖の高級なエビやカニをエサにしているので、明石にも負けないくらい質のいいタコに育つんですよ」

ちなみに、清水の興津川源流で作られるわさびも、まったくツーンとこない香り豊かな “甘いわさび” でクセになるので、ぜひ。

徳川家康を支えた
浜松のパワーフード

6299865311084544
©2018 TABI LABO

実は秋元さんのご出身は東京の中野で、祖父母の田舎としてたまに連れてきてもらっていた浜松は、宝の山に見えていたそうです。

「だって、出てくるごはん全部おいしいんですもん(笑)。料理人として、自分が住むなら絶対に浜松だと思いました。意外と知られてないんですけど、とにかく食材のレベルが高くて、アーティストのような生産者がたくさんいるんです。今日いただいてもらった料理も、まだほんの一部。かつての将軍や一流起業家たちを支えた浜松のパワーフードを、少しは感じていただけましたか?」

はい!!

 

4621810180030464
©2018 TABI LABO
浜松の地酒には「家康伝」「直虎」「出世城」などがある
4561022031495168
©2018 TABI LABO
グループのひとつ「宿下吉庵」は、駅近のアクトタワー5Fにありアクセスもいい

「浜松料理 じねん」

住所:静岡県浜松市中区田町323-4
TEL053-456-7025
定休日:日曜日
営業時間:平日18:00〜23:00(LO22:30)、金土18:00〜23:30(LO23:00)
公式HP:http://www.jinen-g.jp/jinen/

その他グループ店:「座房」「娯座樓」「宿下吉庵

Top image: © TABI LABO
取材協力:浜松市
365日フルコース、浜松
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
浜松駅から徒歩10分ほどにある「肴町(さかなまち)」は、ディープに楽しめる飲食店が軒を連ねる人気のエリア。そこからさらに1本細い路地裏に入って行くと見えて...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
ここ最近「スポーツクライミング」の話題が増えましたが、同じくらい気になるのが静岡・浜松市の天竜川流域で楽しめるアウトドア「シャワークライミング」。関東と関...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...