浜松での「ファームステイ」は、都市と田舎を行き交う体験だった

農泊と聞くと、ついデジタルデトックスして、山奥でおじいさんおばあさんと農作業! といったイメージになりがちですが、必ずしもそれだけじゃありません。

2018年2月に立ち上がった「日本ファームステイ協会」によれば、農場滞在だけに限らず、もっと幅広く「田舎に滞在する旅行」という意味で地方を活性化していきたいそうです。

訪日外国人の長期滞在なども増やしていきたいという狙いがあり、ファームステイを英語表記するときはカントリーサイドステイ(Countryside Stay)と言っていて、もう少し広い意味で「日本の地方に来てね」という意味になっているそうです。

街なかも知ってもらう
新しい「ファームステイ」

6503432533835776
©2018 リアル はま・てなし
地上185mから浜松を見てもらう(@アクトタワー)

都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市もこの取り組みに積極的で、まだ全国に知られていないポテンシャルを伝えるべく、テスト的に体験ツアーを進めていました。

第1弾として2018年6月に開催された「リアル はま・てなし」では、浜松の土地とヒトの魅力を身近に感じてもらおうと、農村だけではなく、街なかでのグランピングやトマト栽培見学、バーベキューなどをミックスした、新しい「ステイ体験」を提案。

ひとときの思い出づくりではなく
リピーターになってもらうために

5997338015301632
©2018 リアル はま・てなし

たとえば、ツアー参加者60人分の宿泊で使ったキャンプ場も山奥ではなく、JR浜松駅から数駅ほどの街なかにある施設を使うことで、よりリアルな浜松を知ってもらったそうです。

目的は、リピーターになってもらい、さらに浜松のファンになってもらうこと。

5438111664308224
©2018 リアル はま・てなし
弁天島駅から徒歩15分。宿泊は市営の「渚園」にてキャンプ

生産者に会い
食材の魅力を知る

5452311228841984
©2018 リアル はま・てなし

そして人気のコンテンツのひとつが、その土地の「食材の魅力」を知ってもらうこと。

地元農家では、りんごのように真っ赤になってから完熟収穫するトマト「アップルスター」を見学するなど、都市機能や自然環境だけではない浜松の魅力を体感することに。

6559642113015808
©2018 リアル はま・てなし
地元農家「ホットファーム」では、農業×ITのライフスタイルを見学
4725435929722880
©2018 リアル はま・てなし
食材の魅力を “知ってから食べる”バーベキューは格別

無理やり「田舎」を演出しない
リアル・ファームステイ

5371453771874304
©2018 リアル はま・てなし

現在、さまざまな地域が積極的に「ファームステイ」に取り組んでいますが、ほかの地域との差別化がなかなか難しかったり、利用者が求めているものとズレがあって満足度が上がらなかったりと、課題が多いという話もよく聞きます。

今回、浜松市が行なったのは、強引な田舎への誘い込みではなく「私たちのまちは、都市と田舎を行き交うライフスタイルが実現できます」という、ありのままを感じてもらう飾りっ気のないもの。

そこにあるリアルが知りたい、というのが利用者の想いだとすれば、本当にそのまちが持っている価値を素直に体験してもらう——それがファームステイの本質なのかもしれませんね。

5891623032455168
©2018 リアル はま・てなし
野菜もお肉も、食材はすべて浜松・静岡産
6030666961518592
©2018 リアル はま・てなし
移住を検討する場合は、家族の体験もとても大事!

トークイベントやディスカッションも好評だったこちらのイベント、次回は2018年秋に開催予定とのことです。

Top image: © リアル はま・てなし
取材協力:浜松市
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
浜松の名店「じねん」の秋元健一さんは、食を通して街の魅力を伝える、いわば大使のような料理人。浜松には、海もあれば湖もあり、川もあれば山もある。日照時間が長...
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
ここ最近「スポーツクライミング」の話題が増えましたが、同じくらい気になるのが静岡・浜松市の天竜川流域で楽しめるアウトドア「シャワークライミング」。関東と関...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
静岡・浜松市のグルメといえば、うなぎか餃子。どちらもメジャーですが、もうちょっとディープに楽しむなら「うなぎの刺身」なんていかが? 蒲焼きでも白焼きでもな...
浜松駅から徒歩10分ほどにある「肴町(さかなまち)」は、ディープに楽しめる飲食店が軒を連ねる人気のエリア。そこからさらに1本細い路地裏に入って行くと見えて...
「うなぎの聖地」と言われる浜松には、関東風と関西風のお店がちょうど半分ずつあるそうです。なかでも明治25年(1892年)に浜名湖産うなぎの行商から始まった...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...