お茶の街、静岡・島田市で楽しむ本格「お茶スイーツ」8選

静岡県島田市で出会う緑色のスイーツたちは、どれも“地球上でもっとも緑茶を愛する街”の看板を背負っています。だからこそ、こだわりがつまった逸品ぞろい。

島田のお茶スイーツを、現地で楽しむ編とおみやげ編に分けて集めてみました。まずは、気軽に楽しめるスイーツから、世界に誇る島田のお茶を楽しんでみませんか?

〜現地で楽しむ編〜

和らて(いっぷく茶処やませき/cafe TRUNK)

5977320984674304
©2018 島田市

川根茶専門店とカフェがコラボしてつくった新食感ラテ。

なにが新食感かというと、底の部分に注目してみてください。ドリンクの中につぶあんやお茶ゼリーが入っています!2店の得意分野を生かした自慢のドリンクは、左から2つ「ほうじ茶&あずき」「抹茶&あずき」は「いっぷく茶処やませき」で、右の「エスプレッソ&お茶ゼリー」はお隣の「cafe TRUNK」で販売中。各500円(税込)。どれもこの夏(2018年)新登場、10月末までの限定販売です。


SL ソフト(いっぷく茶処やませき)

4995301072961536
©2018 島田市

ソフトクリームって、地域の特徴が顕著にでる食べ物のひとつではないでしょうか。島田はやはり緑茶で勝負!ソフトクリームの上には、濃厚な川根産の粉末緑茶とともに地域を象徴するSLクッキーが。「SLソフト」(350円・税込)は、見た目にも楽しめるかわいいスイーツです。


エメラルド(和仏蘭西料理 ル・シャン)

6585933604323328
©2018 島田市

澄んだ緑色が印象的なこちらは、和仏蘭西料理のお店「ル・シャン」が手がけるケーキ「エメラルド」(380円・税込)。宝石のエメラルドグリーンが表現されていて、グリーンの部分はお茶のジェル。中には、抹茶ムース、ゴマのブリュレ、栗といった和のスイーツが入っています。店内注文、テイクアウトが可能(一週間前までに要予約)。

ほか、ドーナツやパウンドケーキなどの抹茶が入った焼き菓子も人気です。


お茶!トースト & お茶!ミルクティ(ポプリ)

5777073704534016
©2018 島田市

地元で愛される喫茶店「ポプリ」で楽しめるのは、「お茶!ミルクティ」(580円・税込)と「お茶!トースト」(520円)。どちらも静岡産業大学の学生と開発した「お茶!ミルクジャム」(650円)を使用。「お茶!ミルクジャム」は、粉末茶や豆乳で作られたとってもヘルシーでやさしい味わい。試行錯誤した結果、見た目も味も納得できるものに仕上がったんだそうです。


抹茶たいやき(たいやきや)

4723675647442944
©2018 島田市

60年近く続く「たいやきや」の「抹茶たいやき」(150円・税込)は、抹茶の風味を楽しめると人気です。“たい”の周りについた大きな羽根もポイントで、パリッパリの羽根とずっしり入ったあんこに大満足間違いなし。イートインもテイクアウトもOKです。

〜おみやげ編〜

ちょっぴり贅沢なおとなの抹茶生チョコ(和茶倶楽部)

4916792493342720
©2018 島田市

世界緑茶コンテストで最高金賞を受賞した「和茶倶楽部」が納得いくまでこだわりぬいたチョコレート。その名も「ちょっぴり贅沢なおとなの抹茶生チョコ」(9粒入り1500円・税込)です。生チョコに混ぜることができる抹茶の限界量に挑み、抹茶スイーツに抱いていた違和感をすべて解決。抹茶好きも唸る逸品です。「焙茶生チョコ」「甘酒生チョコ」もあり。


生くりーむ大福(龍月堂)

5999941822447616
©2018 島田市

銘菓からお茶の間で親しまれるようなお菓子まで種類が豊富な老舗店「龍月堂」で絶対おさえておきたいのが「生くりーむ大福」(160円・税込)です。なんせ、ここは生クリーム大福発祥のお店なんだとか!自慢は、あんこの中に閉じ込めたふわふわのクリームと口当たりの良さ。抹茶味のほか、プレーン、コーヒー味もあります。


お茶羊羹(三浦製菓)

4903417226985472
©2018 島田市

「三浦製菓」が手がける「お茶羊羹」(5個入り540円・税込、2018年10月1日より5個入り594円に変更)は、川根茶の新芽の風味を閉じ込めた一品。甘みと渋みが絶妙で、茶処の銘菓として静岡県民に愛されています。容器を下から押し上げて食べるスタイルも人気のひみつ。世代を超えて伝え続けたい逸品として「島田の逸品」に認定されています。


これだけ見ても、島田のお茶は色んな姿に形を変えて親しまれていることがわかります。島田でのちょっと特別な「お茶スイーツ」体験は、きっと旅の思い出に華やぎを与えてくれるんだと思います。

Top image: © 2018 島田市
取材協力:島田市
茶どころ、旅どころ、島田
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
「大鐵(だいてつ)」の愛称で愛される大井川鐵道は、静岡県島田市の金谷駅から千頭駅を結ぶ大井川本線と、千頭駅から井川駅を結ぶ井川線を運行するローカル鉄道。新...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
無肥料・無農薬のお茶づくりを営む健一自然農園。代表の伊川健一さんは、16歳のときに人生の道を決めたといいます。茶畑を受け継ぎ、地域の人々と栽培・加工に励み...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
「浜松の大自然」と聞いても、あまりピンとこない人が多いと思います。でも実は市の面積が全国2位で、海も川も湖もあればさらには山もあり、いろいろなバリエーショ...
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...
静岡の浜松市が「マリンスポーツの聖地」と言われるのは、海、湖、川の3つがひとつの街に揃っている、日本でも(世界でも?)有数の恵まれた場所だから。そんな浜松...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...