コーヒーの「廃棄豆」を無駄にしたくない。静岡のロースターの願いを叶えたプロダクト

コーヒーの美味しさを追求するが故に生じる代償。静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんは、焙煎後の豆の選り分けにこだわるからこそ出てしまう廃棄コーヒー豆の使い道を探していました。

そして、「何かに利用できない?」と相談した岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんとコラボして「カップ&ドリップポット」を作ることに。もともと知り合いだったお二人。いずれは一緒にプロダクトを作りたいという願いを、廃棄されるはずだったコーヒー豆を使って、コーヒーを美味しく楽しむためのプロダクトにすることで体現しました。

廃棄豆を「釉薬」に
表面をツルツルにコーティング

©2018 CAMPFIRE
廃棄コーヒー豆2kg分

「IFNi ROASTING & CO.」では、焙煎したコーヒー豆10kgのうち、2kgほどが廃棄されてしまうとか。大江さんのアイデアで、廃棄豆を陶器の表面をコーティングする「釉薬(ゆうやく)」として使うことにしました。

気軽に使える
「カップ&ドリップポッド」

©2018 CAMPFIRE

「日常で使えるものを作りたい」という大江さんの思いも込められた製品は、気軽(Laidback)に普段使いできるようにと「Laidback ceramics Cup & Coffee」と名付けられました。

コーヒーカップは、浅型と深型の二種類。松葉さんが長年コーヒーを提供してきた経験をもとに考えた、「飲み切りやすい一杯の量」や「持ちやすい形」などを形にしています。そして、二人分の量を淹れることができるドリップポットは、“蒸らし”をする時に誰でも簡単に「点滴」ができるように作られています。また、ドレッシングや醤油入れにも利用できるので便利です。

それぞれ、オフホワイト、コーヒーブラウン、ネイビーカラーの三色が揃っています。


二人はこの商品を手の届きやすい価格で生産するために、現在CAMPFIREでクラウドファンディング中。例えば、ソロカップコースは3100円、ドリップポットコースは8600円(いずれも送料込み)で購入可能です。すでに目標金額は達成されていますが、11月いっぱいまで支援を募っています。

©2018 CAMPFIRE
©2018 CAMPFIRE
©2018 CAMPFIRE
大江さん(左)と松葉さん(右)
Top image: © 2018 CAMPFIRE
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
「大鐵(だいてつ)」の愛称で愛される大井川鐵道は、静岡県島田市の金谷駅から千頭駅を結ぶ大井川本線と、千頭駅から井川駅を結ぶ井川線を運行するローカル鉄道。新...
静岡県島田市といえばお茶のまち。ここでは、観光する際にオススメのカフェやスイーツ、お土産を紹介しています。お茶専門店とコラボしたラテから抹茶の生チョコまで...
静岡県の島田市には、「島田市緑茶化計画」なんてものが立ち上がってしまうほど、お茶にまつわるお菓子や料理がたくさんあります。なかでも、思わず「ん!?」と聞き...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
静岡県島田市にはお茶にまつわるグルメがたくさんありますが、気になったのが「あんかけ お茶ーはん」。「通りゃんせ」という中華料理屋さんにあるチャーハンです。...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
「とろろ」は手頃な値段でおいしく食べられる庶民の味として広く親しまれていますが、ここで紹介する「とろろ汁」に使われているのは、静岡県産の自然薯(じねんじょ...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
「KAGIYAビル」は、静岡のJR浜松駅から徒歩10分のところのある注目のスポット。築50年以上で空き室だらけだったこのビルは、2012年10月に "ショ...
静岡県熱海市の建具屋、西島木工所で作られている「face two face」は、片面はウッドプレート、もう片面はまな板として使える便利アイテムです。素材は...
「珍しい動物や植物を見てみたい!」という目的で、「国立公園」を訪れる人も多いのではないでしょうか。そんな願いが叶えられそうな、中部地方にある6つの「国立公...
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
気づけば鼻歌を歌っているときって、たぶん、かなりの確率で、いいことがあったときかリラックスしているときなんだと思います。今回紹介するのは「そんな状態」がコ...