海底熟成の「コーヒー豆」。お披露目は2020年の夏!

静岡県西伊豆の海底で半年間熟成させる海底熟成ワイン「VOYAGE」。今年も去る12月17日に、紫外線の届かない約15メートルの海の底にワインを沈めた。

というだけならば新鮮味のない話。だが今回はワインのほか、日本酒、梅酒、さらにはコーヒー豆の海底熟成にチャレンジしたという。

©株式会社Enjoy

蔵元、ワイナリーと協議を重ね、さらに熟成の効果が期待できるお酒を厳選したそうだが、気になるのはむしろコーヒー豆。

新宿を中心に都内4店舗を展開する「丹波屋珈琲店」が、海底熟成のために厳選したのはサンタ・クルス島で有機栽培されたアラビカ種の生豆だ。「エイジングコーヒー」とは耳にするけれど、海底でとなると聞いたことがない。はたしてどんな香りと味を醸し出すのか?

2020年夏、熟成されたコーヒー豆は自家焙煎され、数量限定メニューとして店頭で提供されるほか、豆の販売も予定している。

Top image: © 株式会社Enjoy
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
ワインは好き。だけど品種とか産地とか、何が良いのかよく分からない。だからついつい「ジャケ買い」しちゃう…。そんな買い方にちょっと後ろめたさを感じているワイ...
「Conrad Maldives Rangali Island」が、たくさんの魚に囲まれながら寝泊まりができる施設の構想を発表した。2018年末にオープン...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
猫の世界は偏見にまみれている!猫を飼い、かつては猫の本を命がけで編集してきた筆者が、2月22日の猫の日に際して伝えたい「猫とその飼い主に関する真実」。甘え...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
メキシコ湾の海底に、氷河期時代に沈んだ森が存在することがわかりました。地元の漁師に「なぜか魚が大量に捕れるスポットがある」という情報を聴いたダイバーが海底...
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
海に沈めた酒が漁師の間でおいしいという話があり、実際に科学的な分析を実施したところ、まろやかさやうま味が増すことが判明。お酒は岩手の酒蔵「酔仙酒造」の吟醸...
レディー・ガガのInstagramに公開されたのは、ブリーチをかけた真っ白な眉に“すっぴん”で寿司屋を訪れたという1枚だ。
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
美味しいうえに、太りにくく、体にもやさしいお茶受け。フライパンで気軽に作れちゃいますよ。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
2019年3月にオープン予定の「Under」は、ヨーロッパ初の海中レストラン。水深は約5mで、海洋の変わりやすい気象にも耐えられるように、厚さ1mのコンク...