海底熟成の「コーヒー豆」。お披露目は2020年の夏!

静岡県西伊豆の海底で半年間熟成させる海底熟成ワイン「VOYAGE」。今年も去る12月17日に、紫外線の届かない約15メートルの海の底にワインを沈めた。

というだけならば新鮮味のない話。だが今回はワインのほか、日本酒、梅酒、さらにはコーヒー豆の海底熟成にチャレンジしたという。

©株式会社Enjoy

蔵元、ワイナリーと協議を重ね、さらに熟成の効果が期待できるお酒を厳選したそうだが、気になるのはむしろコーヒー豆。

新宿を中心に都内4店舗を展開する「丹波屋珈琲店」が、海底熟成のために厳選したのはサンタ・クルス島で有機栽培されたアラビカ種の生豆だ。「エイジングコーヒー」とは耳にするけれど、海底でとなると聞いたことがない。はたしてどんな香りと味を醸し出すのか?

2020年夏、熟成されたコーヒー豆は自家焙煎され、数量限定メニューとして店頭で提供されるほか、豆の販売も予定している。

Top image: © 株式会社Enjoy
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事