海底熟成の「コーヒー豆」。お披露目は2020年の夏!

静岡県西伊豆の海底で半年間熟成させる海底熟成ワイン「VOYAGE」。今年も去る12月17日に、紫外線の届かない約15メートルの海の底にワインを沈めた。

というだけならば新鮮味のない話。だが今回はワインのほか、日本酒、梅酒、さらにはコーヒー豆の海底熟成にチャレンジしたという。

©株式会社Enjoy

蔵元、ワイナリーと協議を重ね、さらに熟成の効果が期待できるお酒を厳選したそうだが、気になるのはむしろコーヒー豆。

新宿を中心に都内4店舗を展開する「丹波屋珈琲店」が、海底熟成のために厳選したのはサンタ・クルス島で有機栽培されたアラビカ種の生豆だ。「エイジングコーヒー」とは耳にするけれど、海底でとなると聞いたことがない。はたしてどんな香りと味を醸し出すのか?

2020年夏、熟成されたコーヒー豆は自家焙煎され、数量限定メニューとして店頭で提供されるほか、豆の販売も予定している。

Top image: © 株式会社Enjoy
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
マイナス23℃の冷凍庫で1週間、じっくり生地を熟成させた無添加バウムクーヘン「-23℃ FROZEN BAUMKUCHEN」がSNSで話題。

人気の記事

京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「OFF-WHITE」がドイツの小型家電ブランド「Braun」とコラボレーションしたアラームクロックを発売。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...