宇宙ステーションで熟成されたワインが発売!味に違いも……?

世界的に著名なオークションハウス「クリスティーズ」にて、ある興味深いワインが出品される。

推定で約1億900万円という値がつくと期待されているこのワイン、なんと「国際宇宙ステーション(ISS)」にて約14ヵ月の期間にわたって熟成がおこなわれたというのだ。

ワインはフランス・ボルドー産の「ペトリュス2000」という銘柄。2019年11月に12本のワインが小型宇宙船に積まれてISSヘと旅たち、2021年の1月に地球へ帰還したようだ。

じつは、無重力空間におけるワインの熟成に関する研究も兼ねており、8本は研究用に、3本は試飲に、そして残りの1本だけがオークションを通して販売されるとのこと。

帰還後に実施されたテイスティングでは、色、香り、味の要素に著しい違いがみられたことから、その複雑さが賞賛され、素晴らしいワインと見なされたようだ。

宇宙では時間の流れも地球とは異なるが、それも味に影響しているのだろうか……?

なお、同ワインの購入者には、デカンタとグラスに加えて、隕石から作られた栓抜きもついてくるとのこと。

なお、販売で得られた資金は、宇宙における農業研究に利用されるようだ。

Top image: © iStock.com/dem10, iStock.com/istmylisa
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事