これは飲んでみたい!ウイスキーやワインを、数時間で熟成させる「木製ボトル」

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oak Bottle」は、普通のウイスキーを“年代物”の風味に変えてくれる魔法のような木製ボトルです。しかも、ワインやビールにだって使えるのだとか!

熟成スピードは、
なんと従来の60倍!?

2ecdeec916384edef0269aa831d08ce1ab6e7f82

その名の通り、材質はオーク材。一般的に、蒸留後のウイスキーを熟成させる樽に用いられているアレです。

F6a8d332a4a32ed8c51eb622ade890facefc328041b40000fb93d8d1f1032698505e48f9bcc6d485

これを使えば、なんと従来の約60倍のスピードで熟成が可能。信じがたいですが、早ければ2時間ほどで“ヴィンテージ品”の風味へと変貌するのだそう!

Ccc0860aa21295d5255beb9fbec5dbacf4a0d43d

通常の熟成樽と同様に内部を炎で焦がし、良い香りを引き出します。

62719b3c5ecf8d039397c6dcb2556ac0d1f5a3a958f6c8d6e6beb50a12124b5b1a24fd15990b805e

前述の通り、ウイスキーだけでなく、ワインやビールだって熟成できます。

Eefb7f454ec56b2c7e02532e75371e2fd3b31ceb

木の素朴さを感じさせつつもスタイリッシュなビジュアル。どこに置いても様になるところも嬉しいポイントですよね。

Cee42120d4a3dd94d8c1c9b33631732da845f089

ただし、一度あるお酒を入れたら、新たに別の種類を入れるのは避けたほうがベター。さすがに味も香りも混ざってしまいますからね。開発したOak Bottle社は、お酒の種類ごとにボトルを用意することを推奨している模様。

9e803a2cecd052f560d0ffc8c3ecf7cad311ebbc1140c787fc31c475baa5ec3a9f6cbb83b06f57f5
Lサイズ(750ml)は13,000円(税別)で、Mサイズ(355ml)は9,000円(税別)。問い合わせ先はこちら。味覚に関しては個人差によるところが大きいですが、試してみる価値はあるかも!
Licensed material used with permission by Oak Bottle LLC
パウチパックでウイスキーが飲める。それもお試しサイズのグラス1杯分。
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...
BARに行ったとき、ウイスキーをニート(ストレート)で飲む女性を見ると、思わずなんてカッコいいんだろう、と思うんです。でも男性からすると、少し近寄りがたく...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。ボリューム感のある四角いボトルに満...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
呼気からアルコール濃度を検知し、その日のペース配分や、明日への影響、お酒が抜けるまでの時間などをアドバイスしてくれるポケットサイズのアイテム。その名も「T...
映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、5万ケースものウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した事件の実話をベースにした物語。ナチス・ドイツによる空...
さすがは「アメリカでもっともヘルシーなスーパー」という看板を担うだけあって、トップ5にもヘルシーやエコの観点を欠くことはありません。
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
酒と共に生き、推理小説家として史上最高とも称されるかのレイモンド・チャンドラーは、かつてこんな名言を残したという。 ーこの世に味の悪いウイスキーは存在しな...
海外賞レースでの好成績やNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』などのトピックから火がついた国産ウイスキー人気。それ自体は喜ばしいことですが、人気ゆえに国産モ...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...