日本のウイスキーが2020年度の「世界一おいしいシングルモルト」に!

エントリーされた世界各国のウイスキーのなかから16のカテゴリーごとに最高賞を決めるコンペティション「ワールド・ウイスキー・アワード」2020年度最終結果が先日発表された。

製造者および所有元の明確なボトリングのみを対象に、テイスト審査とデザイン審査を実施する同アワード。厳正なるブラインドテイスティングなどから2020年度の“世界一”が決定。

ワールドベスト・シングルモルトウイスキーは、2018年以来で再び栄冠に輝いた「サントリー」の「白州25年」

© World Whiskies Awards/Facebook

ほかにもワールドベスト・ブレンデッドウイスキーリミテッドリリースに「イチローズモルト&グレーン ジャパニーズブレンデッドウイスキー リミテッドエディション2020」。ワールドベスト・グレーンウイスキーには「シングルグレーンウイスキー富士30年」が選ばれ、日本の3銘柄が世界最高賞を受賞

また、ワールドベスト・ウィートウイスキーを獲得したアメリカ産ウイスキーも北海道のミズナラ樽で熟成した原酒によるものだとか。

なんでも、ウイスキーの聖地・スコットランドに次ぐ受賞率を誇るというジャパニーズウイスキー。その価値を日本人はどれほど知っているのだろうか?

© World Whiskies Awards/Facebook
© World Whiskies Awards/Facebook
Top image: © iStock.com/ronstik
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事