国産もいいですが、シングルモルトのスコッチからウイスキーにハマりませんか?

海外賞レースでの好成績やNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』などのトピックから火がついた国産ウイスキー人気。それ自体は喜ばしいことですが、人気ゆえに国産モノは品薄状態が続いているみたい……。

ここでは、国産ではなく「スコッチウイスキーのシングルモルト」を紹介したいと思います。

スコッチといえば世界のウイスキー生産量の7割を占めると言われる産地。なかでもシングルモルトは、大麦麦芽のみを使用し、一つの蒸溜所のみでつくられたウイスキー。つまり、蒸留所の個性や魅力が反映されやすく、これからウイスキーを嗜もう!という人にピッタリです。

セレクターは、 この方。自らのコレクションから珠玉の5本を選んでくれました。
whisky1

早川哲朗プロデューサー / DJ / オイスターマイスター2000年頃よりウイスキーを嗜み、2007年からはシングルモルトウイスキーに傾倒。所有するウイスキーは、中熟のシングルカスク(=樽出し)を中心に300本以上。スコットランド渡航暦5回、訪ねた蒸留所は45箇所以上にのぼる筋金入りの愛好家。

「まず1本!」なら
このあたりはどうでしょう?

スキャパ スキレン(オフィシャル)
お値段:6,000円前後

th_whisky2

「スコットランド北部オークニー諸島のカークウォールにあるスキャパ蒸留所から最近リリースされた新ラインナップです。

一般的に有名というほどではありませんが、多くのバーに置いてあるので外でもチャレンジしやすい銘柄ですね。

ピートによるスモーキーな香りや塩っぽさのバランスがよいのが特徴で、ピート以外にもシリアルやスミレなどの花の香り、味はバニラを中心にクリーミーでシルキーなやさしい味わい……全体的に軽やかですよ」

オルトモア 1992 (インプレッシブ・カスク)
お値段6,000円前後

th_whisky3

「スコットランドでも、蒸留所が密集する地域であるスペイサイド・キース北部のオルトモア蒸留所で、1992年に蒸留された日本限定シングルカスクウイスキーです。

口をつけた瞬間『これがウイスキー!?』と先入観を覆してくれるはず。それだけ、豊潤さと甘みを感じられます。カクテルが好きという女性にも受けそうです。

香りは蜂蜜やバニラ、少し和菓子っぽい甘みも感じます。味はパイン、蜂蜜に加えて、グレープフルーツのわたのような苦味も」

肉料理と一緒に楽しむなら
この1本を!

ベンリアック 12年
シェリーウッドフィニッシュ(オフィシャル)
お値段5,000円前後

th_whisky4

「人気の高いベンリアック蒸留所から。余談ですが、ここは『マッサン』こと、ニッカの創業者竹鶴正孝氏が修行したロングモーン蒸留所のお隣さんです。こちらは、6年ほど前にファーストリリースされて以来、ファンの間では“最強のコスパモルトのひとつ”として認知されている銘柄です。

オロロソ(=ぶどう品種)とペドロヒメネス(=ぶどう品種)という性格の異なる2つの樽で寝かせた原酒を混ぜて瓶詰めされているため、赤ワインを彷彿とさせる複雑味が魅力。『肉料理には赤でしょう』と思っている人にぜひ試してもらいたい1本です。

味わいは、濃いチョコレートに軽やかなペドロヒメネスの甘さが引き立っています。このあたりも肉の旨みとの相性の良さでしょうね」

魚料理に合わせるなら
こちらで!

グレンドロナック ピーテッド (オフィシャル)
お値段5,000円前後

th_whisky5

「蒸留所が点在するスペイサイドにほど近いハントリー郊外の蒸留所から。こちらは、シェリー樽熟成のウイスキーで有名です。

同じスモーキーでも、ピートの香りよりもシェリーの香りが強く、甘みと苦味が感じられるので、そのあたりも面白みのひとつですね。

とくに白身魚や焼き魚などと一緒に楽しむと、塩気が加わり、甘み+苦味+塩味の絶妙なコンビネーションが味わえるはずですよ」

スイーツと合うウイスキー!?
甘党の人も試してみて

ザ・グレンリベット ナデューラ(オフィシャル)
お値段6,000円前後

th_whisky7

「一時は『グレンリベット』と名前をつければ売れると言われたほど、味、知名度ともに人気のある蒸留所です。

通常加水されて出荷されるウイスキーですが、水を加えずカスクストレングス(=樽出し)で出荷されているのが特徴です。

蜂蜜やバニラの香りで、味はバナナや朝のシリアル、夏の果実のさっぱりとした甘みを感じます。その味わいは、カカオ濃度の高いチョコレートと絶妙ですよ」

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

ここで紹介するのは、完走したらスコッチウイスキーが飲めるマラソン大会「The Dramathon」です。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
ウイスキーを秋風とともに楽しめる、シングルモルト・タリスカーの生まれ故郷スコットランド・スカイ島行きの船が東京に寄港する。これは、9月27日の夜に開催さ...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
パウチパックでウイスキーが飲める。それもお試しサイズのグラス1杯分。
10月4日〜13日まで開催された「ロンドン・カクテル・ウィーク 2019」で世界的なウイスキーメーカー「The Glenlivet(ザ・グレンリベット)」...
映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、5万ケースものウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した事件の実話をベースにした物語。ナチス・ドイツによる空...
BARに行ったとき、ウイスキーをニート(ストレート)で飲む女性を見ると、思わずなんてカッコいいんだろう、と思うんです。でも男性からすると、少し近寄りがたく...
酒と共に生き、推理小説家として史上最高とも称されるかのレイモンド・チャンドラーは、かつてこんな名言を残したという。 ーこの世に味の悪いウイスキーは存在しな...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。ボリューム感のある四角いボトルに満...
呼気からアルコール濃度を検知し、その日のペース配分や、明日への影響、お酒が抜けるまでの時間などをアドバイスしてくれるポケットサイズのアイテム。その名も「T...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
アイルランド国内で初めての「ノンアルコール・パブ」がオープン。その名も「Virgin Mary」。アルコール0%のビールやワインを飲めるとはいえ、全てのメ...
6月よりザ コカ・コーラ カンパニーは、飲むためじゃないコカ・コーラをイギリスで販売し始めます。いや、正確には飲めるんですが、その第一の目的はスピリッツな...
国産じゃがいもの約30%が生産されているカナダのプリンスエドワード島。ここのフライドポテトをはじめ、料理はどれも絶品です。故にお酒がすすむんですよね。とい...