正月に飲む日本酒=お屠蘇(おとそ)じゃないって、知ってました?

今、「お屠蘇(おとそ)」がただのお酒じゃないということを、どれくらいの人が知っているのか気になっています。

 

私はてっきり、お正月に飲む日本酒=「お屠蘇」だと思っていたのですが、きっと同じように思っている人も少なくないのでは。いやきっと大体の酒飲みは、私と同じ認識でいたはず(しかも、お屠蘇は縁起がいいお酒だからいくらでも飲んでいい、たくさん飲むことにより邪気が払われるんだ!わはは!みたいな認識……ですよね?)。

 

それがですね、先日神奈川県大船にある杉本薬局の三代目・杉本格朗さんの某イベントにお伺いした時に、お屠蘇の意外な真実が明らかになったのです。

お屠蘇って、「薬膳酒」
だったのか!

©2019 NEW STANDARD

お屠蘇は、屠殺の「屠(と)」に、蘇ると書きますが、これは、一年の邪気を払って、新しい年を健やかに過ごせますようにという意味。そんな思いが込められているお酒を、日本では元日の朝、おせちをいただく前に、家族の年少者から順番に飲んでいくという習しがあります。元は中国から伝わって、日本では皇族などの風習になり、のちに庶民に伝わったとも言われています。

ここからが大事なんですが、このお屠蘇、じつは「屠蘇散(正式名称は屠蘇延命散)」という漢方で作るお酒(薬膳酒)なのです。

お正月の前日、12月31日の大晦日に、日本酒かみりん、またはその両方を合わせたものに、漢方の素材を数種類ブレンドしたものを漬け込んで、一晩おく。これが、本来のお屠蘇なのだというのです。

漬け込む漢方素材は作る人によってさまざまなのですが、山椒、桔梗、乾姜(ショウガ)、防風、白朮、丁子(クローブ)、桂皮(シナモン)などが基本。それを元に、薬局独自で生薬をブレンドしたものを作っているところもあるとか。オリジナルのお屠蘇が作れるワークショップが開かれることもあります。

ちなみに薬局では、「屠蘇散」という形で一袋300円ほどで売られています。

「ラム」でも「ウイスキー」でも
なにで作ってもいいと思います

©2019 NEW STANDARD

薬局などで売られている屠蘇散は、大体このようにティーパックに入った形になっているのでそのまま漬け込めばいいのですが、杉本さん曰く、日本酒があまり得意でないという人は、ラムやウイスキー、ジンなどに漬け込んで作ってみるのもいいのでは、とのこと。

先日のイベントでも、スコットランドのスコッチ・ウイスキー蒸留所、WOLFBURN(ウルフバーン)のウイスキーに、ヨモギやナツメなど、杉本さんがオリジナルでブレンドした漢方素材を漬け込んだ薬膳酒を飲ませていただいたのですが、これが意外なことにかなりのベストマッチというか、それはそれは美味しくて驚きました。そこは杉本さんのブレンドセンスと、漬ける塩梅も素晴らしかったんだと思うのですが、WOLFBURNの最高責任者・アンドリューさんも、大絶賛(私もおかわり2杯)。

だからきっと、ウイスキーで作るお屠蘇も美味しいはず。

ちなみに、スコッチ・ウイスキー自体も、昔はスコットランドの修道院で「薬酒」として作られ、飲まれていたんだそうです。



さてさて、そんなわけで今回お屠蘇の真実を知ったからには、是非とも屠蘇散をゲットして、12月31日に自分で漬け込んだお屠蘇で新年を迎えてみてほしいと思います。

現代に伝わる昔ながらの風習には、どれもそれをする意味が込められているもの。若い世代がそういったことを知り、大切にして暮らしていくのは、結構カッコイイなあと思います。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
全国約70蔵約500種類の日本酒が一堂に集結する「日本酒まつり」が、来週24日(木)から5日間、東京「日本橋高島屋」で開催される。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
「米国国勢調査局」が先月発表したデータによると、米国の16歳未満の人口構成で、ヒスパニックや黒人、アジア系の人口が昨年初めて白人の人口を上回ったとことが明...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
6月よりザ コカ・コーラ カンパニーは、飲むためじゃないコカ・コーラをイギリスで販売し始めます。いや、正確には飲めるんですが、その第一の目的はスピリッツな...
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...