「朝飲み」のために開発された甘酒

ここ数年で爆発的に流行した「甘酒」。特に夏の冷やし甘酒は、もはや熱い日の定番といった趣です。

熱中症対策に飲むのももちろんOKなのですが、甘酒が輝くタイミングがもうひとつあるんです。それは、朝一番!

朝にぴったり
甘酒で手軽に栄養補給

ご存知の通り「飲む点滴」とも呼ばれる甘酒には、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6にくわえ、葉酸、食物繊維、オリゴ糖、アミノ酸など豊富な栄養が含まれています。

一日を元気に過ごすため、朝はしっかり栄養を摂りたいところ。だけど、何かと慌ただしくしていると、つい朝食を抜いたり、用意したとしても偏ったものになってしまったり。そこで甘酒の出番、というわけ。

個人的にはこのサイズ感と手軽さがお気に入り。

そもそも甘酒には2種類あって、酒粕からつくれらるものと米麹からのもの。こちら「朝麹」は米麹100%。砂糖や人工甘味料も不使用で、麹の自然な甘味とさらっとした飲み口が特長です。もちろんノンアルコールなのは言わずもがな。キリッと冷やして朝からグイッといく。通勤中でもよさそうです。

製造元は、新潟県長岡市で創業470年の老舗蔵元、吉乃川。日本酒好きな自分は、これだけで、試してみたくなる十分な動機です。コーヒーでもティーでもなく、甘酒からはじめる一日、いかがでしょう。

関連する記事

「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
「9w.(クオウ)」が制作した「モジュラーグリルプレート(M.G.P.)」の紹介。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
8月18日まで、日本の発酵食品に焦点を当てたコンセプトショップ「のレンMURO神楽坂店」で100種類の甘酒が無料で試飲できる「利き甘酒まつり」が開催中。「...
犬用の自然派ごはんとおやつの専門店「iliosmile(イリオスマイル)」が、ノンアルコール甘酒「おはな‐ohana-」の販売をスタートした。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
ドイツのプロダクトメーカー「hoefats」よりリリースされたトルネード式ランタン「SPIN90」のご紹介。
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
体の芯から冷え込むような、本格的な冬がやってきました。そんな季節を風邪知らずで乗り切るために、ぜひ取り入れたいのが今注目の「甘酒」です。それもフツーの甘酒...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
10月1日「日本酒の日」に、オンラインで全国一斉に乾杯をするイベント「全国一斉 日本酒で乾杯!2020」」が実施される。
全国約70蔵約500種類の日本酒が一堂に集結する「日本酒まつり」が、来週24日(木)から5日間、東京「日本橋高島屋」で開催される。
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
佐賀県の情報発信プロジェクト「サガプライズ!」は、「atmos」とコラボし、佐賀県の日本酒をフィーチャーしたオリジナルグッズを展開。 ストリートカルチャー...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
クラフトビール、シードル、スピリッツに続く、いま注目のお酒「ミード(Mead)」について。
無農薬、無化学肥料にこだわり栽培するケールを使った、コールドプレスジュースを販売するブランド「KALE FARM」よりリリースされた究極のコールドプレスジ...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
6月よりザ コカ・コーラ カンパニーは、飲むためじゃないコカ・コーラをイギリスで販売し始めます。いや、正確には飲めるんですが、その第一の目的はスピリッツな...
「日本酒蔵組合中央会」が、業界初の試みとして「日本酒」をテーマにした動画作品を募集中。