「飲む点滴・甘酒」玄米でつくれば、さらに効果UP!

体の芯から冷え込むような、本格的な冬がやってきました。そんな季節を風邪知らずで乗り切るために、ぜひ取り入れたいのが今注目の「甘酒」です。それもフツーの甘酒ではなく、玄米からつくるもの。美容にうれしい成分を手軽に、たっぷりとれる女性にオススメなホットドリンクですよ。

甘酒は、“飲む点滴”

冷え性の改善、美肌、疲労回復などに効果があるといわれているのは、甘酒に含まれる豊富なビタミンやミネラルによるもの。また、麹に含まれるピオチンという成分が、皮膚や粘膜の健康維持に役立つそうです。

こうしたうれしい効果から、最近では“飲む点滴”なんてキャッチフレーズで呼ばれるほどに。

玄米+麹のチカラ

ところで、甘酒は白米と麹でつくるのが一般的。ですが、これを玄米に変えることでさらなるうれしい効果が期待できます。

玄米の豊富な食物繊維が、腸の健康維持を助け、胚芽に含まれるビタミンEの抗酸化作用による生活習慣病の予防も期待されています。

<つくり方>

玄米(1/2合)を洗ってひたひたの水に浸け、冷蔵庫に一晩おいたら水を切り、炊飯器にいれて水をおかゆの線まで注いで炊いていきます。粗熱が取れたらミキサーで米の粒が少し残る程度にまで混ぜ合わせます。玄米の粒をつぶすことで、発酵を促します。再び炊飯器に戻し入れて、米麹(150g)を加えて混ぜ合わせます。

炊飯器のフタを開けたままでふきんをかぶせ、保温スイッチを押して10時間程度おきます。発酵が進みやすいよう、できれば3時間ごとに混ぜ、最後に全体を混ぜ合わせて煮沸消毒した保存容器に移して冷蔵庫で保管しましょう。

食べてみて、濃厚な甘みがあれば完成の目安。3日くらいを目安に飲みきりましょう。甘酒の粒がきになる人は、ミキサーで混ぜてなめらかにすると、もっと口当たりが良くなります。

飲むときは、甘酒1:水1.5。冷たいまま飲んでもおいしいですよ。

関連する記事

熱中症対策に飲むのももちろんOKなのですが、甘酒が輝くタイミングがもうひとつあるんです。それは、朝一番!
8月18日まで、日本の発酵食品に焦点を当てたコンセプトショップ「のレンMURO神楽坂店」で100種類の甘酒が無料で試飲できる「利き甘酒まつり」が開催中。「...
犬用の自然派ごはんとおやつの専門店「iliosmile(イリオスマイル)」が、ノンアルコール甘酒「おはな‐ohana-」の販売をスタートした。
無農薬、無化学肥料にこだわり栽培するケールを使った、コールドプレスジュースを販売するブランド「KALE FARM」よりリリースされた究極のコールドプレスジ...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
無農薬、無化学肥料のお米で作られた「宮内舎(miyauchiya)」のグルテンフリー玄米麺。
昨年末、クラウドファンディングで注目を集めた新感覚のドリンク「玄米デカフェ」が、いよいよ一般販売スタート。山形県庄内町にある「アトリエ玄米デカフェ」が、歴...
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
最新の紫外線対策として「池袋さくらクリニック」が開発した「高Cacao(カカオ)点滴」を紹介。肌のうるおいを高めたり、紫外線で受ける肌ダメージを予防・修復...
4月10日、フランス政府は、鉄道で2時間半以内に行ける場所への国内線フライトの運航を全面的に廃止する法案を国民議会(下院)で可決した。
日本人には聞きなれないオルチャータという飲み物があります。なんでもこれ、スペインやメキシコなどラテン系の人たちが愛してやまない夏の風物詩だとか。
クスクスをサラダでいただくフランス生まれの「タブレ」。もともとはアラブ諸国のサラダがルーツです。クスクスを使ったものがこれまでは一般的でしたが、ヘルシー志...
寒いときに恋しくなるのは、身体を芯から温めてくれる「ホットドリンク」!今回紹介するホットドリンクは、身体に良くて、自宅で手軽にできるものばかりです。冷えは...
規格が合わなかったり、精米機からこぼれ落ちてしまったものなど、販売に至らず廃棄される運命の無農薬玄米を中身の素材に使用した「無農薬玄米のリラックスアイピロー」。
健康的なダイエットには欠かせない「食物繊維」。消化を促進してくれ、少量で満腹感が得られ、脳卒中や心臓病のリスクを下げるとも言われています。多く含まれる食材...
テレビ番組で特集が組まれるほど注目されている「パクチー」の美容・健康効果。では、具体的にどんな効果があるのでしょうか? 今さら聞けないパクチーの秘密と、そ...
牛乳を発酵させたヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌よりも、豆乳で作るヨーグルトでできる植物性乳酸菌のほうが整腸効果が高いと、管理栄養士さん。低コストで毎日続...
酒粕といえば、甘酒にしたり粕汁にしたりと料理に用いる食材のイメージしかないかもしれません。でも、「酒粕が美容パックになる」と聞いたらどうでしょう。ちょっと...
佐賀県の「小松酒造」がつくる飲むみりん「のみりんこ」は、ブルーチーズとの相性も抜群でワイン好きにもおすすめだ。トロリと濃厚でありながら日本酒に通ずる芳醇な...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。