自然を丸ごと味わう、玄米からできた「グルテンフリーの麺」

Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。

第11回は、島根の山間いでつくられた「玄米麺のご紹介。

人と自然の循環を生む
グルテンフリーの玄米麺

©miyauchiya

島根県雲南市の山間部、耕作放棄地が増えつづける過疎地で生まれたお米の麺があります。

山からいちばんに注ぎ込むミネラルたっぷりの水を使い、地元の農家さんと農法・製法への思いを共有し、化学肥料を使わず無農薬、減農薬で大切に育てられたお米。「miyauchiya」の「玄米麺」は、こうした地域の協力のもとつくらたお米が主原料。

もちもちしこしこの食感は、パスタにラーメンにおそばにと、どんな味付けともよく合うんだそう。

極力農薬を使わないという付加価値に加え、小麦アレルギーの人でも安心して食べられる「玄米麺」は、ミシュランガイド掲載で話題となったラーメン店「ソラノイロ」にてグルテンフリーラーメンとして使われるなど、飲食店での取り扱いも増えているというから、すでに口にした人もいるかもしれませんね。

島根の小さな集落で、なるべく環境に負荷をかけない循環型の農法を軸に、自然と寄り添いながらつくられる麺。いま、いちばん食べてみたい一品です。(きっと誠実な味がするんだろうなぁ)

©miyauchiya
©miyauchiya

詳しいレシピは以下「miyauchiya」のサイトをのぞいてみてください。玄米麺を使ったおいしそうな料理がたくさん登場しますよ。そのなかから、一皿だけ。

「豆乳ごま坦々麺」のご紹介。

お水1カップ(200ml)に鶏がらスープなら小さじ1、めんつゆを使う場合は大さじ2を入れ火にかけて、薄口しょう油とねりごまで味をととのえ、最後に豆乳2カップを加えてグラグラ沸かさないように温めてスープのできあがり。

これからの季節は茹でたてを冷水でさっとしめて、冷たく冷やした担々麺もおいしそう!あぁ、食べてみたい。

Top image: © miyauchiya

関連する記事

昨年末、クラウドファンディングで注目を集めた新感覚のドリンク「玄米デカフェ」が、いよいよ一般販売スタート。山形県庄内町にある「アトリエ玄米デカフェ」が、歴...
iHerb(アイハーブ)でオススメの「グルテンフリー食品」をご紹介します。海藻やココナッツ、枝豆を原材料としたグルテンフリー食材は、低カロリー、低糖質でダ...
気軽にヴィーガンを体験できる「週1ヴィーガンセット」が発売。ビーガンメニュー定番の「ヴィーガン麺」(玄米麺と米麺)と「ベジミートソース」は、30年間にわた...
食欲がなくても冷やし麺。けれど毎度定番の味では、やっぱり飽きてしまいます。そこでアレンジ一つでマンネリを脱却するアイデアのご紹介。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
日本人には聞きなれないオルチャータという飲み物があります。なんでもこれ、スペインやメキシコなどラテン系の人たちが愛してやまない夏の風物詩だとか。
茨城県つくば市、筑波山の麓にお店を構える「松屋製麺所」さんで、朝ごはんにラーメン食べてきましたよっと。いわゆる「朝ラー」です。でもこの松屋製麺所、その名前...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...