お肉なしでも大満足な「チョリソー風」タコス

タコスの具材にルールはありません。どんなものでも皮にくるんで楽しめるわけですが、健康志向の強いアメリカでは、こんなグルテンフリーなスタイルもアリなんだそう。

Gena Hamshawが「Food52」に紹介したこのレシピ。新たなタコスの出会いとなるかも。

 

お肉のようでいてノーミート
グルテンフリータコス

5912189751787520
©Mark Weinberg

グルテンミート(肉の代用品)をチョリソーの味付けで、ちょっぴり濃いスパイシーな味付けでマリネします。ポイントは、8時間からひと晩かけて寝かせること。つまり、前もってマリネしておくのがベター。それをフライパンでいて目て、シンプルにコールスローといっしょに皮に包めばできあがり。

このマリネさえ忘れなければ、平日の夜でも調理はかんたん。我が家でも愛用のレシピです。最近では、市販ものでもチョリソー風味のグルテンミートがアメリカでは数社登場してますが、やっぱり自分好みに味付けできるほうがいいしね。

個人的にはソフトタコスが好みですが、クリスピーなシェルタイプでもおいしく仕上がりますよ。

材料:4人分

〈チョリソースタイルのグルテンミート〉

Aにんにく(みじん切りかすりおろし):2片
Aたまり醤油:小さじ1
A赤ワインビネガー(もしくはリンゴ酢):大さじ1と1/2
Aトマトペースト:大さじ2
Aドライオレガノ:小さじ1/2
Aスモークしたパプリカ:小さじ1/2
Aチリパウダー:小さじ1/2
Aクミンパウダー:小さじ1
Aシナモンパウダー:小さじ1/4
A唐辛子(パウダー状のもの):適量
水:大さじ2〜3
グルテンミート:225g(さくか、細かく切るか、挽くかはお好み)
オリーブオイル:小さじ2

〈タコスとコールスロー〉

キャベツ(紫色とのミックスがベター):適量
パクチー(みじん切り):適量
オリーブオイル:大さじ1
ライム果汁:大さじ1
メープルシロップ(アガベシロップでも):適量
塩こしょう:適量

玄米:お好みで
アボカド:適量(盛り付け用)
赤カブ:適量(盛り付け用)

15cm大の薄力粉のトルティーヤ、もしくはコーントルティーヤ(グルテンフリーにしたければ、100%コーンのものをチョイス):8枚

作り方

4889920862683136
©Mark Weinberg

【1】ボウルにAの調味料と水を混ぜ合わせ、マリネ液をつくる。濃すぎたら水を大さじ1ほど追加して整える。細かく挽いたグルテンミートを耐熱ガラス容器に入れ、マリネ液を注ぐ。よく混ぜ合わせてからフタをし、冷蔵庫で8時間からひと晩寝かせる。

【2】フライパン(できれば小さめ)を中火にかけて、オリーブオイルをたらし、グルテンミートとともに、容器に余ったマリネ液もすべて入れます。火が通り、マリネ液がほぼ染み込むまで、7〜7分ほどよくかき混ぜましょう。できあがったグルテンミートは横においておきます。

【3】ボウルにキャベツ、パクチー、オリーブオイル、ライム果汁、シロップを入れて軽く混ぜます。味付けは塩こしょう。さらに必要ならば、追加でライム果汁か、オイルを入れて調整を。

【4】タコスは、最初にガスバーナーでトースト。弱火に設定して、両面を1分くらい焼きます。こうすることで、よりカリカリの食感に。オーブンはあらかじめ175度に温めておき、その間にトルティーヤをアルミホイルで包みます。

温まったオーブンで、これを10分から15分。できあがったトルティーヤには、先ほどのグルテンミートと玄米、さらにコールスローを盛り付け。トッピングにアボカドと赤カブをのせたら完成です。

Written byGena Hamshaw
Top image: © Mark Weinberg
Licensed material used with permission by Food52
ポイントは、豚バラ肉をりんごジュースベースの液に浸して一晩寝かすこと!
爽快感あるトマトベースの定番サルサもいいけれど、オトナ向けの甘じょっぱいバルサミコ酢漬けのレーズンソースもクセになります!
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
最近話題のグルテンフリー。アレルギーがなくても、体質改善のために小麦粉を控えている方も多いよう。自宅にホームベーカリーやオーブンがなくても、フライパンです...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
ポイントさえ押さえておけば、キレイな円型トルティーヤに。味はもちろん、見た目にもこだわる人は要チェックです。
旬を迎えたカリフラワー。淡白な味わいは、付け合わせ野菜として重宝されますが、それだけじゃない!すごい食べ方があるんです。それが「カリフラワーでつくるピザ」...
タコス、トルティーヤ、ブリトーなど。人気メキシコ料理の影に隠れ、なかなか口にする機会がありませんが、これもメキシコ人のソウルフード。肉や魚、チーズ、野菜を...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
ナポリの真南、ティレニア海に浮かぶ小さな島・カプリ島。イタリアきっての観光地「青の洞窟」でも有名なこの島が発祥のチョコレートタルトがあります。その名は「ト...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
トマト、グリーンピース、チョリソー、半熟卵を使った「フラメンカ・エッグ」という名の料理があります。もちろん出自はスペイン、セビーリャの郷土料理。なんでも、...
夏になるとコンビニから姿を決してしまう「肉まん」ですが、ときどき無性に食べたくなりませんか?自分でつくるとなると一見むずかしそうですが、じつは簡単。材料も...
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
初夏に向けて旬を迎えるのがゴーヤ。チャンプルーも、サラダも、おひたしもいいけれど、意外とメニューがワンパターンになりがち。そこで、「ゴーヤの肉詰め」のご紹...
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
タコス、ナチョス、ブリトーは日本でもよく食べられているメキシコ風料理。ここで“風”と付けるのには訳があります。これらは「テックスメックス(Tex-Mex)...
中南米は、「肉を食べる国々」というイメージがある。串に肉を刺したブラジルのシュラスコ料理、豚の臓物や豆を煮込んだファジョアーダ。アルゼンチンの牛肉の炭火焼...
ダイエット中だから高脂肪の食事は避けたい。そんなとき、高野豆腐が強い味方になってくれることを知っていましたか? 噛み応えのある独特の食感を上手く利用して、...