お肉なしでも大満足な「チョリソー風」タコス

タコスの具材にルールはありません。どんなものでも皮にくるんで楽しめるわけですが、健康志向の強いアメリカでは、こんなグルテンフリーなスタイルもアリなんだそう。

Gena Hamshawが「Food52」に紹介したこのレシピ。新たなタコスの出会いとなるかも。

 

お肉のようでいてノーミート
グルテンフリータコス

©Mark Weinberg

グルテンミート(肉の代用品)をチョリソーの味付けで、ちょっぴり濃いスパイシーな味付けでマリネします。ポイントは、8時間からひと晩かけて寝かせること。つまり、前もってマリネしておくのがベター。それをフライパンでいて目て、シンプルにコールスローといっしょに皮に包めばできあがり。

このマリネさえ忘れなければ、平日の夜でも調理はかんたん。我が家でも愛用のレシピです。最近では、市販ものでもチョリソー風味のグルテンミートがアメリカでは数社登場してますが、やっぱり自分好みに味付けできるほうがいいしね。

個人的にはソフトタコスが好みですが、クリスピーなシェルタイプでもおいしく仕上がりますよ。

材料:4人分

〈チョリソースタイルのグルテンミート〉

Aにんにく(みじん切りかすりおろし):2片
Aたまり醤油:小さじ1
A赤ワインビネガー(もしくはリンゴ酢):大さじ1と1/2
Aトマトペースト:大さじ2
Aドライオレガノ:小さじ1/2
Aスモークしたパプリカ:小さじ1/2
Aチリパウダー:小さじ1/2
Aクミンパウダー:小さじ1
Aシナモンパウダー:小さじ1/4
A唐辛子(パウダー状のもの):適量
水:大さじ2〜3
グルテンミート:225g(さくか、細かく切るか、挽くかはお好み)
オリーブオイル:小さじ2

〈タコスとコールスロー〉

キャベツ(紫色とのミックスがベター):適量
パクチー(みじん切り):適量
オリーブオイル:大さじ1
ライム果汁:大さじ1
メープルシロップ(アガベシロップでも):適量
塩こしょう:適量

玄米:お好みで
アボカド:適量(盛り付け用)
赤カブ:適量(盛り付け用)

15cm大の薄力粉のトルティーヤ、もしくはコーントルティーヤ(グルテンフリーにしたければ、100%コーンのものをチョイス):8枚

作り方

©Mark Weinberg

【1】ボウルにAの調味料と水を混ぜ合わせ、マリネ液をつくる。濃すぎたら水を大さじ1ほど追加して整える。細かく挽いたグルテンミートを耐熱ガラス容器に入れ、マリネ液を注ぐ。よく混ぜ合わせてからフタをし、冷蔵庫で8時間からひと晩寝かせる。

【2】フライパン(できれば小さめ)を中火にかけて、オリーブオイルをたらし、グルテンミートとともに、容器に余ったマリネ液もすべて入れます。火が通り、マリネ液がほぼ染み込むまで、7〜7分ほどよくかき混ぜましょう。できあがったグルテンミートは横においておきます。

【3】ボウルにキャベツ、パクチー、オリーブオイル、ライム果汁、シロップを入れて軽く混ぜます。味付けは塩こしょう。さらに必要ならば、追加でライム果汁か、オイルを入れて調整を。

【4】タコスは、最初にガスバーナーでトースト。弱火に設定して、両面を1分くらい焼きます。こうすることで、よりカリカリの食感に。オーブンはあらかじめ175度に温めておき、その間にトルティーヤをアルミホイルで包みます。

温まったオーブンで、これを10分から15分。できあがったトルティーヤには、先ほどのグルテンミートと玄米、さらにコールスローを盛り付け。トッピングにアボカドと赤カブをのせたら完成です。

Written byGena Hamshaw
Top image: © Mark Weinberg
Licensed material used with permission by Food52

関連する記事

iHerb(アイハーブ)でオススメの「グルテンフリー食品」をご紹介します。海藻やココナッツ、枝豆を原材料としたグルテンフリー食材は、低カロリー、低糖質でダ...
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
ポイントは、豚バラ肉をりんごジュースベースの液に浸して一晩寝かすこと!
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
フランクフルトで開催される世界最大の「食肉産業機械国際見本市(IFFA)」が、次開催となる2022年より、代替肉に門戸を開くことを発表。
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
独創的なタコスが人気の「ロス タコス アスーレス」。
欧米を中心に肉の代用となる「植物性ミート」の需要が急速に高まっています。なかでもヘルシーで栄養満点の「大豆ミート」。その利点と使い方について紹介します。
爽快感あるトマトベースの定番サルサもいいけれど、オトナ向けの甘じょっぱいバルサミコ酢漬けのレーズンソースもクセになります!
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
肉まん、あんまんを展開する「井村屋」から、冷凍食品の新商品として大豆ミートを使った「大豆ミートまん」が登場。
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
食のセレクトショップ「久世福商店」から、大豆ミートを使ったお惣菜「日本全国ごはんのおとも旅」が登場。
ポイントさえ押さえておけば、キレイな円型トルティーヤに。味はもちろん、見た目にもこだわる人は要チェックです。
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
無農薬、無化学肥料のお米で作られた「宮内舎(miyauchiya)」のグルテンフリー玄米麺。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。