お肉なしでも大満足な「チョリソー風」タコス

タコスの具材にルールはありません。どんなものでも皮にくるんで楽しめるわけですが、健康志向の強いアメリカでは、こんなグルテンフリーなスタイルもアリなんだそう。

Gena Hamshawが「Food52」に紹介したこのレシピ。新たなタコスの出会いとなるかも。

 

お肉のようでいてノーミート
グルテンフリータコス

©Mark Weinberg

グルテンミート(肉の代用品)をチョリソーの味付けで、ちょっぴり濃いスパイシーな味付けでマリネします。ポイントは、8時間からひと晩かけて寝かせること。つまり、前もってマリネしておくのがベター。それをフライパンでいて目て、シンプルにコールスローといっしょに皮に包めばできあがり。

このマリネさえ忘れなければ、平日の夜でも調理はかんたん。我が家でも愛用のレシピです。最近では、市販ものでもチョリソー風味のグルテンミートがアメリカでは数社登場してますが、やっぱり自分好みに味付けできるほうがいいしね。

個人的にはソフトタコスが好みですが、クリスピーなシェルタイプでもおいしく仕上がりますよ。

材料:4人分

〈チョリソースタイルのグルテンミート〉

Aにんにく(みじん切りかすりおろし):2片
Aたまり醤油:小さじ1
A赤ワインビネガー(もしくはリンゴ酢):大さじ1と1/2
Aトマトペースト:大さじ2
Aドライオレガノ:小さじ1/2
Aスモークしたパプリカ:小さじ1/2
Aチリパウダー:小さじ1/2
Aクミンパウダー:小さじ1
Aシナモンパウダー:小さじ1/4
A唐辛子(パウダー状のもの):適量
水:大さじ2〜3
グルテンミート:225g(さくか、細かく切るか、挽くかはお好み)
オリーブオイル:小さじ2

〈タコスとコールスロー〉

キャベツ(紫色とのミックスがベター):適量
パクチー(みじん切り):適量
オリーブオイル:大さじ1
ライム果汁:大さじ1
メープルシロップ(アガベシロップでも):適量
塩こしょう:適量

玄米:お好みで
アボカド:適量(盛り付け用)
赤カブ:適量(盛り付け用)

15cm大の薄力粉のトルティーヤ、もしくはコーントルティーヤ(グルテンフリーにしたければ、100%コーンのものをチョイス):8枚

作り方

©Mark Weinberg

【1】ボウルにAの調味料と水を混ぜ合わせ、マリネ液をつくる。濃すぎたら水を大さじ1ほど追加して整える。細かく挽いたグルテンミートを耐熱ガラス容器に入れ、マリネ液を注ぐ。よく混ぜ合わせてからフタをし、冷蔵庫で8時間からひと晩寝かせる。

【2】フライパン(できれば小さめ)を中火にかけて、オリーブオイルをたらし、グルテンミートとともに、容器に余ったマリネ液もすべて入れます。火が通り、マリネ液がほぼ染み込むまで、7〜7分ほどよくかき混ぜましょう。できあがったグルテンミートは横においておきます。

【3】ボウルにキャベツ、パクチー、オリーブオイル、ライム果汁、シロップを入れて軽く混ぜます。味付けは塩こしょう。さらに必要ならば、追加でライム果汁か、オイルを入れて調整を。

【4】タコスは、最初にガスバーナーでトースト。弱火に設定して、両面を1分くらい焼きます。こうすることで、よりカリカリの食感に。オーブンはあらかじめ175度に温めておき、その間にトルティーヤをアルミホイルで包みます。

温まったオーブンで、これを10分から15分。できあがったトルティーヤには、先ほどのグルテンミートと玄米、さらにコールスローを盛り付け。トッピングにアボカドと赤カブをのせたら完成です。

Written byGena Hamshaw
Top image: © Mark Weinberg
Licensed material used with permission by Food52
iHerb(アイハーブ)でオススメの「グルテンフリー食品」をご紹介します。海藻やココナッツ、枝豆を原材料としたグルテンフリー食材は、低カロリー、低糖質でダ...
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
ポイントは、豚バラ肉をりんごジュースベースの液に浸して一晩寝かすこと!
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
独創的なタコスが人気の「ロス タコス アスーレス」。
欧米を中心に肉の代用となる「植物性ミート」の需要が急速に高まっています。なかでもヘルシーで栄養満点の「大豆ミート」。その利点と使い方について紹介します。
爽快感あるトマトベースの定番サルサもいいけれど、オトナ向けの甘じょっぱいバルサミコ酢漬けのレーズンソースもクセになります!
肉まん、あんまんを展開する「井村屋」から、冷凍食品の新商品として大豆ミートを使った「大豆ミートまん」が登場。
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
たった500gでダウンの暖かさを実現した、今年の冬にぴったりのジャケット「エアーライトジャケット」が、今月から応援購入サービス「Makuake」にてリリース。
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
ポイントさえ押さえておけば、キレイな円型トルティーヤに。味はもちろん、見た目にもこだわる人は要チェックです。
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
世界的な人気を誇るキース・ヘリングと「セブン-イレブン」がコラボしたキュートなビニール傘が登場。
「良品計画」が、新店舗「無印良品 直江津」のオープンに伴って、未稼働の観光バスを使って商品の移動販売を今秋より開始する。
無農薬、無化学肥料のお米で作られた「宮内舎(miyauchiya)」のグルテンフリー玄米麺。
毎月29日の「肉の日」に、肉を知り尽くした“肉のプロたち”が厳選したお肉が定期で届くサービス「お肉のサブスク(定期便)」が今月1日からスタート。
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。