パンのフードロスを減らす「rebake」発「グルテンフリーのパン」の定期便

パンの廃棄を減らすパン専門の通販サイト「rebake」が、先日、グルテンフリーのパンや焼き菓子の定期便をスタートさせた。全国のグルテンフリーのパン屋さん、焼き菓子屋さんのなかから、サイトが厳選した店舗の商品が月に1回冷凍で届けられるという。

このサービスの背景にあるのは、日本のお米消費の減少だ。

グルテンフリーのパンは、国内自給率が100%であるお米を原料とした「米粉」が中心に使われており、小麦が食べられないという人でも口にできる食品。しかし、日本でもっともポピュラーな食材を主に使って作られているにもかかわらず、どこでも手に入るものではなく、多くの人が楽しめるとはいえない状況にある。

実際、rebakeの会員からも、グルテンフリーのパンを求める声が多かったという。

そこで、その日本のお米を使って、誰もが安心して食べられるものを作りたいというお店の商品を、rebakeがプラットフォームとなって届けることで、地産地消に貢献するという仕組みだ。

米粉のパンや焼き菓子は、今やアレルギーの有無に関係なく、グルテンフリーダイエットをする人なども含めた多くの人たちが注目する新たなお米の使い道。

食欲の増すこれからの季節、こんな有意義な定期便を始めてみるのもアリかもしれない。

©2020 合同会社クアッガ

rebake グルテンフリーの定期便』

【公式サイト】https://rebake.me/subscriptions/gluten_free

Top image: © 2020 合同会社クアッガ
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...
全国の名店のパンが食べられる「パンのお取り寄せサイト」をまとめてみました。パンを食べた時のあの幸せを感じながら、新たな生活スタイルをポジティブに楽しんでい...
iHerb(アイハーブ)でオススメの「グルテンフリー食品」をご紹介します。海藻やココナッツ、枝豆を原材料としたグルテンフリー食材は、低カロリー、低糖質でダ...
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
資生堂のボディケアブランド「シーブリーズ」と赤城乳業株式会社の「ガリガリ君」のコラボ商品が4月下旬より数量限定で発売。
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...