食料品店を増やすことが「フードロス」に繋がる?米コーネル大学の研究結果

世界中で起こっている気候変動。そこには「フードロス」の問題が大きく関わっている。誰も食べることがない食品を生産したり運搬することで、多くの無駄なCO2が排出されているのだ。

そんなフードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学がある研究結果を発表した。その内容は「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」というもの。

一見矛盾しているようにも思えるこの理論。近くに食料品店があれば、消費者は買い溜めをする必要がなくなり、結果として食品の無駄が減るということのようだ。

研究の例として、アメリカのシカゴの場合、10平行km以内に3軒のお店を追加するだけで、フードロスを6%〜9%程度抑えられると推測。これは約2万台の普通自動車を電気自動車に変えるのと同じくらいの効果なのだとか。

アメリカの研究内容が日本にそのまま適応するか定かではないが、日本でも“買い物難民”が社会問題となっている。新たな食料品店の出店が、地球の環境にも地域住民の生活にもプラスになるのであれば、自治体が主導して推進するという方法もあるのでは?

Top image: © GoodStudio/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...