フードロスは、フードシェアへ。余った食材をシェアできるアプリ「OLIO」

食材を買いすぎた!料理を作りすぎた!

自炊をする人なら一度はするであろうこの経験。使い切れなそうだけど、捨てるのは.....という人のためのサステイナブルなアプリを紹介したい。

Licensed material used with permission by OLIO Share More. Waste Less/YouTube

英国発の「OLIO」は、無料で利用できるフードシェアアプリ

使い方は非常にシンプルで、買いすぎや作りすぎで余った食料の写真をアップロードし、それを見つけた人が受け取りに来るというもの。

フードロスを近所の人の幸せへと変えられる素晴らしいアプリで、最大の強みは“完全に無料”であるということ。受け取り料金もなければ手数料もかからないため、誰でも気軽に利用できる。

世界ではすでに300万人以上が利用しており、フードシェア数は約1800万件にのぼる。さらには20億リットルもの排水量削減を実現。

フードロス問題は日本ではかなり深刻で、その廃棄量は世界ワースト6位アジアでは1位となってしまっている。

一人ひとりの“もったいない”という気持ちだけで、簡単にフードロスをフードシェアに変えられる「OLIO」。

無料だし、便利だし、とりあえず入れておいて損はないかも?

日本でも普及し、フードロスを少しでも減らしてくれることを願いたい。

ダウンロードはこちらから。

© 2020 OLIO. All rights reserved
Top image: © 2020 OLIO. All rights reserved
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
「CRAZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼり...
フードロス問題に関して、アメリカ・コーネル大学が「食料品店を増やすことが、有効なフードロス対策になる」という研究結果を発表。近くに食料品店があれば、消費者...
全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」する...
小さな傷や少々整っていない形状から商品化されないフルーツをパウチしたナチュラルフローズンスムージー「PONO」が話題。手軽においしく社会貢献。
食品ロスをゼロにつながる、オランダ発の次世代型真空パック機「Vacuvita 」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にてプロジェクト実施中。
日本最大級のフードトラック・プラットフォーム「TLUNCH」に、「2020年のフードトラックトレンド」を教えてもらいました。
1月20日、、カタール航空ケータリング会社「Qatar Aircraft Catering Company(QACC)」は、フードバンク「Hifz Al ...
知名度が低い、規格外のサイズである、体に傷がついているなどの理由で利用されることなく廃棄されてしまっている「未利用魚」。「NEKOKAN」は、これらを“価...
「株式会社Mellow」が提供を開始した「フードトラックONE」は、フードトラック開業希望者に向けたサブスプリクションパッケージだ。
東京駅にて、まだ食べられる食品を駅の従業員向けに販売する「レスキューデリ」の実証実験が開始された。この取り組みで、新たなエコシステムの構築を目指すという。
春本番のその前に、干し野菜をたっぷり仕込んで普段の料理に活かしてみませんか?
「美味しくフードロス削減」をコンセプトに、形や大きさ、キズなどの理由で廃棄されてしまう国産フルーツを特殊冷凍技術で作り変えたフローズンフルーツ「HenoH...
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
「ABCクッキングスタジオ」より、新たにスタートした食品ロス削減のためのレッスンプログラム。料理教室のSDGsアクションに注目。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
パンのフードロスを減らすパン専門の通販サイト「rebake」が、今夏よりグルテンフリーのパンや焼き菓子の定期便をスタート。消費が落ち込む日本のお米を原材料...
「フードロス(食料廃棄)」と聞くと、ピンとこなかったり、深刻な問題に聞こえる人もいるでしょう。でも、この問題を楽しく取り上げようとしている映画があります。...
自動配達ロボットの開発を手がける中国のスタートアップ「新石器(Neolix)」と「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」がコラボレーションを実施。そして、...
2011年にオランダで設立された「The Vegetarian Butcher」が、8月26日に日本初上陸を果たした。
スウェーデン発祥の家具量販店「IKEA」は、オンラインフードデリバリーサービスの試験運用をフランス・パリで開始することを発表。結果次第で、ヨーロッパ各国に...