フードロス撲滅!ご近所同士の「余った食材」をシェアするアプリ

食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」することのできるアプリ。

必要な人に食料を届けながら、食料廃棄物も削減できる一石二鳥のこのアプリが、いま世界で注目されています。

写真と日時を投稿すれば
欲しい人が集まる!

5d50ec5b8de39c0ae32cdad87216cf733f630a8c

ユーザーは「OLIO」に譲りたい食料の画像をアップロードして、譲り渡し場所や日時など入力して投稿。

投稿データは誰でも閲覧でき、欲しい食料が見つかったら、所有者に連絡を取って引き渡してもらう流れ。

Dcd4369d1e4d40f70d65d70f42748e99ddb0b475

さらに「OLIO」を利用できるのは、一般家庭だけではありません。

地元のコミュニティ、企業、食品店などにとっても、一日の終わりに売れ残った食べ物を廃棄しなくて済む便利なツールなのです。

C12e1f90f6fea81c58f722eb12fa455fd5e8c9fc

そして、このサービスによって食料を必要とする人が救われることも多々あります。廃棄する食料を減らすだけではなく、食料を得るのが難しい人々がきちんと食事をとる手助けにもなるのです。

食べ物を作る大変さを
知っているから

このアプリは、イギリス出身のTessa Cookさんとアイオワ州出身のSaasha Celestial-Oneさんによって作られました。

C2fae847fceb656d4aecb4a1e3820a6ec8960afa

「私は農家の娘だから、食べ物を粗末にすることが許せなかったの。それを生産するためにどれだけの労力が費やされているのかもよく知っていたから。

だから一生懸命おすそ分けをしようと頑張っていたんだけど、なかなか周りにもらってくれる人がいなくて、うまくいかなかったわ。食料を受け渡したいと考えている人が、必要としている人を見つけられるようにしたい。そう考えた結果、モバイルアプリを制作するアイデアが生まれたの」

もともと小売からメディアまで、幅広い企業でデジタル関係のマネージングディレクターとして働いてきたTessaさんは、掃除機で有名なダイソンでもEC担当として4年間働いていました。そん経験を活かして立ち上げたのが「OLIO」というわけです。

3c168010621c65dd269e51cbc3779d3c964c127f

現在「OLIO」は18万以上ダウンロードされ、ロンドンだけではなく、スウェーデンとアメリカでも人気のあるアプリになって来ています。

また、食品廃棄削減の考えに賛同する英国のスーパーマーケットSainsbury's(JSAIY)と、Morrison(MRWSY)も協力。

今後もさらなる広がりが期待できる、このアプリ、日本での展開も気になるところです。

Licensed material used with permission by OLIO
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量の...
人類初の民間月旅行の発表後、イーロン・マスク邸ではスペシャルディナーが開催されていました。そこで出された食べ物は、まさかの◯◯だった!
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
ミラノのレストラン「Refettorio Ambrosiano」には、他とは明らかに違う魅力がある。それは、単に一流のシェフによる絶品イタリアンでも、毎日...
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
「失恋した友達に贈りたい」絵本を紹介します。
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
去る7月27日、バチカン市国がローマ法王の演説を聞くための同時通訳アプリ「Vatican Audio」をリリースしました。
音楽が大好き、仲間と一緒と盛り上がるのはもっと好き! そんなアナタへ。インストールしたくなるアプリを紹介しましょう。まずはこの動画を見れば、このアプリが最...
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
日本の2016年の国内総生産(GDP)は、世界第3位。しかし、現実には日本国内で約2,000万人が貧困線下で苦しんでいて、なかでも子どもの貧困率は13.9...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...