フードロス撲滅!ご近所同士の「余った食材」をシェアするアプリ

食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」することのできるアプリ。

必要な人に食料を届けながら、食料廃棄物も削減できる一石二鳥のこのアプリが、いま世界で注目されています。

写真と日時を投稿すれば
欲しい人が集まる!

ユーザーは「OLIO」に譲りたい食料の画像をアップロードして、譲り渡し場所や日時など入力して投稿。

投稿データは誰でも閲覧でき、欲しい食料が見つかったら、所有者に連絡を取って引き渡してもらう流れ。

さらに「OLIO」を利用できるのは、一般家庭だけではありません。

地元のコミュニティ、企業、食品店などにとっても、一日の終わりに売れ残った食べ物を廃棄しなくて済む便利なツールなのです。

そして、このサービスによって食料を必要とする人が救われることも多々あります。廃棄する食料を減らすだけではなく、食料を得るのが難しい人々がきちんと食事をとる手助けにもなるのです。

食べ物を作る大変さを
知っているから

このアプリは、イギリス出身のTessa Cookさんとアイオワ州出身のSaasha Celestial-Oneさんによって作られました。

「私は農家の娘だから、食べ物を粗末にすることが許せなかったの。それを生産するためにどれだけの労力が費やされているのかもよく知っていたから。

だから一生懸命おすそ分けをしようと頑張っていたんだけど、なかなか周りにもらってくれる人がいなくて、うまくいかなかったわ。食料を受け渡したいと考えている人が、必要としている人を見つけられるようにしたい。そう考えた結果、モバイルアプリを制作するアイデアが生まれたの」

もともと小売からメディアまで、幅広い企業でデジタル関係のマネージングディレクターとして働いてきたTessaさんは、掃除機で有名なダイソンでもEC担当として4年間働いていました。そん経験を活かして立ち上げたのが「OLIO」というわけです。

現在「OLIO」は18万以上ダウンロードされ、ロンドンだけではなく、スウェーデンとアメリカでも人気のあるアプリになって来ています。

また、食品廃棄削減の考えに賛同する英国のスーパーマーケットSainsbury's(JSAIY)と、Morrison(MRWSY)も協力。

今後もさらなる広がりが期待できる、このアプリ、日本での展開も気になるところです。

Licensed material used with permission by OLIO
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
SDGsで目標に掲げられた食品廃棄削減に向けての対策は、世界でどんどん進んでいます。国民一人当たり年間51kgも食品を廃棄している日本でも取り組みが活発し...
アジア最下位という日本のフードロス問題を解決するために、大学のカフェテリアでの取り組みや、全国のパンをお取り寄せできるサービス、フードロス削減に立ち向かう...
「寝ても覚めても料理がしたい」料理が好きすぎて、まだ食べられる食材が捨てられていくこと見ていられないという動機で「フードロス」に立ち向かう”もったいない料...
「日本ケロッグ」が従業員による新しい“運動×食糧支援”のボランティアプログラムを実施中。自宅でのエクササイズ1分=シリアル1食分として期間合計1万食の寄付...
「フードロス(食料廃棄)」と聞くと、ピンとこなかったり、深刻な問題に聞こえる人もいるでしょう。でも、この問題を楽しく取り上げようとしている映画があります。...
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
42の国と地域で4万5000人を対象としておこなった調査「世界でもっとも尊敬されているランキング」で、オバマ夫妻がそれぞれ男性1位、女性1位に選ばれた。
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
1月20日、、カタール航空ケータリング会社「Qatar Aircraft Catering Company(QACC)」は、フードバンク「Hifz Al ...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
「CRAZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼり...
男性とばかり付き合ってカラダを重ねていてた。でも、「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
本記事では眠りの専門家が選ぶオススメの睡眠アプリを紹介しています。現在、さまざまな睡眠に関するアプリがリリースされており、いざダウンロードしようにも種類が...
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。