フードロス撲滅!ご近所同士の「余った食材」をシェアするアプリ

食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」することのできるアプリ。

必要な人に食料を届けながら、食料廃棄物も削減できる一石二鳥のこのアプリが、いま世界で注目されています。

写真と日時を投稿すれば
欲しい人が集まる!

ユーザーは「OLIO」に譲りたい食料の画像をアップロードして、譲り渡し場所や日時など入力して投稿。

投稿データは誰でも閲覧でき、欲しい食料が見つかったら、所有者に連絡を取って引き渡してもらう流れ。

さらに「OLIO」を利用できるのは、一般家庭だけではありません。

地元のコミュニティ、企業、食品店などにとっても、一日の終わりに売れ残った食べ物を廃棄しなくて済む便利なツールなのです。

そして、このサービスによって食料を必要とする人が救われることも多々あります。廃棄する食料を減らすだけではなく、食料を得るのが難しい人々がきちんと食事をとる手助けにもなるのです。

食べ物を作る大変さを
知っているから

このアプリは、イギリス出身のTessa Cookさんとアイオワ州出身のSaasha Celestial-Oneさんによって作られました。

「私は農家の娘だから、食べ物を粗末にすることが許せなかったの。それを生産するためにどれだけの労力が費やされているのかもよく知っていたから。

だから一生懸命おすそ分けをしようと頑張っていたんだけど、なかなか周りにもらってくれる人がいなくて、うまくいかなかったわ。食料を受け渡したいと考えている人が、必要としている人を見つけられるようにしたい。そう考えた結果、モバイルアプリを制作するアイデアが生まれたの」

もともと小売からメディアまで、幅広い企業でデジタル関係のマネージングディレクターとして働いてきたTessaさんは、掃除機で有名なダイソンでもEC担当として4年間働いていました。そん経験を活かして立ち上げたのが「OLIO」というわけです。

現在「OLIO」は18万以上ダウンロードされ、ロンドンだけではなく、スウェーデンとアメリカでも人気のあるアプリになって来ています。

また、食品廃棄削減の考えに賛同する英国のスーパーマーケットSainsbury's(JSAIY)と、Morrison(MRWSY)も協力。

今後もさらなる広がりが期待できる、このアプリ、日本での展開も気になるところです。

Licensed material used with permission by OLIO
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
目の前で焼きあがるフレーバーは10種類乃木坂にオープンした食パン専門ベーカリーViking Bakery F〒107-0062 東京都港区南青山1丁目23...
オハイオ州立大学に登場したベーコンの自動販売機。一時的な設置でしたが話題となりました。薄切りやみじん切りにされたベーコンが、たったの1ドルで売られていたと...
「3D Scanner Pro」は、360°撮影でキャプチャーした立体データを、画面上で自由に動かしたり、ディスプレイを通して現実世界に設置したりして観察...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量の...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
去る7月27日、バチカン市国がローマ法王の演説を聞くための同時通訳アプリ「Vatican Audio」をリリースしました。
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
いつでもどこでもスマホがあれば、AR技術でアーティストのライブが見れるアプリの紹介。広告なしでダウンロードしたあとすぐに聞ける。新しいアーティストとファン...
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。