使うなら、「コンセプト」まで愛せるものがいい。

ストーリーまで愛せるものって、気持ちがいい。

例えば、毎朝食べているHAPPY NUTS DAYのピーナッツバター。千葉県の落花生を使って、九十九里を盛り上げたい。こんなに美味しい落花生を、もっとたくさんの人に届けたい。そういう思いで、ひとつひとつ瓶詰めされたバターをパンに塗るときは、時間に余裕をもって、最後まで味わい尽くしたいと自然に思う。

使うものだって、長く、大切に使いたいと思えるものに変えるだけで、心のあり方は変化してゆく。

“廃棄食材”から、色を生みだす

FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。

エプロンやカバンの色をつくっているのは、通常は捨てられてしまう部分の野菜や、食材。食品メーカーからそれらを提供してもらって、国内外の特許を取得した、特別な技術で染料化しているのだそう。80%以上がこの染料で染められています。

天然素材でありながら、特許技術によって、色落ちがしにくいのも嬉しい。

世界の3分の1が廃棄されているという問題に対し、異なる分野の企業が協力して、ひとつの商品をつくることでムーブメントを起こしています。

現在『農業女子プロジェクト』とコラボして、<着る野菜Tシャツ>のクラウドファンディングを実施中。コーヒーショップ「CAFÉ KITSUNÉ」と一緒に、エスプレッソの出し殻でトートバッグもつくっているとのこと。

愛用することで、喜んでくれる人がたくさんいる。そういうことが、とてもわかりやすい物づくりです。

年が明けて、新しいものを選ぶとき、『FOOD TEXTILE』の“心に良いもの”を選んでみるのはどうでしょう?

Licensed material used with permission by FOOD TEXTILE
重厚感や軽快感がうまくミックスされたこの建物。実はこれ、ベトナムのハナム省にあるコミュニティセンターです。この地域の工事現場から出された、行き場のない廃棄...
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビールです。
世界中でスポットライトが当てられている食料廃棄問題。デンマーク発のレストランチェーン「Sticks’n’Sushi」は、そんなムダを少しでも減らすべく、余...
欧州航空機メーカー大手の「Airbus(エアバス)」が水素燃料を主要な動力源として飛行する旅客機を2035年までに実用化する計画を発表した。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
食品残渣(ざんさ)とは、食品の製造過程に出る副産物や廃棄物のこと。日本は食料自給率が低いと言われる一方で、食品残渣が多いこともたびたび話題にあがる。そこで...
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」する...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
アメリカ第二の都市・ロサンゼルス。LAの公共交通機関は、都市に暮らす人々の毎日を支えている。そんな「LAメトロ」のCEOが、電車とバスの運賃無償化を検討し...
2015年にアメリカで誕生した「Imperfect Produce」。規格外の野菜を売るサービスなんですが、そのインスタグラムのアカウントがかわいいんです...
「フードロス(食料廃棄)」と聞くと、ピンとこなかったり、深刻な問題に聞こえる人もいるでしょう。でも、この問題を楽しく取り上げようとしている映画があります。...
食料の消費の仕方をどうやったら変えられるのか?料理方法を変えるべきなのか?いかに生きていくのか?を考える場所。
ドイツに誕生した「廃棄商品専門スーパー」が今、注目を集めている。このスーパーで売られている食品はすべて“廃棄が迫っている食品”や“賞味期限の切れた食品”。...
『The Inconvenience Store』には、通常の食料品店のように野菜や果物などが陳列されています。ただ他と違う点は、どの品物にも決められた値...
ロンドンに拠点を置くラグジュアリーカスタムショップ「Truly Exquisite」が、24Kゴールドで仕上げられた「PS5」の予約販売を受付中だ。
世界最小のルービックキューブ「極小ルービックキューブ-0.99cm超精密金属製-」がお目見え!
何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
「和ビーガン」をコンセプトに活躍しているシェフ・本道佳子さんの愛用調味料「本道佳子のさしすせそ」。添加物不使用、調味料自体に旨味やコクがありながらも後味が...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...