使うなら、「コンセプト」まで愛せるものがいい。

ストーリーまで愛せるものって、気持ちがいい。

例えば、毎朝食べているHAPPY NUTS DAYのピーナッツバター。千葉県の落花生を使って、九十九里を盛り上げたい。こんなに美味しい落花生を、もっとたくさんの人に届けたい。そういう思いで、ひとつひとつ瓶詰めされたバターをパンに塗るときは、時間に余裕をもって、最後まで味わい尽くしたいと自然に思う。

使うものだって、長く、大切に使いたいと思えるものに変えるだけで、心のあり方は変化してゆく。

“廃棄食材”から、色を生みだす

C7528011aaf0d0841cce282a50e1336ce5e2aaa7Bf3a84fcb7d0918a5cf9f49b2a8d9b30e05b039a5f4be2f8b6b27e9e43427f99d785d1638dfbea4532cc42cbeffbc77e6b10481f5e565a53f08e9d36

FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。

エプロンやカバンの色をつくっているのは、通常は捨てられてしまう部分の野菜や、食材。食品メーカーからそれらを提供してもらって、国内外の特許を取得した、特別な技術で染料化しているのだそう。80%以上がこの染料で染められています。

天然素材でありながら、特許技術によって、色落ちがしにくいのも嬉しい。

01a5d3eaafed03c1cde22b3cbc7c534c5b852070

世界の3分の1が廃棄されているという問題に対し、異なる分野の企業が協力して、ひとつの商品をつくることでムーブメントを起こしています。

現在『農業女子プロジェクト』とコラボして、<着る野菜Tシャツ>のクラウドファンディングを実施中。コーヒーショップ「CAFÉ KITSUNÉ」と一緒に、エスプレッソの出し殻でトートバッグもつくっているとのこと。

愛用することで、喜んでくれる人がたくさんいる。そういうことが、とてもわかりやすい物づくりです。

年が明けて、新しいものを選ぶとき、『FOOD TEXTILE』の“心に良いもの”を選んでみるのはどうでしょう?

2b9bc95f5b6abe370f673852ada15a76b355acf9D0924e8b046400aff28554221b5cc59cf48d657c2d788c0a06de964f482ef5e5920e6b9b5aff0c40
Licensed material used with permission by FOOD TEXTILE
食品残渣(ざんさ)とは、食品の製造過程に出る副産物や廃棄物のこと。日本は食料自給率が低いと言われる一方で、食品残渣が多いこともたびたび話題にあがる。そこで...
食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」する...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。彼女が作り出...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
ウミガメやイルカと遭遇できる海も、鶏飯も、島人の優しさも、奄美大島の魅力をあげたらキリがない。けれど、世界で唯一、奄美でしか体験できない伝統工芸「泥染め」...
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。なんだ...
テキスタイル・デザイナーとして活躍する氷室友里さんは、友人の結婚式前夜祭で、染め物のワークショップを開き、参加者みんなで作ったドレスを新婦にプレゼントした...