カナダのヒップなビールは、見た目のように食料廃棄問題もカバー

「Been a Slice」は、カナダのいくつかの企業が協力して製造したビールです。

カナダに暮らす友だちがInstagramでいいね!をしていたのをきっかけに、その存在を知りました。ヒップスターたちが好んで飲みそうなデザインですよね。

気になったのでちょっと調べてみると、「Been a Slice」は古くなったパンを材料にしたビール。ちなみに、WEBサイトはとっても可愛いです。

話が逸れましたが、簡単に説明すると、食料廃棄問題を解決するためのひとつの施策として製造された背景があるんです。素敵だな〜。

残念ながら(?)日本への発送には対応していませんが、味は気になります。

Top image: © Bob’s Your Uncle
世界中でスポットライトが当てられている食料廃棄問題。デンマーク発のレストランチェーン「Sticks’n’Sushi」は、そんなムダを少しでも減らすべく、余...
海外の缶ビールってなんかデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上に部屋に置くのも楽しくなる!そんな、世界のLovelyなクラフト缶ビールから、オリエ...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
誰が大麦を栽培したのか?ちゃんと食品検査は行われているのか?どこで醸造されたのか?お店に売られるまでの情報をぜ〜んぶ追跡できるのが、カナダ生まれの「Boc...
食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」する...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
食料の消費の仕方をどうやったら変えられるのか?料理方法を変えるべきなのか?いかに生きていくのか?を考える場所。
『FOOD TEXTILE』は、繊維の専門商社として、原料から製品まで取り扱う「豊島株式会社」が手がけるプロジェクト。エプロンやカバンの色をつくっているの...
『The Inconvenience Store』には、通常の食料品店のように野菜や果物などが陳列されています。ただ他と違う点は、どの品物にも決められた値...
捨てられる牛乳を使ったアップサイクル繊維を採用したシューズ、「MILK LINE」。
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できているだろうか?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらい...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
イギリスで、ケロッグがブリュワリーとコラボしました。生まれたのは、「Throw Away IPA」と名付けられたビールです。廃棄されるはずだったコーンフレ...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。